【SS】メイ「きな子、付き合ってくれ」きな子「...分かったっす」【ラブライブ!スーパースター!!】

liella!二期生ーSS


3:(なっとう) 2022/10/20(木) 20:49:47.47 ID:DxCMXv1j
きな子「って、何に付き合えばいいんすか?」

メイ「いや、その...ほらこれ」

きな子「なんすかこれ?映画のチケット?えーっと”この世で一番ピュアな初恋をキミに”...」

メイ「あー!あー!!あー!!!!!」

きな子「ぴいっ?!」ビクゥッ
 
4:(なっとう) 2022/10/20(木) 20:51:37.54 ID:DxCMXv1j
メイ「はあっ、とにかくこの映画を今度見に行きたいんだ。付き合ってくれるか?」

きな子「それなら全然いいっすよ!東京に来て映画なんて初めてっす、楽しみっす!」

メイ「ありがとうきな子。せっかくだし、週末一日使って二人で遊ぶか?」

きな子「いいんすか?メイちゃんがよければぜひ!!」

メイ「いいに決まってるだろ、私が付き合ってもらってるんだから」ナデコリナデコリ

きな子「えへへ、ほんとっすか?嬉しいっす!楽しみにしてるっす!」

メイ「じゃあ、週末な。あとでラインするから」

きな子「はいっす!!」
 
7:(なっとう) 2022/10/20(木) 20:55:10.40 ID:DxCMXv1j
メイ「あ、ちなみになんだけどさ。一緒に映画行くってことは...その、誰にも言わないで欲しいんだ」

きな子「? なんでっすか?」

メイ「いやその...恥ずかしいんだよ!こんなベタベタの恋愛映画見てるなんてあんま知られたくないし」

きな子「そういうもんなんすか...わかったっす!二人だけの秘密にしとくっす」

メイ「助かるよきな子」
 
8:(なっとう) 2022/10/20(木) 20:56:14.85 ID:DxCMXv1j
メイ(やっぱりきな子を誘ってみてよかった)

メイ(夏美はこういうのあんま興味なさそうだし)

メイ(先輩がたを誘うのはハードル高いし)

メイ(四季は...なんか変な雰囲気になっちゃいそうで怖いし)

メイ(でも、恋愛映画をソロで行くのはキツいし!)

メイ(でもでも、絶対絶対見に行きたかったし!!)

メイ(何年か前に女優になった元スクールアイドルが主演のこの映画)

メイ(絶対に見逃せなかったし!)グッ

メイ「ふふ~ん、週末はきな子にも満足してもらわなきゃな♪」



四季『........』
 
11:(なっとう) 2022/10/20(木) 21:00:52.94 ID:DxCMXv1j
~四季の部屋~

メイ『きな子、付き合ってくれ』

きな子『...分かったっs』ブツッ

四季「えっうそ?!最悪のタイミングで盗聴器の電源が切れた...」

四季「四年も使ってたらさすがにバッテリーがヘタってるのかな。こんなことなら新しいのに買い換えておくべきだった」

四季「っていうかそんなことより」

四季「なんで?メイがきな子に?!メイ絶対に私に気があると思ってたのに!」

四季「確かに最近のメイは私をオカズにしてる回数も少なかったけど(盗聴調べ)」

四季「それにしたってきな子に...いやでも勘違いの可能性も...」ブツブツ

四季「とにかく...様子を見つつ動きがあったら尾行を...」
 
12:(なっとう) 2022/10/20(木) 21:06:50.49 ID:DxCMXv1j
~土曜日、駅近くの公園~

メイ「ごめん、待たせたな」

きな子「ううん、今着いたとこっす。道に迷うかもしれないんで早く家出たんすけど、意外と迷わなかったっす」

メイ「そっか良かった。きな子ももうだいぶ東京に慣れてきたんじゃないのか?」

きな子「えへへ~そうかもっす~」

メイ「よし、じゃあ行くか」

きな子「っす!」
 
15:(なっとう) 2022/10/20(木) 21:12:11.18 ID:DxCMXv1j
...

夏美「ななな、なんですのこれ?!休日いきなり呼び出されたと思ったら」アワアワ

四季「見ての通り。メイときな子がナイショでデートしてる」

夏美「そんなの見れば分かりますの!いや、ただ二人で遊んでるだけの可能性も...でもきな子の気合の入った可愛らしい服装は...」ブツブツ

四季(まずい、夏美ちゃんの脳が破壊されかけてる)

四季「とにかく、二人を追って確かめよう」

夏美「そうしますの...ああ、きな子は私のことがスキだと思っていたのに」

四季「夏美ちゃん。まだ付き合ってると決まったわけじゃないから」

夏美「...ところで、四季はどうして二人が今日会うと分かりましたの?」

四季「............女の勘」

夏美「それはすごい大当たりですの。私も勘を磨く必要がありますの」

四季(盗聴器がダメになったから発信機で追ってたとは言えないな)
 
16:(なっとう) 2022/10/20(木) 21:17:10.23 ID:DxCMXv1j
~

メイ「よし。時間ちょうどだな」

きな子「ほわ~、こんなおっきい映画館私はじめてっす」

メイ「じゃ入るか。チケットはもうあるし...あ、トイレは大丈夫か?一時間半くらいあるけど」

きな子「大丈夫っす!さささ行きましょうっす!」ギュ

メイ「うきうきだなきな子。そんなに急がなくても大丈夫だって」ポンポン

きな子「だって楽しみだったし~」

...

四季「」

夏美「」
 
18:(なっとう) 2022/10/20(木) 21:22:01.55 ID:DxCMXv1j
四季「はっ...」

夏美「一瞬気を失ってましたの...メイの腕に抱きつくきな子の幻覚が見えましたの」

四季「私はメイがきな子ちゃんの頭をポンポンなでる幻覚が」

夏美「早く二人を追いますの!映画...これは恋愛映画?」

四季「どうする?中はいる?」

夏美「当たり前ですの!私たちのぶんは部費で落としますの」

四季「大丈夫なの?それ」

夏美「スクールアイドルの部内恋愛なんて大問題ですの。これはれっきとした調査費ですの!」

四季「それもそうか。よし、そうと決まれば早く!」


結女スクールアイドル経費
調査費
高校生料金1,200\ × 2人
計-2,400\
 
22:(なっとう) 2022/10/20(木) 21:27:15.56 ID:DxCMXv1j
メイ「...」

きな子「...」

メイ「思ってたより、凄かったな」

きな子「そうっすね...まさかあんなガッツリと」

メイ「ちょっと喫茶店入って話さないか?」

きな子「賛成っす!」

...

夏美「不覚にも普通に映画に見入ってしまいましたの...」

四季「そうだね、面白かった」

夏美「! 二人が喫茶店に入っていきますの!」

四季「よし追おう。あんな映画見た後で、いい雰囲気になるのは阻止しなきゃ」
 
23:(なっとう) 2022/10/20(木) 21:30:00.52 ID:DxCMXv1j
メイ「...で、あそこのシーンで...」

きな子「...そこのシーンで、きな子は...」

メイ「...ちなみに主演の女優が...」

...

四季「なんか普通に映画の話してるね」

夏美「そうですの」

四季「そういえば主演の女優さん、メイが中学の時好きだったスクールアイドルだった」

夏美「そうなんですの?じゃあ二人はただ...」
 
25:(なっとう) 2022/10/20(木) 21:34:09.83 ID:DxCMXv1j
店員さん「ご注文お決まりですか?」

四季「あっ...えっと」

夏美「これとこれと...あとこれを二人分...あとこれも」

四季「な、夏美ちゃん?」

店員「かしこまりました。以上でよろしいですか?」

夏美「はいですの」

店員「では少々お待ちください」

四季「ちょっと夏美ちゃん、大丈夫なの?」

夏美「経費ですの」

四季「そっか、じゃあ大丈夫だね」


結女スクールアイドル経費
調査費(喫茶店) 
コーヒー 350\ × 2
パンケーキ 750\ × 2
ミニパフェ(チョコ) 650\
ミニパフェ(抹茶) 750\
計-3,600\
 
26:(なっとう) 2022/10/20(木) 21:37:26.74 ID:DxCMXv1j
~翌週、放課後~

恋「あれ?おかしいですね」

すみれ「どしたのよ恋」

恋「部費なんですけが、六千円くらいなくなっていて。使われたのが土曜ということは分かっているのですが」

すみれ「なになに...なにこれ?調査費?」

恋「帳簿にはそう書かれていますが...」


四季「...」

夏美「...」
 
28:(なっとう) 2022/10/20(木) 21:39:34.26 ID:DxCMXv1j
恋「私はサヤさんと大掃除をしていましたし」

千砂都「私は可可ちゃんにスクールアイドルのライブに連れて行ってもらってたよ」

可可「そうデス!」

かのん「私はすみれちゃんとありあの三人で、私のおうちでゲームしてた!」

すみれ「ふふ、かのんったら弱いのよ!一回も勝てないんだから」

かのん「すみれちゃんがズルするんだよ~!!」

くぅ「...へえ~」

ちぃ「ふ、ふーん...」
 
30:(なっとう) 2022/10/20(木) 21:43:09.87 ID:DxCMXv1j
恋「メイさんたちはどうされていましたか?」

メイ「いやその私は...」

メイ(映画のことは言えない!)

きな子「メイちゃんは私と遊んでたっす!ぷりくら撮ったっす!これ!」

可可「え~カワイイデス!ククも行きたかったデス!」

かのん「お~これはなかなか」

メイ(きな子ナイス!)

メイ「先輩も今度行きましょう!」
 
35:(なっとう) 2022/10/20(木) 21:49:21.23 ID:DxCMXv1j
きな子「夏美ちゃんたちは?」

夏美「バ...バイトでしたの」

四季「えっと...虫取り?」

メイ「...」

恋「そうですか...ではこのお金は誰が」



きな子「え?夏美ちゃんと四季ちゃん、二人で一緒に映画見て喫茶店でお茶してなかったっすか?」



四季「」

夏美「」
 
37:(なっとう) 2022/10/20(木) 21:52:43.65 ID:DxCMXv1j
恋「.........どういうことですか?」ニコ

四季「いや、えっと...」

夏美「これはメイときな子が付き合ってるかどうか調査するために...」

恋「私、まだ何も言っていませんが」ニコッ

夏美「あ」


このあと反省文10枚と練習量3倍の刑を言い渡された
 
39:(なっとう) 2022/10/20(木) 21:56:14.09 ID:DxCMXv1j
四季(ひどいめにあった...どれもこれも夏美のせい)

四季(ようやく落ち着いたし、新しい盗聴器の性能テストがてら...メイは今日何してるかな)ピピッ



メイ『どうしたんだよきな子。言わないんじゃなかったのか?』

きな子『部活のお金使ってたんなら悪いことっす。先輩に報告の義務があるっす』プンスコ

きな子『...私に黙って、四季ちゃんとデートなんて。浮気っす』

メイ『付き合ってないんじゃなかったのか?』

きな子『そうっすけど!とにかく浮気っすこれは!なんかパフェとか交換し合ってたし。きな子とはそんなことしたことないのに!!』

メイ『確かに、なんか雰囲気は良さそうだったよな』

きな子『絶対個人的にお仕置きしてやるっす』
 
43:(なっとう) 2022/10/20(木) 22:00:58.90 ID:DxCMXv1j
きな子『ところでメイちゃん。抱きしめていいっすか?』

メイ『ああ、いいけど...ってはぁ?!いきなりなんでだよ?!!』

きな子『いいからいいから~えいっ!』ギュム

メイ『お、おい!』

きな子『えへへ~メイちゃんの胸やわらけぇっす~』

メイ『なんなんだよいきなり!もう離れろ』

きな子『............四季ちゃん。見逃してあげるから夏美ちゃんには言わないでね』ボソ

メイ『何か言ったか?』

きな子『何でもないっす~? ささ、帰るっす』

メイ『ほんとになんなんだよ...』



四季「...」ガクガクブルブル

四季(きな子ちゃん...絶対に敵にしないようにしよう)




おわり
 
48:(なっとう) 2022/10/20(木) 22:06:50.34 ID:DxCMXv1j
お付き合いいただきありがとうございました!

遅くなりましたが代行いただきありがとうございました


きななつすきっす
しきめいもすきっす
 
45:(あら) 2022/10/20(木) 22:02:28.58 ID:BbxoKudF
きな子...恐ろしい子
 
47:(えびふりゃー) 2022/10/20(木) 22:03:38.32 ID:wYZRhuTF
子悪魔きな子もいいっすね乙っす
 
50:(らっかせい) 2022/10/20(木) 22:08:33.52 ID:e5QjfddS
やはり小悪魔…

 
52:(もんじゃ) 2022/10/20(木) 22:59:50.96 ID:69AWlbNz
きな子は卒業する頃には2期生全員食ってそう
 
59:(やわらか銀行) 2022/10/21(金) 10:15:14.91 ID:bKt2Oxuq
ありがとう
またきななつしきメイが読みたい
 

引用元: https://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1666266421/

おすすめ記事(外部)

ラブライブ! おすすめ記事(外部)    
タイトルとURLをコピーしました