藤島慈ーSS

【SS】慈「わたしの夏休み最終日」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
るりめぐーSS
大沢瑠璃乃ーSS
蓮ノ空ーSS
藤島慈ーSS
誕生日ー蓮ノ空
8月31日夏休み最終日 この日のわたしはとても忙しい 「よし、これも終わり。」 夏休みの課題に向かっていたペンを置くと、うーんと伸びをした。 それから、あくびをしながら時計を見ると。 「やば、もうこんな時間。」
0

【SS】梢「生えてしまったのだけれど......」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
乙宗梢ーSS
日野下花帆ーSS
蓮ノ空ーSS
藤島慈ーSS
朝 梢の部屋 鏡の前で立ちすくむ梢 梢「ど、どうしてこんなものが......」
3

【SS】梢「残響」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
こずかほーSS
乙宗梢ーSS
蓮ノ空ーSS
藤島慈ーSS
慈「ひま」 梢「……」ペラリ 慈「ひまひまひまひまひまーっ!」ジタバタ 梢「……」ペラリ 慈「……おい。無視すんな」バッ 梢「あっ、ちょっと慈! 返しなさい! 今いいところなんだから!」 慈「うっさい。私をほったらかして優雅に読書とか生意気すぎ! めぐちゃんに構えよ!」 梢「少しくらい待っていられないの? 我慢強く泰然自若と事を構える、それが──」 慈「あー、聞こえない聞こえない。めぐちゃんの耳は、たのしーことしか聞こえませーん」 梢「……もう、仕方のない娘ね。分かったわ。少しお話しましょうか」 慈「やり! じゃ、何話そうかな~。ん~……」チラッ ザァ~… 慈「うん、今は生憎の雨。昼間なのに薄暗くて、電気を付けなきゃ文字だって見えやしない。こういうちょっぴりオカルトな雰囲気の時は、怖い話をするに限るよね」
0

【SS】綴理「こわいゆめ」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
つづめぐーSS
夕霧綴理ーSS
蓮ノ空ーSS
藤島慈ーSS
ぽかぽか。きらきら。ふわふわ。 体が軽い。まるでボクの体がマシュマロみたいだ。 マシュマロ?マシュマロは飛ばないよね。 じゃあなんだろ。ふわふわしてて美味しいもの。 まあいいか。後でさやに聞けば解決するんだから。
0

【SS】大三角から沙知先輩へのプレゼント【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
つづこずめぐさちーSS
乙宗梢ーSS
夕霧綴理ーSS
大賀美沙知ーSS
蓮ノ空ーSS
藤島慈ーSS
練習後 部室にて 梢「慈、何かしら?いきなり練習後に私と綴理に用事があるって」 綴理「????」キョトン 慈「ねえ。」 梢「どうしたの?」 慈「来月ってさ、もう3月だよね?」 梢「そうだけれども」キョトン 綴理「どうしたの、めぐ」キョトン 慈「2人とも、分からないの??」 こずつづ「??」  
1

【SS】慈「不意打ちバレンタイン」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
かほめぐーSS
日野下花帆ーSS
蓮ノ空ーSS
藤島慈ーSS
【慈部屋】 花帆「あ、慈センパイ!今いいコメントありましたよ!」 慈「おー?なんだい、花帆後輩よ」 花帆「『花帆ちゃんの好きな所を教えてください!』ですって!いやーいいコメントですね!」 慈「えー?それ、花帆ちゃんへの質問じゃないの?」 花帆「そんな訳ないじゃないですか!慈センパイ宛てですよ!慈センパイ!」 慈「冗談、冗談だって……そうだなあ…カワイイところ?」 花帆「ちょっ、ちょっと……そんなの、恥ずかしいですって!」 慈「まあまあ、それは冗談として、他にはねえ……」 花帆「冗談なんですか!?」
0

【SS】梢「バレンタインには秘密の贈り物を」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
こずめぐーSS
乙宗梢ーSS
蓮ノ空ーSS
藤島慈ーSS
梢(……私は夢見がちな性格だと、自分でも思っている) 梢(占いを見ては運命を夢想し、クリスマスの日にはサンタさんからのプレゼントが心から待ち遠しかった) 梢(何か、特別なものに対する憧れが人一倍あったように感じる) 梢「2月、14日……」ボソッ 梢(その日は、バレンタインデー……大好きな人に、チョコと共に愛を伝える記念日) 梢「大切な人から……もらってみたいものね」 梢(そんな特別な日に、私だけの秘密の贈り物がもらえたら……なんて) 梢(ふと、そんな妄想をしていた──)
0

【SS】さやか「それ何ですか?」花帆「梢センパイのえ  なイラストだよ」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
こずかほーSS
つづさやーSS
乙宗梢ーSS
夕霧綴理ーSS
日野下花帆ーSS
村野さやかーSS
蓮ノ空ーSS
藤島慈ーSS
さやか「梢センパイの...え?」 花帆「見たい?見せてあげるね!」 さやか「誰も見たいと言っていませんが!?」 花帆「じゃーん♪」 つ【恥じらう逆バニーガール乙宗梢】 さやか「なんですかなんですか!?///」 花帆「えへへ、いいよね~。ここの腕で隠しきれない大きなお胸が工  ポイントだよ!」 さやか「確かに...ではなくてですね。そのイラスト一体どうしたんですか?自分で描いたんですか?」 花帆「まさか~。あたしここまで上手に描けないよ~。これはね、慈センパイが描いてくれたんだよ!」 さやか「慈先輩が?」
1

【SS】慈「今日は綴理と一緒に配信するよ♡」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
つづめぐーSS
夕霧綴理ーSS
蓮ノ空ーSS
藤島慈ーSS
閲覧注意(工 )ーSS
慈「おっ始まった。ハロめぐ~」 綴理「ハロめぐ~」 慈「今回はめぐちゃんとつづたんの二人で仲良く配信をやっていくよ~。そういえば二年生になってから初めての組み合わせなんだよね♪」 綴理「そうなんだぁ~。頑張ろうねめぐ」 慈「うん♡」
0

【SS】花帆「慈先輩に何かされてないかって…おかしいですよねー♡」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
かほめぐーSS
日野下花帆ーSS
蓮ノ空ーSS
藤島慈ーSS
閲覧注意(工 )ーSS
梢「ねえ、花帆……」 花帆「なんですか?梢先輩?」 梢「その、慈に変なことされてないかしら…?」 花帆「変なこと…ってなんですか?」 梢「それは……その、ハッキリと言うのは難しいけれど……」 花帆「どういう事ですか?」 梢「そのー……例えば過度なスキンシップ、とか?」 花帆「…?慈センパイとスキンシップするのがいけないんですか?」 梢「いけない、という訳ではないけど…」 花帆「って、梢センパイが言ってましたよ♡」サワサワ 慈「ちょっと……花帆ちゃん、もうすぐ配信なのに……もまないで…んっ♡」 花帆「慈センパイは変なことしてないですもんねー♡」キュッ 慈「ちょ…あと一時間で…あっ♡さわりかた、やらしい……あっ♡」 花帆「あたしに変なことはされてますけど♡」  
1

【SS】花帆「慈センパイなんて大っ嫌いです!」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
かほめぐーSS
日野下花帆ーSS
蓮ノ空ーSS
藤島慈ーSS
なんの変哲もない晴れの日だった。 いつものように部室に集まり、 いつものように練習をこなす。 そしていつものように慈センパイに揶揄われて、いつものようにこう答える。 「慈センパイなんて大っ嫌いです!」 でも、いつもと違うことがひとつ。 それを口に出した途端、胸の奥がちくりと痛んだこと。  
1

【SS】慈「愛してる」 梢「!?!?///」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
こずめぐーSS
乙宗梢ーSS
蓮ノ空ーSS
藤島慈ーSS
慈「あははっ。そんなに照れちゃって可愛いな~梢は。」ニヤニヤ 梢「い、いきなり何よ?//」 慈「梢さ、愛してるゲームって知ってる?」 梢「知らないわ。」 慈「2人向き合って愛してるっ☆って言って照れた方が負け、というゲームだよっ☆」ニヤニヤ 梢「というゲームだよっ☆、ではないのだけれど。慈は何が言いたいのかしら?」 慈「え~察しが悪いなあ梢は~」ニヤニヤ
0

【長編SS】沙知「梢たちに男〇器が生えた」花帆「え!?」【ラブライブ!蓮ノ空】※閲覧注意

SS
SS
乙宗梢ーSS
夕霧綴理ーSS
大沢瑠璃乃ーSS
日野下花帆ーSS
村野さやかーSS
画像ー蓮ノ空
蓮ノ空ーSS
蓮ノ空メンバーーSS
藤島慈ーSS
閲覧注意(工 )ーSS
閲覧注意ーSS
■約150000文字■瑠璃乃「え、じゃあめぐちゃんだけじゃなくて、2年生みんな揃ってお休み!?」 さやか「はい。綴理先輩も珍しく起きていたかと思ったら『入ってこないで』と……」 花帆「誰かひとりならわかるけど、3人で揃ってなんて……お泊り会で夜ふかししてた……とか?」 さやか「花帆さんじゃないんですから……」 花帆「あたしは寝るの早いほうだよ!」 ピンポンパンポーン 沙知『あー、スクールアイドルクラブ1年、日野下花帆。村野さやか。大沢瑠璃乃。至急、生徒会室まで来るように。至急、至急ー』 瑠璃乃「もしかしてルリたち疑われてる!?」 花帆「ひぇ~!何もしてないのに!」 さやか「行ってみるしかありませんね……」
7

【SS】慈「大好きだよ、梢」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
こずめぐーSS
乙宗梢ーSS
蓮ノ空ーSS
藤島慈ーSS
練習後。 みんなが帰った後も部室に一人残り、他校のスクールアイドルたちの動画を見ていた。 今回のラブライブ大会決勝、もう少しのところで敗れてしまった悔しさを次こそ晴らすべく、日々のライバルの動向チェックは欠かせないからね。 ガラガラ 「慈、まだ残っていたの?」 声をかけてきたのは私の戦友であり、親友である乙宗梢。 「うん、ちょっと、ね。梢はどうしたの?」 梢の問いかけにそう答え、逆に質問を返す。
0

【SS】さやか「梢先輩に抱いてもらえば間接的に去年の綴理先輩と…」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
乙宗梢ーSS
村野さやかーSS
蓮ノ空ーSS
藤島慈ーSS
閲覧注意(工 )ーSS
梢「私はネコでされるがままだったから私を通して綴理を感じるのは難しいと思うの」 梢「慈だったら綴理にシていたように優しく抱いてくれるはずよ、さやかさんにとってはそちらの方がいいと思うのだけれど」 さやか「うーん……でも念のため梢先輩にもお願いしていいですか?梢先輩の自己申告はあまり信用できないので……」 梢「え、ええ…頑張るわ」
2
タイトルとURLをコピーしました