せつぽむーSS

【SS】歩夢「それで……せつ菜ちゃんの伝えたいことって、なあに?」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
せつぽむーSS
上原歩夢ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
歩夢「さっきぶりだね、せつ菜ちゃん」 せつ菜「そうですね、歩夢さん」 歩夢「それでさ、せつ菜ちゃん」 歩夢「屋上になんか呼び出して、どうしたの?」 せつ菜「えと……」モジモジ 歩夢「わざわざ私だけにメッセージを送って……もしかして、大事な話?」 せつ菜「……はい」 せつ菜「その……えっとですね……!」アセアセ 歩夢「汗すごいよ? 大丈夫?」 せつ菜「……ちょ、ちょっと気持ちの整理をさせてください!」 歩夢「う、うん」
1

【SS】歩夢「そういえばしずくちゃんって侑ちゃんにどういう本みせてたの?」【ラブライブ!虹ヶ咲】

A・ZU・NAーSS
A・ZU・NAーSS
SS
せつぽむーSS
上原歩夢ーSS
優木せつ菜ーSS
桜坂しずくーSS
虹ヶ咲ーSS
1:名無しで叶える物語(しまむら) 2022/05/07(土) 20:00:33.37 ID:nuMN4eGV しずく「ええっと、こういうものなんですけど…」 せつ菜「こんなに厚いノートに書いてきた...
1

【SS】歩夢「私とせつ菜ちゃんは相容れない存在なの!」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
せつぽむーSS
上原歩夢ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
せつ菜「歩夢さん!どうしてそんな事言うんですか!?」 せつ菜「私はあなたの事をこんなにも愛しているのに!」 歩夢「これを見てもそんな事言える?」ファサ せつ菜「そ、それは…」 歩夢「満月の夜、獣になるの…」 歩夢「牙は生え、爪は伸び、耳もこんな動物みたいに…」ピョコピョコッ せつ菜「可愛いですよ!」 歩夢「力も強くなったんだよ?」ドサッ せつ菜「うっ…」 歩夢「いつもはせつ菜ちゃんに守られてるのに逆転だね」グッ
1

【SS】せつ菜「歩夢さんとのゆめうつつ」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
せつぽむーSS
上原歩夢ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
――虹ヶ咲学園 就寝前 せつ菜(うふふ。またみなさんと合宿が出来てうれしいです!) せつ菜(練習もいつも以上に頑張ったし、料理も歩夢さんや彼方さんと一緒に作れて楽しかったです!) せつ菜(明日もあるので早く寝ないといけませんが……ワクワクしてちょっと眠れませんね) せつ菜(こういう時は目を閉じておきましょう。リラックスしておけばいずれ寝られるでしょうし) せつ菜(……) ???「……んしょ」モゾ せつ菜(!? だ、誰かが私の布団に入ってきました!)
1

【SS】せつ菜「もしあの3日間が無かったら、今の歩夢さんとの関係も友達のままだったのでしょうね……」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
せつぽむーSS
上原歩夢ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
■約12000文字■【DAY1】 せつ菜「皆さん!今日も練習お疲れ様でした!」 歩夢「お疲れ様~!」 かすみ「今日もかすみん頑張っちゃいました~!!」 エマ「今日も遅くなっちゃったね~。早く帰らないと。」 ガヤガヤワイワイ 歩夢「あれ?せつ菜ちゃん今日も残っていくの?」 せつ菜「はい!まだ生徒会の仕事が残っているので!」 侑「あんまり無理したらダメだよ?なんか私に手伝えることある?」 せつ菜「そう言ってくださるのは嬉しいのですが、侑さんこそ体を大事にしないとダメですよ?最近忙しそうですし。お気持ちだけもらっておきますね!」 侑「うーん、本当に忙しくなったらちゃんと頼ってよ?」 せつ菜「心配してくれてありがとうございます!」
1

【SS】歩夢「せつ菜ちゃんと寝そべり」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
せつぽむーSS
上原歩夢ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
侑「みんなーっ。企業さんから寝そべりのサンプルが届いたよー!」 エマ「すご~い!みんな可愛いねぇ♡」 彼方「これを抱きながらすやぴしたら、いい夢が見れそうだよ~」 かすみ「侑先輩のはないんですかー?」 璃奈「侑さんはマネージャーだから…でも侑さんのもほしい」
1

【SS】せつ菜「記念日デートの」歩夢「リクエスト」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
せつぽむーSS
上原歩夢ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
2022/04/12(火) 21:07:28.58 ID:Rc+3xSK+ せつ菜「あの、歩夢さん」 歩夢「ん?」 せつ菜「来週の日曜日なんですが…」 歩夢「うん」 せつ菜「何の日か…覚えて、ますか?」 歩夢「え?」
0

【SS】せつ菜(歩夢さんと恋人繋ぎをしてしまいました……!)【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
せつぽむーSS
上原歩夢ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
——告知動画撮影中 しずく「そこでお二人で手を繋いでください」 歩夢「わかったよしずくちゃん」 せつ菜「こんな感じでどうですか?」ギュッ しずく「いいんですけど……何か違うんですよね……」 しずく「もっと全てを預け合ったような、お互いを信頼しきっているぐらいの距離感が欲しいですね」 歩夢「だったら、こういうのはどう?」ギュッッ せつ菜「え、え!?///」 しずく「わあ! その繋ぎ方いいですね!」 せつ菜(こ、これって……!///) せつ菜(歩夢さんと恋人繋ぎをしてしまいました……!///)
0

【SS】歩夢「せつ菜ちゃんってさ…」 せつ菜「はい」 歩夢「おっ い大きいよね」 せつ菜「はい!?」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
せつぽむーSS
上原歩夢ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
歩夢「私より身長低いのに私よりお ぱい大きいなんてなんかズルい……」 せつ菜「そ、その……あまりそういうこと言われると……」 歩夢「興奮しちゃった?」 せつ菜「違います!」
0

【SS】せつ菜「スカーレットの衝動」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
せつぽむーSS
上原歩夢ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
■約15000文字■私、優木せつ菜は、吸血鬼である。 吸血鬼と言っても、ちょっと力が強いのと、傷の治りが速いくらいで、これといって特殊な能力はない。 身体を蝙蝠に変化させたり、空を飛んだり、魔法でも使えたりすれば、アニメやラノベのキャラみたいでかっこいいのだけれど。 自分が吸血鬼ってわかったのは、ちょうど三か月前くらい。同好会の練習中、外でランニングをしている時のことだった。 歩夢「いったた……」 かすみ「わっ! 歩夢先輩!? 大丈夫ですか!?」 歩夢「転んじゃったみたい……」 愛「うわー、結構すりむいちゃってるね。誰か絆創膏持ってない?」 彼方「彼方ちゃん持ってるよ~」 愛「カナちゃんナイス! じゃあどっかで洗おっか」
0

【SS】せつ菜「推しの夢を見て、何が悪いんですか!」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
せつぽむーSS
上原歩夢ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
菜々「……よし、できた……! これをSNSに投稿して……ふふ、今日も世界を(萌えで)救ってしまいましたッ!」  別のSNSで投降した作品の宣伝をして、私はPCを閉じました。  『夢小説』……物語の登場人物に自らの名前を当てはめる形で書かれた創作物のことを指します。  正式には『ドリーム小説』と呼ぶそうです。  最近は男性物の夢小説もあるようですが、夢小説は主に女性向け。  その内容はキャラクターとの恋愛話が多く、まさに『ドリーム』の名にふさわしい物となっています。名前の由来もそのままとのことです。  しかし、夢小説で描かれるのはキャラクターとの恋愛話だけではありません。  夢小説には少数ですが、アイドルや声優さんなどの物もあります。いわゆる、『ナマモノジャンル』というものです。  ナマモノジャンルには私たちスクールアイドルも入れられます。
1

【SS】歩夢「時々」せつ菜「両想い」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
せつぽむーSS
上原歩夢ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
歩夢「せつ菜ちゃんさ」 せつ菜「なんでしょうか?」 歩夢「菜々ちゃんさ」 せつ菜「何故言い直したのですか」 歩夢「私のこと、好き?」 せつ菜「...」 歩夢「私のこと、好き?」 せつ菜「嫌いですが」 歩夢「ふーん」  
0

【SS】果林「バレンタインのお返しはキスでいいかしら♡」 かすみ「はい!?///」 せつ菜(なるほど…///)【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
せつぽむーSS
上原歩夢ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
せつ菜「あ、歩夢さん…!!」 歩夢「どうしたの?」 せつ菜「っ……うう……えいっ!!」チュッ 歩夢「!?///」  
2

【SS】せつ菜「ホワイトデーにもらって嬉しいものを教えて下さい、かすみさん!!」歩夢「……」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
せつぽむーSS
上原歩夢ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
~部室~ せつ菜「かすみさん、一生のお願いですっ!!」 かすみ「えー?」 せつ菜「かすみさんの主観で構いませんからっ!!」 かすみ「……」 せつ菜「……」 かすみ「……」 せつ菜「っ……」 かすみ「……なんでかすみんがせつ菜先輩の恋の手助けをしなきゃならないんですか?」 せつ菜「ふぇぇっ!?そ、それは……////」 かすみ「……」 せつ菜「うぅぅ、そのっ、私の感性は標準的な女の子からしたらちょっと離れかけているとことがあるからというか、せっかくなら可愛いものをプレゼントしたいからというか……////」 かすみ「……」 せつ菜「……とにかくっ!かすみさんしか頼れる人がいないのですっ!!////」 かすみ「えぇ~?」
0

【SS】歩夢「せつ菜ちゃんってさ、ショートケーキみたいだよね」【ラブライブ!虹ヶ咲】n

SS
SS
せつぽむーSS
上原歩夢ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
——喫茶店 店員「お待たせしました。ショートケーキお二つお持ちしました」 歩夢「あ。ありがとうございます」 店員「ごゆっくりどうぞ」 歩夢「せつ菜ちゃんはショートケーキのいちご、最初に食べる? それとも最後?」 せつ菜「歩夢さんは最後にとっておくタイプですよね」 歩夢「そうだね。やっぱり、好きなものは最後に取っておきたいかな」 せつ菜「私は、そうですね……」 歩夢「まって。当ててみていい?」 せつ菜「どうぞ」
0
タイトルとURLをコピーしました