乙宗梢ーSS

【SS】吟子「先輩たちのセッ スを見てしまった」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
乙宗梢ーSS
日野下花帆ーSS
百生銀子ーSS
閲覧注意(工 )ーSS
~早朝~ チュンチュン(・8・) 吟子 「ふわぁ…… あれ? まだこんな     時間……?     朝練あるとはいえちょっと     早すぎるな……」 吟子 「早く目が覚めちゃったし、     朝練あるし部室で勉強しよ」ガサゴソ ーーーーー ー職員室ー 吟子 「あれ? 鍵がない?」 先生 「あぁ、鍵なら乙宗が借りていったぞ」 吟子 「!? こんな朝早くにですか!?」 先生 「ああ、部員たちが気持ちよく朝練     きるように準備したいから、だと」 吟子 「そうなんですか……!?」 先生 「うむ」 (乙宗先輩すご……) 吟子 「教えていただきありがとう     ございます」ペコリ 先生 「おう、朝練頑張ってなー」
2

【SS】にこ「そういえば今スク板ってどうなってるのかしら」【ラブライブ!】

SS
SS
スクスタ時空ーSS
ラブライブ!ーSS
ラブライブ!サンシャイン!!ーSS
ラブライブ!スーパースター!!ーSS
乙宗梢ーSS
小泉花陽ーSS
矢澤にこーSS
蓮ノ空ーSS
虹ヶ咲ーSS
1:名無しで叶える物語 (ワッチョイ dec2-6703) 2024/04/12(金) 01:37:49 ID:yYvvUSFw00 にこ「総合スレ覗いてみるか」   ...
7

【SS】梢「慈の、ASMR?」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
こずめぐーSS
乙宗梢ーSS
蓮ノ空ーSS
藤島慈ーSS
梢「エーエスエムアールって何かしら?」 慈「ASMR知らないの?簡単に言うとね、目や耳を刺激して感じる快感のことだよ。」 梢「快感?」 慈「そう、脳がぞわぞわってするんだよ」 梢「ぞわぞわ?」 慈「そ。ぞわぞわ。やってみる?」 梢「何をやるのかしら?」 慈「こずえ~、好きだよっ☆」ボソッ
2

【SS】梢「生えてしまったのだけれど......」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
乙宗梢ーSS
日野下花帆ーSS
蓮ノ空ーSS
藤島慈ーSS
朝 梢の部屋 鏡の前で立ちすくむ梢 梢「ど、どうしてこんなものが......」
3

【SS】梢「残響」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
こずかほーSS
乙宗梢ーSS
蓮ノ空ーSS
藤島慈ーSS
慈「ひま」 梢「……」ペラリ 慈「ひまひまひまひまひまーっ!」ジタバタ 梢「……」ペラリ 慈「……おい。無視すんな」バッ 梢「あっ、ちょっと慈! 返しなさい! 今いいところなんだから!」 慈「うっさい。私をほったらかして優雅に読書とか生意気すぎ! めぐちゃんに構えよ!」 梢「少しくらい待っていられないの? 我慢強く泰然自若と事を構える、それが──」 慈「あー、聞こえない聞こえない。めぐちゃんの耳は、たのしーことしか聞こえませーん」 梢「……もう、仕方のない娘ね。分かったわ。少しお話しましょうか」 慈「やり! じゃ、何話そうかな~。ん~……」チラッ ザァ~… 慈「うん、今は生憎の雨。昼間なのに薄暗くて、電気を付けなきゃ文字だって見えやしない。こういうちょっぴりオカルトな雰囲気の時は、怖い話をするに限るよね」
0

【SS】梢(花帆と沙知先輩が二人で話しているわ……)【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
乙宗梢ーSS
大賀美沙知ーSS
蓮ノ空ーSS
📞 慈『もしもし梢~? どしたの?』 梢「慈、急ぎのお願いなのだけれど、今から中庭に来てもらえるかしら。大至急。頼んだわね」 慈『は? ちょ』プツン
2

【SS】梢「梢先輩では抜けない……?」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
こずさやーSS
乙宗梢ーSS
村野さやかーSS
蓮ノ空ーSS
閲覧注意(工 )ーSS
梢「確かそう言っていたわよね?」 さやか「だって梢先輩ですよ?いやらしい目で見れるわけがないじゃないですかw」 梢「その割には随分と元気なのね…この子は」ツン
1

【SS】12話後のこずさやのやりとり【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
こずさやーSS
乙宗梢ーSS
村野さやかーSS
蓮ノ空ーSS
さやか「…あの梢先輩!」 梢「さやかさん?」 さやか「お部屋に戻る前に少しだけお時間良いですか?」 梢「えぇ大丈夫よ」 さやか「今回は…本当に、ありがとうございました。梢先輩のおかげで理由を見つけることができたので」 梢「私はただ思ったことを言っただけよ。でも…力になれたのならとても嬉しいわ」
0

【SS】梢「このノックは……さやかさん?」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
乙宗梢ーSS
日野下花帆ーSS
村野さやかーSS
蓮ノ空ーSS
しーん 梢「あら、入ってきていいのよ?」 梢「さやかさん?」ガチャ 梢「誰もいない………そう、そういうことね」 梢「気配を消しすぎよ───さやかさんっ」ブンッ どごっ さやか「ぐっ!?…………ガードしたのに…重っ……」
1

【SS】梢「では、本日の配信はここまで」 花帆「みんなありがとうね!」ポチッ【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
こずかほーSS
乙宗梢ーSS
日野下花帆ーSS
蓮ノ空ーSS
梢「…」 花帆「…」 『?』『切れてない』『w』 花帆「ふー今日の配信も楽しかったですね!梢センパイ!」 梢「ふふっそうね…今日は夜も遅いし、私は部屋に戻るわね」 『配信切れてないよ』『おい黙れ』『気づいてない?』 花帆「えーっ!?もっとお話ししましょうよ~梢センパ~イ!」 梢「ダメよ、明日だって早いんだから、それじゃおやすみ花帆」チュッ 花帆「っ!///こっ…梢センパイ!?」 『!?』『きたあああああああああああ』『ギフト投げてない奴~~~~wwwwwwwwww』 梢「ふふふ///それじゃあ…」ソソクサ
1

【SS】さやか「梢先輩とわたしが姉妹みたい…?」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
こずさやーSS
乙宗梢ーSS
村野さやかーSS
蓮ノ空ーSS
梢「ええ、シャッフル以前から好き好きクラブのみなさんの間ではよく言われていたらしいわよ」 さやか「……」 さやか「あの、ちょっとお耳いいですか?」 梢「どうしたの?何か内緒のお話かしら」 さやか「髪を失礼して……んしょ」ファサッ 梢「うふふ、くすぐったいわね」 さやか「すぅ~…………んんっ…」 「梢お姉様♡」ボソッ  
1

【SS】梢  「花帆みるく」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
こずかほーSS
乙宗梢ーSS
日野下花帆ーSS
蓮ノ空ーSS
閲覧注意(工 )ーSS
~乙宗家~ 梢母「はい、花帆さん、どうぞ」コトッ 花帆 「ほ、本当にこんな凄い料理     頂いてもいいんですか!?     わーい♪」 梢母 「ええ♪ わざわざ来てくださったの     ですから♪」 梢  「もうっ…… 花帆、そんなに     はしゃがないの」フフフ 花帆 「えーっ!? だって、こんなにも     美味しそうな料理見たら     誰でもはしゃいじゃいますよー!」     ニコニコ 梢母 「喜んでもらえて嬉しいわ♪     どうぞ、召し上がって?」 梢母 「お母様まで……」ハァ… 花帆 「やったー♪ 頂きます!」 花帆 「ぱくっ… わ! やっぱりとっても     美味しいです!!!     花帆の花丸爆発です!💮💮💮」     フラワー!!! 梢母 「あらあら、そんなに褒めて     もらえるなんて嬉しいわ♪     もっと食べていいのよ♡?」 花帆 「じゃあご遠慮なくっ!     いただきまーす!!!」パクパク! 梢母&梢 (ふふふ……♡)  
1

【SS】梢「ねえ、さやかさん、私を罵ってくださらないかしら?」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
こずさやーSS
乙宗梢ーSS
村野さやかーSS
蓮ノ空ーSS
梢とさやかちゃんの頭のネジぶっとんでます(特に梢) 昼なので許してください(誰も見てくれんやろの精神) めっちゃ短いし、脳死で書きます
1

【SS】梢「花帆に鬼と呼ばれたいのだけれど…」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
こずかほーSS
乙宗梢ーSS
日野下花帆ーSS
蓮ノ空ーSS
放課後 部室 梢「それでは花帆、練習に行きましょうか」 花帆「はいっ!」 つい先日まで行っていたシャッフルユニット企画は無事成功で終わり、いつものユニットでの練習の日々に戻る。 シャッフルユニットはそれはとても楽しかったのだけれど、ただ花帆と触れ合う機会が非常に少なくなってしまってどこか寂しくもあった。 それゆえに再びこうして花帆と練習が出来る日常に戻ったのはどこかほっとする、というか… いけないわ、今は練習中よ。私としたことが。
0

【SS】さやか「わたしは……寂しいです」梢「…っ」【ラブライブ!蓮ノ空】

SS
SS
こずさやーSS
乙宗梢ーSS
村野さやかーSS
蓮ノ空ーSS
~部室~ 梢「おはよう、さやかさん」 さやか「あ、梢先輩!」タッタッタ さやか「あの、お体はもう……?」 梢「すっかり元通りよ、これも全てさやかさんがお世話をしてくれたお陰ね」 さやか「いえ、わたしなんて全然ですよ」 梢「謙遜しなくてもいいのに……でもそういうところがさやかさんのいいところなのだけれど」ナデナデ さやか「えへへ」 梢(こういうところもね) 梢「さて、そろそろ練習を始めましょうか」
1
タイトルとURLをコピーしました