虹ヶ咲ーSS

【SS】侑「目指すは竜の里、A・ZU・NA!」【ラブライブ!虹ヶ咲】

A・ZU・NAーSS
A・ZU・NAーSS
SS
上原歩夢ーSS
優木せつ菜ーSS
桜坂しずくーSS
虹ヶ咲ーSS
高咲侑ーSS
~ニジガサキ村~ 侑「というわけで出発だ!」 歩夢「お、おー!」 歩夢「ところで侑ちゃん?」 侑「何?」 歩夢「何でドラゴンに会いたいの?」 侑「今聞く!?」
1

【SS】エマ「彼方ちゃん!武勇伝武勇伝ぶゆうデンデンデンデデンやろう!」彼方「いいよ~」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
エマ・ヴェルデーSS
かなエマーSS
虹ヶ咲ーSS
近江彼方ーSS
エマ「彼方ちゃんいつものやったげて!」 彼方「おう、聞きたいか彼方ちゃんの武勇伝!」 エマ「その凄い武勇伝ゆったげて!」 彼方「彼方ちゃん伝説ベスト10!」 彼方「毎日まくらに綿詰める!」 エマ「凄い10年経ったらベッドサイズ!」 エマ・彼方「はい武勇伝武勇伝ぶゆうデンデンデンデデン!」 エマ「れっつごー!」
1

【SS】しずく「侑さん、今度、うちに遊びに来ませんか?」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
ゆうしずーSS
桜坂しずくーSS
虹ヶ咲ーSS
高咲侑ーSS
ー部室ー 侑「あー!今日も8時になっちゃった~」 しずく「本当あっという間ですね。でも、やっと第2回スクールアイドルフェスティバルの告知動画の案、方向固まってきましたね。」 侑「うん、それにしてもしずくちゃんの発想力ってすごいよ!次から次に新しいアイディアを出してくれる。」 しずく「いえいえ、侑さんと会話してると、なぜか急に湧いてくるんです。あ、侑さん、窓の鍵は全部閉めました。」 侑「ありがとう。じゃ、電気消すね。忘れ物無い?」 しずく「はい、大丈夫です。あ、侑さん筆箱。」 侑「あ、本当だ。私かっこ悪っ」 パチッ ガチャ
0

【SS】璃奈「出来た。歩夢さんの侑さんへの好感度を他の人に向ける装置。」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
ぽむかすーSS
ゆうしずーSS
上原歩夢ーSS
天王寺璃奈ーSS
桜坂しずくーSS
虹ヶ咲ーSS
高咲侑ーSS
3:スレ立て代行ありがとうございます(うろん) 2023/03/29(水) 19:46:50.59 ID:DeSZZE1N 璃奈「えい。」ポチッ 装置「」ボ-ン 璃奈「あれ...
0

【SS】愛「雷と」曜「海鳴り」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
スクスタ時空ーSS
ホラーーSS
ラブライブ!サンシャイン!!ーSS
天王寺璃奈ーSS
宮下愛ーSS
渡辺曜ーSS
虹ヶ咲ーSS
■35000文字■〜沼津駅〜 曜「あっ、愛ちゃん璃奈ちゃーん!こっちこっち!」 愛「ちぃーっす!曜、久しぶり〜」 璃奈「曜さん、こんにちは」 曜「うんうん、久しぶりだね〜。それよりまず、ようこそ沼津へ!長旅ご苦労さま!」 璃奈「そこまで長くなかったから平気。新幹線だったし」 愛「そうそう。てかホントに良かったの?交通費出して貰ってるのに新幹線で。鈍行でもダイジョブだったのに」 曜「いやいや、こっちが呼んでるお客様なんだから、それくらいはケチらないよ。まぁ出してくれたのは今度のイベントの実行部の人たちなんだけどね」
2

【SS】しずく「侑先輩、演劇部の助っ人に来てくれませんか?」侑「私が!?」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
ゆうしずーSS
桜坂しずくーSS
虹ヶ咲ーSS
高咲侑ーSS
しずく「はい、AZUNAライブの後から、侑先輩、演劇部の間で人気なんですよ?」 侑「そんな、照れるなぁ……。でも私、演劇なんてできないよ?」 しずく「大丈夫です。侑先輩には、役者ではなくて音響をやって欲しいんです。」
0

【SS】ランジュ「ミアに可愛いって言わせたい」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
ショウ・ランジューSS
ミア・テイラーーSS
ランミアーSS
虹ヶ咲ーSS
3

【SS】小林「おいクソガキー!最後まで先輩への態度と盛り上げがなってないぞー!」ともりる「相変わらず小林はw」

SS
SS
スクスタ時空ーSS
ラブライブ!ーSS
ラブライブ!サンシャイン!!ーSS
中の人ーSS
虹ヶ咲ーSS
■約20000文字■ともりる「小林への態度なんて今も昔もこれがピッタリじゃないですかw」 小林「何言ってんだお前ー!小林の方が先輩ってのを最後に自覚しとけって!」 ともりる「先輩より胸大きくてすいませんw」 小林「うるせえ!」 ともりる「あと盛り上げってなんですか?私が小林の胸を盛ればいいんですか?」 小林「こここっ!コイツ!何度も馬鹿にしてー!小林は沼津駅1日駅長なんだぞー!」 ともりる「1日だけじゃないですかwそんな威張ることじゃないですからw」 小林「もっとこう!可愛い後輩らしく先輩を褒めなさいって!」 ともりる「はぁ…。小林は本当に世話のやける先輩でしたよ。4月からもヨハネちゃんと一緒に頑張って下さいね」ポン 小林「え?ああ…そりゃ頑張るけど…さ…その……」 ともりる「……こういう時は無言で抱きしめるのがカッコいい先輩なんですよ?」 小林「え?そうなの?」 ともりる「これだから小林は…」 小林「ご、ごめん……って!なんで小林がアンタに謝罪してんだよー!」 ともりる「素直でちょっと可愛かったですよw」 小林「このクソガキー!!!」
1

【SS】ᶘイ^⇁^ナ川「春はうみまき・・ですかね」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
三船栞子ーSS
天王寺璃奈ーSS
虹ヶ咲ーSS
顔文字・AA
1

【SS】ミア「WBC優勝はステイツで決まりさ。今日ジャ  は野球とベースボールの差を思い知るだろうね」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
ミア・テイラーーSS
虹ヶ咲ーSS
大谷「」シュッ! トラウト「」ブン! 大谷「しゃああああああ!!!!!」 うわあああああああああああああああああああ!!!!!! 空振り三振!!!!!!大谷が、グラブを投げた!!!!!! 歓喜の渦!!!!!マイアミに、嬉しい桜が咲きました!!!!! 侍ジャパン!!!!!世界一奪還!!!!! 野球発祥国アメリカでアメリカ代表を日本が倒しました!!!!! 侍ジャパン2009年以来3大会ぶりのワールド・ベースボール・クラシック制覇です!!!!! ミア「……」
3

【SS】ミア「眠れない」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
ミア・テイラーーSS
ランミアーSS
虹ヶ咲ーSS
ミア「・・・・・・」 ミア「ど、どうしよう・・・」 ミア「眠れない」 全く悪い冗談だーーボク、ミア・テイラー 14歳だけど高校3年生。 まあ、ステイツでは大学生なんだけどね? 作曲をしてるとつい夜更かししてしまう… なんてことはよくあることだったんだけど・・ 今日眠れない理由はそんな理由じゃなくてーー
0

【SS】璃奈「これは、侑さんだけの時間を停止するスイッチ」ポチッ 侑「えっ!? 璃奈ちゃ」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
天王寺璃奈ーSS
虹ヶ咲ーSS
侑「」 璃奈「うん...スイッチの効力はしっかり出てるね」 侑「」 璃奈「ごめんなさい、侑さん。私は科学者として、探求者として、どうしてもしてみたい実験があった」 璃奈「それは...侑さんを究極のスクールアイドルにすること」 璃奈「私は考えた...。今や、かなりの知名度を得た私たちスクールアイドル同好会...そして、その同好会の中で同好会のアイドルと化しているスクールアイドルの中のアイドル、それが侑さん」 璃奈「だけど、そんな逸材である侑さんはスクールアイドルになりたがらないし、裏方に徹している」 璃奈「...じゃあ、もし侑さんという天性のアイドル気質の素材に、同好会みんなの個性を足していったら...?」 璃奈「天性のアイドル気質の素体に、さらに現役の人気なスクールアイドルの要素を加算していけば...?」 璃奈「おそらく、究極のスクールアイドルが爆誕してしまう...私はそう考えた」 璃奈「今日、ここでスクールアイドルの歴史が変わる...勝手にこんなことして、みんな(世界中のスクールアイドルに対して)、ごめんなさい...」
2

【SS】しずく「ホワイトデーに侑先輩に呼び出されました」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
ゆうしずーSS
桜坂しずくーSS
虹ヶ咲ーSS
高咲侑ーSS
~3月14日~ 侑『今日の放課後、〇棟の空き教室に1人で来てね』 しずく「という手紙をもらったので来てみましたが…」 しずく「侑先輩…何の用事でしょうか」 しずく「まぁバレンタインデーの仕返しといった所でしょうけど、そんなの返り討ちにしてあげましょう!」 しずく「さて、この教室ですね」  
1

【SS】ᶘイ^⇁^ナ川「かなかりを語りたいですね?」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
スクスタ時空ーSS
ラブライブ!サンシャイン!!ーSS
三船栞子ーSS
津島善子ーSS
虹ヶ咲ーSS
顔文字・AA
ᶘイ^⇁^ナ川「どうも、百合SS系妖怪ᶘイ^⇁^ナ川です」 ᶘイ^⇁^ナ川「一部でイナ語りと言われてるのを拝見したのですが…」 ᶘイº ֊ ºナ川「語呂がよくてとても良いなと思いました…」 ᶘイ^⇁^ナ川「それはそうとして…にじよんアニメーション……」 ᶘイº ֊ ºナ川「最高ではありませんか」
0

【SS】ᶘイ;⇁;ナ川「ランミアが増えてないですね…」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
ショウ・ランジューSS
ミア・テイラーーSS
ランミアーSS
三船栞子ーSS
虹ヶ咲ーSS
顔文字・AA
ᶘイ^⇁^ナ川「みなさんどうもこんにちは?こんばんは?ラ板の芸術ᶘイ^⇁^ナ川です」 ᶘイ ˘ ⇁ ˘ ナ川「いやはや…早いものでなんと最初にランミアを語った時から5ヶ月以上経ってるらしいです・・」 ᶘイ^⇁^ナ川「さてと…最近のランミアの推移は……」 ᶘイ °Д° ナ川 !? ᶘイ^⇁^;ナ川「・・・?」 ᶘイº⇁º;ナ川「これは…夢ですね……」
2
タイトルとURLをコピーしました