黒澤ダイヤーSS

【SS】曜「パリーグコラボ……頭が痛いであります……。」【ラブライブ!サンシャイン!!】

SS
SS
ラブライブ!サンシャイン!!ーSS
桜内梨子ーSS
津島善子ーSS
渡辺曜ーSS
黒澤ダイヤーSS
黒澤ルビィーSS
1:名無しで叶える物語 (ワッチョイ cc58-74f7) 2024/06/13(木) 21:02:14 ID:VtEPXc0600 ダイヤ「ルビィ、あと一球、いきますわよ!」ヒュイッパシッルビィ...
5

【SS】ダイヤ「さばッチー丼?」【ラブライブ!サンシャイン!!】

SS
SS
かなだいーSS
ラブライブ!サンシャイン!!ーSS
松浦果南ーSS
黒澤ダイヤーSS
果南「ダーイヤっ、お昼一緒に食べようよ」 ダイヤ「勿論ですわ。あら、鞠莉さんは?」 果南「今日はギルキスで食べるんだってさ」 ダイヤ「そうでしたか。では早速頂いてしまいましょうか」
0

【SS】ダイヤ「夜のお供にさばッチー丼」【ラブライブ!サンシャイン!!】

SS
SS
ラブライブ!サンシャイン!!ーSS
黒澤ダイヤーSS
「ふう......!」 午前0時。柱時計の鐘が鳴ったと同時にペンを置き、椅子から立ち上がる。 それからぐっと伸びをして身体を反らせ深呼吸。 受験を控えたこの時期はとにかく時間が惜しいが、スクールアイドルに生徒会にお稽古とやることは山積み。 こうして一日のボーダーラインを後ろへとずらすのはもはや習慣になってしまった。  
0

【SS】ダイヤ「いちごって粒々が本体らしいですわ」ルビィ「!?」【ラブライブ!サンシャイン!!】

ダイるびーSS
SS
ダイるびーSS
ラブライブ!サンシャイン!!ーSS
黒澤ダイヤーSS
黒澤ルビィーSS
ある所に、二人の姉妹がいました。 ダイヤ「……」 こちらは、堅パンより頭の堅い姉。 ルビィ「~っ」 こちらは、メガネ猿より臆病な妹。
1

【SS】ダイヤ・鞠莉「恵方」【ラブライブ!サンシャイン!!】

SS
SS
かなダイまりーSS
ラブライブ!サンシャイン!!ーSS
小原鞠莉ーSS
松浦果南ーSS
黒澤ダイヤーSS
ダイヤ「ふぅ……書けましたわ」 ダイヤ「あとはこれをホワイトボードに貼って……と」 鞠莉「ダイヤ?何してるの?」 ダイヤ「鞠莉さん。これを見てください!」 ダイヤ「今年もあの季節がやってきましたわ!」 鞠莉「Oh, 待ちに待った節分ね!」 ダイヤ「しかも今年は3人揃いましたので……!」 鞠莉「やっといつものスタイルで楽しめるわね!」 ダイヤ・鞠莉「「ふっふっふ!」」
0

【SS】ダイヤ「鬱陶しいですわねぇ」鞠莉「やーだー!!」【ラブライブ!サンシャイン!!】

SS
SS
ダイマリーSS
ラブライブ!サンシャイン!!ーSS
近江彼方ーSS
黒澤ダイヤーSS
2018/01/27(土) 21:48:29.94 ID:9Bey0ueg.net 鞠莉「ねーねー」 ダイヤ「...」 鞠莉「ねーねー!!」ベチッ ダイヤ「痛い!」 鞠莉「かまって?」 ダイヤ「やですわ」 鞠莉「なーんーでー」ゴロゴロ ダイヤ「好きですよ、鞠莉さん」 鞠莉「えへへぇ」 ダイヤ「...」ペラッ 鞠莉「好きかぁ...ふふっ、...あー」 ダイヤ「...」 鞠莉「いやちがうちがうちがう」
3

【SS】ダイヤ「情緒不安定な千歌さんと…」【ラブライブ!サンシャイン!!】

SS
SS
ちかダイーSS
ラブライブ!サンシャイン!!ーSS
高海千歌ーSS
黒澤ダイヤーSS
2018/01/28(日) 21:08:14.52 ID:mnozxqwN 千歌「ダイヤさん!お帰りなさい」 ダイヤ「えぇ、ただいま帰りました」 千歌「温かいご飯すぐ用意するね」 ダイヤ「ありがとうございます」 千歌「ふんふん~♪」 ダイヤ「遅くなるから、先に寝てても良かったのに……」 千歌「嫌だよ……だって寝ちゃったら朝になって…ダイヤさん仕事に行っちゃうじゃん」 ダイヤ「そうですけど…」 千歌「…はーい、できたよ~」 ダイヤ「美味しそうですね。さっそくいただきます」 千歌「どうぞ~♪」 ダイヤ「…美味しいです」モグモグ 千歌「本当?良かった~」 ダイヤ「……」モグモグ 千歌「……」ニコニコ ダイヤ「……」モグモグ 千歌「……」ニコニコ ダイヤ「じっと見られると食べづらいですね」 千歌「…………」 ダイヤ「……?」 千歌「…嫌だった?」 ダイヤ「いえ…そういう訳では…」 千歌「…………」 ダイヤ「…………」 千歌「じゃあ見てるね♪」 ダイヤ「はい」 千歌「……」ニコニコ ダイヤ「……」モグモグ
0

【SS】ダイヤ「わたくしったらなんであんな大胆なことを……」【ラブライブ!サンシャイン!!】

SS
SS
ダイよしーSS
ラブライブ!サンシャイン!!ーSS
津島善子ーSS
黒澤ダイヤーSS
ダイヤ「あぁ、今思い出しても恥ずかしいですわ」 ダイヤ「昨日のわたくしをぶん殴りたいですわ……!」 ダイヤ「あー!」 果南「何あれ」 鞠莉「ダイヤ」 果南「いやそうだけどそうじゃなくて」 ダイヤ「わたくしのおばかっ!」 鞠莉「何があったのか聞いてくるね☆」 果南「あ、ちょっと鞠莉!」
0

【SS】ルビィ「歯医者嫌だな…」【ラブライブ!サンシャイン!!】

SS
SS
ダイるびーSS
ラブライブ!サンシャイン!!ーSS
黒澤ダイヤーSS
2017/04/03(月) 01:24:43.07 ID:jkq8HPKh.net ルビィ「いたたた…」 善子「どうしたのルビィ?ほっぺた押さえて」 花丸「わかった。ルビィちゃん虫歯ずら?」 ルビィ「う、うん…」 善子「む、虫歯!?」
3

【SS】ダイヤ「風邪を引きましたわ」【ラブライブ!サンシャイン!!】

SS
SS
ラブライブ!サンシャイン!!ーSS
津島善子ーSS
黒澤ダイヤーSS
黒澤ルビィーSS
ルビィ「お、おねいちゃあ大丈夫?」 ダイヤ「だいじょうぶですわ」 花丸「ダイヤさん鼻水でてるけど?…ほらチーンって」 ダイヤ「ありがとうごさいます、花丸さん。……ぢぃぃぃん」 善子「凄い音ね……相当しんどいんじゃないの?私達帰った方が良さそうね…」 ダイヤ「いえ!大丈夫ですわ!ご心配なさらずに!」 ルビィ「あ、あのさ!2人とも…もし良かったら今からおねえちゃあの看病するから手伝ってくれなぃ?」 花丸「いいずらよ、善子ちゃんもいいよね?」 善子「ヨハネね、勿論いいわよ。いつもお世話になってるしね」
2

【SS】ダイヤ「おはようございます……あら?」善子「げっ」【ラブライブ!サンシャイン!!】

SS
SS
ダイよしーSS
ラブライブ!サンシャイン!!ーSS
津島善子ーSS
黒澤ダイヤーSS
善子(今日は久しぶりにバスも遅延しないで学校に来れたし) 善子(いつもより30分も早く部室に着いたから、練習着に着替えてからすっごい暇だったし) 善子(誰か早く来てよ、とは思ってたけど) ダイヤ「今日は、善子さんおひとりですのね」 善子「そう、みたいね」 善子(どうして、よりにもよってダイヤなのよ)
0

【SS】ルビィ「最近善子ちゃんがプロレス技をかけてくる」【ラブライブ!サンシャイン!!】

SS
SS
ダイよしーSS
ラブライブ!サンシャイン!!ーSS
津島善子ーSS
黒澤ダイヤーSS
2016/08/29(月) 00:03:31.61 ID:ezfpe9Nh.net ルビィ「こんな日があったよ」
0

【SS】ダイヤ「お手紙…? 鞠莉さんからですの?」【ラブライブ!サンシャイン!!】

SS
SS
ダイマリーSS
ラブライブ!サンシャイン!!ーSS
小原鞠莉ーSS
黒澤ダイヤーSS
2017/01/18(水) 00:10:33.68 ID:4r264MDD.net 先生(24/女性) 「そうなの これ、理事長から読んでねって」スッ ダイヤ「は、はぁ ありがとうございます えーっと…」ペラ 『to : pretty jewelry head    シャイニー☆ 生徒会長のダイヤちゃんに2つのnewsをお届けするわ!』 ダイヤ「……」 ダイヤ(既に胡散臭い… ジュエリーヘッドってなによ…)ジト
0

【SS】梨子・善子「クールなマリーを取り戻すわよ!」【ラブライブ!サンシャイン!!】

Guilty KissーSS
Guilty KissーSS
SS
ラブライブ!サンシャイン!!ーSS
小原鞠莉ーSS
桜内梨子ーSS
津島善子ーSS
黒澤ダイヤーSS
2017/01/24(火) 18:31:16.66 ID:U/7NXTPj.net Aqours、ユニット別ミーティング… 鞠莉「あっ!こないだの曲完成したのね♪」 梨子・善子「…」 ~♪ 『PoPoPop!待ってたんだ待ってたんだキミを♪』 『PoPoPop!今日はずっと離さないよ♪』 鞠莉「ん~☆やっぱり『Pops heartで踊るんだもん!』はキュートな曲だよね~!」ウキウキ 梨子「…そうね」 鞠莉「そうそう聞いて!私、最近はprintempsの『sweet&sweet holiday』にハマってるの☆」シャイニー 善子「…ふーん」
0

【長編SS】ダイヤ「吸血鬼の噂」【ラブライブ!サンシャイン!!】

SS
SS
ちかダイーSS
ラブライブ!サンシャイン!!ーSS
閲覧注意ーSS
高海千歌ーSS
黒澤ダイヤーSS
■約270000文字■ダイヤ「──はぁ? 吸血鬼?」 それは、ゴールデンウイークを明日に控えた4月26日金曜日のことでした。 鞠莉「そ、吸血鬼。最近噂になってるんだヨ」 ダイヤ「はあ……」 鞠莉「あ、ダイヤ~? その反応信じてないネ?」 ダイヤ「まあ……」 生徒会室で連休前の仕事を三年生三人で片付けながら適当に話を聞き流す。 鞠莉「なんでも、ここ最近夜になると出るらしいんだヨ……」 果南「で、出る……?」 鞠莉「……血……血……って呻きながら、校舎内で女生徒の血を探して彷徨うリビングデッドが……!!」 果南「……ッヒ!!」 鞠莉さんがおどろおどろしい口調で、眉唾な噂を口にすると、果南さんが涙目になって、書類で顔を隠す。 というか、吸血鬼からリビングデッドに変わっているのですけれど……。 鞠莉「身を隠したって無駄……リビングデッドの嗅覚は的確に活きの良い乙女の血の匂いを嗅ぎ分けて、喰らいに来るんだから……!!」 果南「…………!!」 鞠莉「果南みたいに活きの良い生娘なんか、特に──」 ダイヤ「──いい加減になさい」 書類の束で、鞠莉さんを軽くはたく。
0
タイトルとURLをコピーしました