【SS】恋「効きハグ、ですか?」【ラブライブ!スーパースター!!】

Liella!ーSS
1:(えびふりゃー) 2022/05/14(土) 08:13:15.36ID:qRXZIihg
恋「あのぉ…それは一体なんでしょうか?」

可可「レンレンは部室で目を瞑って座っててクダサイ!可可達が1人ずつ入ってレンレンにハグしていくので、最後に可可達の順番を当ててクダサイ!正しく当てられたらレンレンの勝ちデス!」

恋「は、はぁ…何故このような催しを?」

可可「思いつきデス!可可がやってみたかったので!!」

すみれ「はぁ?そんなおバカな理由であんたに付き合わなきゃいけないわけ?」

かのん「あはは…どうしてもやる流れなんだね…」

千砂都「いいじゃん!なんだか楽しそうだし♪」

可可「それじゃ、可可達は外に出るので!レンレンは座って待っててクダサイね♪」
 
2:(えびふりゃー) 2022/05/14(土) 08:14:14.70ID:qRXZIihg
ガラガラ…

すみれ「…で?本当にあんたの馬鹿らしい思いつきに付き合わなきゃいけないわけ?」

可可「バカとはなんですかグソクムシ!!可可はどうしてもレンレンにハグしなきゃいけないんデス!」

千砂都「可可ちゃん、どうしてそんなに躍起になるのか教えてくれる?本当に思いつきだったら、そんな風にならないよね?」

可可「…実は、昨日…可可が忘れ物に気づいて部室まで取りに戻った時にレンレンが」

かのん「恋ちゃんが?」

可可「…Wish Songの衣装を抱きしめて、『お母様…』って。レンレン、やっぱり寂しい思いしてマス。だから…」

かのん「ふふっ。可可ちゃんは優しいんだね」

すみれ「ふん。だったら最初からそう言いなさいよね」

可可「レンレンの前で言えるわけないではないデスか!」
 
4:(えびふりゃー) 2022/05/14(土) 08:14:47.76ID:qRXZIihg
千砂都「まぁまぁ。そういう事情があるんだったら、協力しないわけにはいかないよね!」

かのん「うん!みんなで、恋ちゃんの寂しさを和らげてあげよう!」

4人「おー!」

恋<あのぉ〜、まだでしょうか?

すみれ「ふふっ。早くしなきゃあの子が待ちくたびれちゃうわ。それで、トップバッターは誰にしましょうか?」

可可「ここは言い出しっぺの可可が!」

かのん「待って。それは恋ちゃんも予想してるんじゃない?ここは敢えて別の人で行こうよ」

千砂都「あれ、かのんちゃん?もしかして結構マジ?」

かのん「だって、恋ちゃんが当てられなかったら私達の勝ちでしょ?」

すみれ「勝って何になるのよ…」

可可「ふぅ〜む、確かにかのんの言う通りデス。でしたら…」
 
8:(えびふりゃー) 2022/05/14(土) 08:22:42.71ID:qRXZIihg
恋(まだでしょうか…)ソワソワ

可可<レンレーン!始めるので目を瞑ってクダサーイ!

恋「はぁ〜い!」メツムリ

可可<それじゃあ、ドアを開けるデスよ〜!

ガラガラ

恋(ふふ、可可さんってば…声を上げては丸わかりですよ)クスクス
 
10:(えびふりゃー) 2022/05/14(土) 08:28:00.83ID:qRXZIihg
キュッ…

恋(さて1問目はやはり、提案者の可可さ…?あれ?)

キュ~ッ

恋(この感覚は…本当に可可さんでしょうか?あれ!?なんだか自信がなくなってきました!)アタフタ

???(ふふ、慌ててる慌ててる…仕方がないから、もう少しギュッてしててあげる)
 
13:(えびふりゃー) 2022/05/14(土) 08:34:09.54ID:qRXZIihg
恋(お、落ち着いて。落ち着けばきっとわかる筈です、葉月恋)

恋(…抱き返しても、良いのですよね?ハグ、なんですし)

ギュッ

恋(体温は高め…全身がエネルギーに満ち溢れているのを感じますね…体格は、少々細身でしょうか?ですが、それでいてしっかりと芯が通っているような感触がします)

恋(うぅ///恥ずかしいですけど匂いも…これは、制汗剤でしょうか?ですが、その中に柔らかいフルーティな香りが…)スンスン
 
14:(えびふりゃー) 2022/05/14(土) 08:37:07.27ID:qRXZIihg
パッ

恋(あ、離れてしまいました…ですが、わかりましたよ♪多分あの方ではないでしょうか)

ガラガラ

可可<レンレーン!このまま2問目行くデスよー!

恋「ふふっ、いつでもいいですよ!」

恋(なんだか楽しくなってきちゃいました♪目指すは完答ですよ!)

ガラガラ

恋(さて、次は一体どなたでしょうか…?)
 
17:(えびふりゃー) 2022/05/14(土) 08:52:23.75ID:qRXZIihg
ギュッ…

恋(前の方に比べて少々弱めの力ですね…では、私も)ギュッ

ビクン

恋(あ、明らかにびっくりした感触がしました!これはもう…明らかですね)クスクス

???(な、なんで笑ってるの〜!?)

恋(ふふっ、動揺が肌を伝ってくるのが、なんだか面白いです)
 
20:(えびふりゃー) 2022/05/14(土) 08:56:25.98ID:qRXZIihg
???(これはもうバレちゃったかな…まぁいいや。私以外がわからなければ私達の勝ちだし…もう少し、ギュッてしててあげようかな)

恋(とても暖かいです…陽だまりのような、安心できる温もり…仄かに香る珈琲の香りも相まって、なんだか午後の喫茶店でお茶でもしているような安らぎが…)ギュッ

…ギュッ

恋(抱き返してくれました…嬉しい…心が安らぎますね…)

パッ

恋(私を想う気持ちが、ぐっと伝わってくるようなハグでした…ありがとうございます♪)
 
22:(えびふりゃー) 2022/05/14(土) 09:00:05.50ID:qRXZIihg
可可<それじゃあ3問目、行きマース!

ガラガラ

恋(…さてさて、次はどちらの方でしょうか?)

ギュ~ッ

恋(…ふふ、全身にピッタリと密着されてしまいました♪ふんわりお砂糖の香りも、もうあの人しかありえませんね)

スリスリ

恋「んっ…」

恋(ちょっと、くすぐったいですよ…お返しですっ)スリスリ
 
23:(えびふりゃー) 2022/05/14(土) 09:04:47.05ID:qRXZIihg
???「んー♡」スリスリ

恋(えっ)

恋「あの…失礼ですが、声を上げては意味無いのでは?」

???「…!!!」ピュー

恋「あ…」

恋(行ってしまいました…もう少し抱き合っていたかったですね)シュン
 
24:(えびふりゃー) 2022/05/14(土) 09:12:03.79ID:qRXZIihg
可可<ぜぇ…はぁ…レ、レンレン!それじゃあラスト、行くデスよ〜!

恋(声が疲れてます、バレバレですよ可可さん…)

ガラガラ

恋(さて、後は消去法で…とは言っても、油断大敵ですね)

ムギュ

恋(…フローラルな洗剤の香り…それと、とっても柔らかいです。ふわふわしてます)ギュッ

…ナデナデ

恋(ん…母に撫でて貰ったのを思い出します…優しい手つきですね…)
 
25:(えびふりゃー) 2022/05/14(土) 09:17:48.75ID:qRXZIihg
恋(…こんな、慈愛とも取れる優しさを振り撒けるのは、あの方ですね♪)ギュッ

???(あ、顔が微妙にニヤけてる…これはもう、わかっちゃった感じ?)

恋(ふふ、全員わかりましたよ!私の勝利は確実です!)

恋(可可さんがこの様な催しをやろうと言い出した時はどうなるかと思いましたが…とても楽しかったですね。皆さんと抱き合って、心の中もぽかぽかしてきました)ギュウッ
 
27:(えびふりゃー) 2022/05/14(土) 09:24:15.39ID:qRXZIihg
ガラガラ

恋「ふぅ…もう目を開けてもよろしいですよね」パチクリ

恋(目を開けてもまだ、皆様の温もりが心に残ってます…)ギュッ

可可<レンレーン!まだ目を開けちゃダメデスよー!

恋「…え?」

恋(いやいや、ちょっと待ってください?4人目で終わりの筈ですよね?えっ??)メツムリ

ガラガラ

恋(ほ、本当に入ってきてしまいました!だだだ、誰ですか!?怖いです!!)

ギュ…

恋「あ…」
 
28:(えびふりゃー) 2022/05/14(土) 09:24:45.68ID:qRXZIihg
恋(あぁ、何と言う事でしょう…この抱擁力、熟練された職人技としか思えません。温もりも、本当に母が帰って来たのでは無いかと錯覚してしまうかのような…)トロン

恋「おかあ、さま…」

ガラガラ

可可「ではレンレン、可可達の順番を言い当ててもらいマスよ!」

恋(えっ、このままですか?)

恋「えぇっと。千砂都さん、かのんさん、可可さん、すみれさんの順番ですよね?」

千砂都「おっ、すご〜い!恋ちゃん、パーフェクトじゃん!」パチパチ

かのん「ぐぬぬ、私達の負けかぁ」

すみれ「目を瞑ってても、結構わかるものなのね…」
 
29:(えびふりゃー) 2022/05/14(土) 09:31:31.16ID:qRXZIihg
可可「それと、レンレンに質問デス…誰のハグが1番気持ちよかったデスか?」

恋「えっ」

かのん「確かに…ちょっと気になるかも」

すみれ「ま、当然この私のギャラクシーなハグじゃないかしら?」

千砂都「私は…あんまり自信ないなぁ、アハハ…」

恋(どっ、どうしましょう…誰か1人選ぶなんて、私にはできません…あ)

恋「いっ…」

4人「い?」

恋「今されているハグが、1番気持ちいい、です…」
 
30:(えびふりゃー) 2022/05/14(土) 09:47:11.22ID:qRXZIihg
かのん「あ〜…確かに。流石に勝てないかも」

すみれ「まぁ、そう言われるなら納得よね」

千砂都「経験の差、ってヤツだね」

恋(えぇ…?一体どなたなのでしょうか?)

可可「じゃあレンレン、目を開けてもいいデスよ」

恋「ん…」パチクリ

理事長「こんにちは、葉月さん」ニコッ

恋「」
 
33:(えびふりゃー) 2022/05/14(土) 09:57:02.66ID:qRXZIihg
恋「りっ、理事長!?!?」バッ

理事長「あら…ハグはもうよかったの?」

恋「そ、それどころではありません!どうしてここに理事長が!?」

理事長「いや〜、たまたま遊びに来たんだけどね?なんだか面白そうな事やってたから」

すみれ「理事長もやるって言った時はビックリしたわよ…」

千砂都「でも、面白そうだったから乗っちゃった」クスクス

理事長「あのね葉月さん。この子達、貴女の事を元気にしたかったんですって。だから…」

可可「アイヤー!理事長、それは内緒の話なんデスー!」

理事長「あらあら、ごめんなさい。それにしても、あの子に間違われるだなんて、名誉なものね」クスクス

恋「あ、あれは違います!うぅ…」
 
36:(えびふりゃー) 2022/05/14(土) 10:17:36.58ID:qRXZIihg
かのん「ね、恋ちゃん。少しは寂しい気持ち、無くなったかな?」

恋「…はい。皆様のおかげです」ニコッ

かのん「ふふ、ならよかった」ニコッ

理事長「ところで貴女達…練習は?」

一同「あ…」

理事長「…反省文を書きたくないのなら」

可可「今すぐに練習始めるデスよ〜!!」ドタバタ

すみれ「あんたが言い出しっぺでしょうが!!」

千砂都「遊んだ分、練習はいつもよりみっちりやるよ!」

かのん「えぇ〜!?勘弁してよー!!」

恋「…ふふっ。今日も頑張りましょうね、皆さん!」

理事長「やれやれ…」

理事長(花…恋ちゃんの周りはこんなに賑やかで、この子自身も元気にやってるから…安心なさいな)
 
37:(えびふりゃー) 2022/05/14(土) 10:18:40.30ID:qRXZIihg
おしまい
ありがとうございました。
 
38:(えびふりゃー) 2022/05/14(土) 10:22:24.32ID:qRXZIihg
おまけ

恋「ただいま帰りました〜」

サヤ「おかえりなさいませ、お嬢様」

恋「はいっ、サヤさんもお疲れ様です」ニコニコ

サヤ「何だかご機嫌がよい様子ですが…何かあったのですか?」

恋「ふふっ、実はですね…」

ーーーーー

サヤ「そんな事があったのですね」

恋「最後はみんなしててんてこ舞いでしたが、練習もいつもより皆様と心が繋がってる感じがして捗ってしまいました」
 
39:(えびふりゃー) 2022/05/14(土) 10:22:51.54ID:qRXZIihg
サヤ「あの、お嬢様…従者風情がこの様な事を申すのは大変失礼かと思いますが…」

恋「どうかなさいましたか?」

サヤ「私も、お嬢様の事を…えぇっと…」

恋「…ふふっ」

ダキッ

サヤ「あ…」

恋「サヤさん。貴女がいてくれるから…私はいつも、安心してこの場所に帰る事が出来るんです。本当に、私と一緒にいてくれてありがとう…」
 
40:(えびふりゃー) 2022/05/14(土) 10:23:25.80ID:qRXZIihg
サヤ「あ…お嬢様…」ポロポロ

恋「泣かないでください…ほら、サヤさんも…」

サヤ「あぁ…お嬢様に仕える事ができて、私は幸せ者です…」ギュッ

恋「ふふ、私もサヤさんのような素敵な方と過ごせて幸せです♪」

サヤ「ぐすっ…では、お嬢様。お夕飯の準備も出来ておりますので」

恋「はいっ、一緒に食べましょうか」ニコッ

サヤ「えぇ」ニコッ

おしまい
 

引用元: https://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1652483595/





おすすめ記事(外部)
ラブライブ! おすすめ記事(外部)    
タイトルとURLをコピーしました