【SS】見た奴は自分が見たいゆうせつのシチュを挙げていくスレ【ラブライブ!虹ヶ咲】 | ラブライブ!まとめ ぷちそく!!

【SS】見た奴は自分が見たいゆうせつのシチュを挙げていくスレ【ラブライブ!虹ヶ咲】





ゆうせつゆうせつ SS
1: 2021/06/13(日) 14:00:45.36 ID:nsGrVRAd
みんな見たいゆうせつを存分に語ってくれ
ゆうななでも可

7: 2021/06/13(日) 14:06:58.63 ID:YDjaWVpH
2人で淫夢鑑賞

29: 2021/06/13(日) 15:07:15.76 ID:gEHtsBRD
ゆうせつてかゆうななかもだけど詰められないまま放置してたやつを供養させてください。

侑の事を沢山考えるようになった菜々。
ファンとして自分を受け入れてくれた、ファンとして特別な存在だからと理由づけしていたが、やがてこれは恋心かもしれないと気づく。しかし、スクールアイドルに専念するため、想いは伝えないことに決め、気持ちを隠したまま日々を過ごしてゆく。
だが、同じ時間を過ごせば過ごすほど、想いは膨れ上がる。ある日、侑とふたりでアニメ映画を観に行く事になるが、最近の様子を心配して気にかけてくれた侑に思わず抱きついてしまう。「悩みがあるなら自分でよかったら話してよ」と言う侑に、隠している大好きがある、溢れ出そうでこわい、と打ち明ける菜々。この時点でも言うつもりではなかったのに、一度溢し始めると止まらなくなる。

侑「せつ菜ちゃん……菜々ちゃんの大好きを私は否定しない。私の大好きなスクールアイドルの優木せつ菜ちゃんは人の大好きを大切にする人で、私もそうなりたい、そう在りたいって思うんだ。」

菜々「……きっと、優木せつ菜に出逢う前から、いえ、最初から、貴女はそういう人でしたよ。」

菜々「私のスクールアイドルが大好きな気持ちを受け止めてくれた。背中を押してくれた。大好きを諦めさせなかった。……そんな貴女だから、私は、ッ……」

侑「菜々ちゃん……?」

菜々「(ああ、言わないつもり、だったのに。言ってしまったら、だめなのに。なのに、止まらない。ごめんなさい。やっぱり、私はーーー)」ギュ

侑「どうしッぅわ!?」

菜々「侑さん、すきです」

32: 2021/06/13(日) 15:20:30.04 ID:ADuN7xgc
>>29
こういう胸が苦しくなるゆうせつ本当に好き
供養とは言ってるけど、ここなり別スレなりでいつか書き直してくれてもええんやで

36: 2021/06/13(日) 15:38:20.02 ID:gEHtsBRD
>>32
自分も胸苦系好きです!嬉しいですありがとうございます!

シチュ自体は他の方にお料理して頂ければハッピーではありますが、自分でも詰めてみようかと思います……!

3: 2021/06/13(日) 14:05:02.22 ID:0cUP0GI0
何者かの奴隷となった二人が命令されて逆らえずレ セ

10: 2021/06/13(日) 14:12:41.19 ID:qXo+Eakg
ご主人『二人とも。ちょっと盛り上げてみせてよ』

菜々「も、盛り上げると言われても、なにをすれば…」

ご主人『んー、じゃ侑。菜々の胸でも揉んで』

ゆうなな「「えっ!?」」

侑「そ、それは…」

ご主人『やるよね?』ギロ

侑「うっ…」

菜々「………大丈夫ですよ、侑さん。今は従うしかありませんから」

侑「で、でも。菜々ちゃんにそんなこと…」

菜々「あんな人を楽しませるために、というのは癪に障りますが。侑さんなら私が本当にイヤがることなどしないでしょう?」ニコッ

侑「菜々ちゃん…」

ご主人『ほーら、早く』

菜々「侑さん」

侑「……わかった。ごめんね、菜々ちゃん」

菜々「いえいえ」ニコ…

14: 2021/06/13(日) 14:19:16.96 ID:qXo+Eakg
菜々 スッ

……………フルン… (たわわ

侑「……っ、おっ…き……」ゴクッ

菜々「ちょ、ちょっと侑さん。なにか変な感想が漏れていますよ…//」

侑「あ、ご、ごめん。生で見ると迫力がすごくって」

菜々「み、見なくていいですから。というか、あまり見ないでください…」フイッ

ご主人『あー、だめだめ。菜々、侑の目見て。お互い見つめ合ったままね。目そらしたり瞑ったりしたらアウトってことで』

菜々「なっ…!」

侑「……菜々ちゃん」クイッ

菜々「っ、侑さん…」

侑「菜々ちゃんは私のこと見てて。ちゃんとお互いの目を見てれば、どんなことしてたって私達は大丈夫だよ」

菜々「そう、ですね…。侑さんには衣装のサイズだって何度も測られていますし、こんなの恥ずかしくもなんともありません」

侑「じゃあ、えっと、し…失礼します…」ソッ

菜々 ゴクリ…

…………フニ…

菜々「ふっ…!」ビクッ

17: 2021/06/13(日) 14:26:04.85 ID:qXo+Eakg
ご主人『おー、いったいった』パチパチ

菜々 (くっ、あのゲス…!)

フニ…フニ……

菜々「はぅ…」

侑 (え、なにこれ……やわらか…っ!!)

侑 (サイズを測ったことだってあるし、自分の身体だって毎日洗ってる。お風呂でふざけて歩夢の胸を揉んだりしたことだってあるけど…)

フニッ

侑 (こんなの……っ)

侑 (それに、なによりも)

菜々「っふ……ぁ、…んんっ……」ピクッ ビク

侑 (私が指を動かすたびに菜々ちゃんの吐息が、熱く…伝わる……)

侑 (いつもの凛々しい菜々ちゃんでも、ステージ上のカッコいいせつ菜さんでもない)

侑 (初めて見る、菜々ちゃんの表情…)

侑「────」ゴク…

菜々「も、もう……じゅうぶん、でしょう…」ハァ

ご主人『んー、まあいいけど。でも、侑にも確認しといたら?もうやめるかどうか』

菜々「な、なにを…ハァ……ゆう、さん。もうやめていいと…」

侑「…………菜々ちゃん、私……」

菜々「ゆう、さん…?」


>何者かの奴隷となった二人が命令されて逆らえずレ セ

4: 2021/06/13(日) 14:05:42.36 ID:hMAkfKhJ
初めて侑ちゃん家にあがるせつ菜

21: 2021/06/13(日) 14:38:05.13 ID:qXo+Eakg
-高咲ノ家-


せつ菜「お、お邪魔します」カチコチ

侑「あはは、そんなに緊張しなくていいよ。友達の家にあがるの、初めて?」

せつ菜「はっ、はい。学校が終わったらまっすぐ帰るようにと育てられたのでっ」

侑「今日は平気なの?」

せつ菜「昨日、父と母に話しておきました。七時までに帰るなら行ってもいいと」

侑「そっか、よかった。じゃ一応六時半にアラームかけとこっか」スマスマ

せつ菜「そ、そこまでしていただかなくても…」

侑「だって万が一帰るのが遅れちゃったら大変だもん。今日ちゃんと約束通りに帰ったら、また行ってもいいってことになるだろうしさ」

侑「きちんと積み重ねていけば、きっと少しずつ自由に遊ぶの認めてくれるようになるよ」

せつ菜「侑さぁん…!」ウルウル

侑「ほらほら、そしたら時間は有限だよ。なにしよっか」

せつ菜「そ、そうですね。限られた時間を大切に使わなくては。んー………あ、あれは…!」

22: 2021/06/13(日) 14:40:20.04 ID:qXo+Eakg
侑「ん?」

せつ菜「なっ、なぜこのアニメのブルーレイが侑さんのお家に!?」ササッ

侑「あー、なんか叔父さんが制作だか販売だかに関わった?らしくて。お正月に会ったときくれたんだ。好きなの?」

せつ菜「原作が!大好きなんです!ですがこのクールは受験シーズンだったこともあってアニメを観る余裕なんかなくて、いつか……いつか絶対に観ようと思っていたものでぇぇ…っ!」ワナワナ

侑「あはは、そうなんだ。一緒に観る?」

せつ菜「いいんですか!!!」カッ

せつ菜「いやでも、今からでは観れてもせいぜい四話。しかもせっかく侑さんのお宅にお邪魔しているというのにアニメを観て過ごすだなんて…」

侑「私はいいよ、せつ菜さんのやりたいことやろうよ。一緒に観たらきっと楽しいよ」

侑「それに、これから何回だって遊びにきてくれるでしょ?それなら全話観れるじゃん」ニコッ

せつ菜「──観ますっっ!!!」キャーッ

侑「ココアいれてくるから、準備しといて」

せつ菜「はいっ!」

>初めて侑ちゃん家にあがるせつ菜

6: 2021/06/13(日) 14:06:03.28 ID:VeGzyeeY
はじめは押し倒すのにエ チでは最終的に下になっちゃうせつ菜ちゃん

25: 2021/06/13(日) 14:51:26.34 ID:qXo+Eakg
ワァァァァァァァ…………ッッッ


せつ菜「はぁ……っ、はあ…」

侑「せつ菜ちゃん、お疲れ様!」タタタ

せつ菜「侑さん」

侑「はいお水。タオル……は、いいや。私が汗拭くからそこに座って」

せつ菜「はい」ストン

侑「飲める?」

せつ菜「ありがとうございます。………ゴクゴク……ぷは…」フゥ

侑「今日もすごかったね、みんな大盛り上がりだったよ。私も最前列で応援したかったなあ。身体が二つあれば運営のお手伝いとどっちもできるのに」フキフキ

せつ菜「侑さん」

侑「うん、なに?」

せつ菜「今日の私、カッコよかったですか?」

侑「もっちろん!とびっきりカッコよくて、とびっきり可愛くて、最っっっっ高だったよ!!」

せつ菜「もっと、好きになってくれましたか…?」

侑「当たり前だよ。私、せつ菜ちゃんのステージ観るたびに、これ以上ないってくらいどんどん好きになっていっちゃう。ほんとだよ」

せつ菜 ギュッ…

侑「…せつ菜ちゃんってば、甘えんぼさんなんだから」ナデナデ

26: 2021/06/13(日) 14:57:46.23 ID:qXo+Eakg
せつ菜「侑さんの匂いがします」スンスン…

侑「そうだね」ギュ

侑「こうしてると、せつ菜ちゃんの匂いがする」スン

せつ菜「今の私は汗のニオイしかしませんよ」

侑「それだけじゃないよ。ステージを本気で駆け抜け終えた、せつ菜ちゃんの匂い」クンクン

せつ菜「…………」グイッ

侑「ん…」ヨロ

せつ菜 グイィ…

侑「せつ菜、ちゃん?」ヨロ… ポテ

せつ菜「今、私。無性に」

せつ菜「貴女が──欲しい」

侑「誰か来ちゃうかもよ?」

せつ菜「構いませんよ。そんなのどうだっていいくらい、全身で貴女を感じたいんです」ハァ…

侑「うん、いいよ。──────でも」

せつ菜「え?」

侑「いっぱい頑張ったばっかりの人に、無茶はさせられないなあ」ヨイショ

せつ菜「え、ちょっ、侑さん!」クルン… ポテ

せつ菜「ちが、今は私が貴女を…」アセ

侑「そんな大きな声出さないでよ。私にだけ囁いてくれればいいから」スッ

侑「……ねっ♡」


<あっ侑さんやだ私が…………あああぁぁぁぁぁ~~~~~~~っ♡♡


>はじめは押し倒すのにエ チでは最終的に下になっちゃうせつ菜ちゃん

27: 2021/06/13(日) 15:00:03.50 ID:qXo+Eakg
淫夢みたことなくてわからないので他の方に任せます><

8: 2021/06/13(日) 14:07:15.04 ID:mhG7TEZO
侑ちゃんも一緒にトレーニング

30: 2021/06/13(日) 15:08:29.18 ID:qXo+Eakg
せつ菜「今日は私達だけなんですか?」

侑「うん。これだけ誰もいないんじゃ仕方ないし、今日は部活お休みにする?」

せつ菜「いえ、元々同じ練習メニューをこなしている部分はそう多くないですからね。毎日やっていることを休むのも気持ちが悪いので、私は練習します」

せつ菜「張り合いもないでしょうし、侑さんは……その、退屈なら今日は帰っていただいても…」

侑「ううん、練習してるせつ菜ちゃん置いて私だけ帰るなんてヤだよ。もちろん付き合うってば」

せつ菜「そ、そうですか?」

侑「っていうか、一緒に練習してもいい!?」

せつ菜「え?」

侑「私、前からみんなと一緒に練習してみたかったんだよね。でもタイム測ったり色々やらなくちゃいけなかったからできなくってさ」

侑「せつ菜ちゃんさえ邪魔じゃなかったら、私も一緒にやっていいかな?」

せつ菜「それはもちろん構いませんが、その…平気ですか?普段からやり慣れていないと、そこそこハードだと思いますが…」

侑「任せてよ!これでも私、みんなの振り付けだって覚えてるし休みの日とかたまに踊ってみたりしてるんだから!」

せつ菜「は、はあ。それなら今日は侑さんと二人でトレーニングですね」

侑「うん!」

31: 2021/06/13(日) 15:14:22.31 ID:qXo+Eakg
-柔軟-

せつ菜「よっ」グニー

侑「よっ」グ…

せつ菜「侑さん、結構やわらかいんですね」

侑「ふふん、でしょ?昔はつま先まで届いたんだけどな…」プルプル

せつ菜「やっていないとなまってしまうものですよね。でもそれだけできれば充分だと思いますよ」


-筋トレ-

せつ菜「ふっ、ふっ、ふっ……」

侑「ふっ………ふ、うっ…………………っ、ぅ、………っく…………」

せつ菜「無理をしないでくださいね。身体の許容範囲を超えて筋力トレーニングをするのは過剰に負荷がかかってしまうだけですから」

侑「う、うん。やっぱり、普段からやってる人とは、おんなじように、できないね」ハァハァ

せつ菜「すごく息があがっていますよ。少し休憩しましょうか」

侑「うん」ヘタ…

33: 2021/06/13(日) 15:20:40.86 ID:qXo+Eakg
-歌-

せつ菜「♪そう高く 果てなく 明日へと導くよ 私だけの光放ちたい DIVE!」

せつ菜「♪自信なくして ただ 心に鍵かけて 響く自分の声に 耳塞いでた」

せつ菜「♪ホントはいつだって わっていたんだよ いちばん………」

侑「せつ菜ちゃん、どうかした?」

せつ菜「いえ、侑さん歌ってますか?」

侑「ううん、歌ってないよ」

せつ菜「えっ、どうしてですか!?」

侑「やっぱりせつ菜ちゃんの歌って好きだなーと思って。私も一緒に歌ったら聞こえなくなっちゃうもん」

せつ菜「ゆ、侑さんってば。一緒にトレーニングするんじゃなかったんですか?」

侑「歌は私お休み。ね、もっと歌って」

せつ菜「それは構いませんけど…変な人ですね」

侑「あ、ひどいな~せつ菜ちゃん」

せつ菜「ふふ、冗談ですよ」クス

せつ菜「えーと…コホン  ♪一番大切なもの ここにあること──」

侑「………♪」

34: 2021/06/13(日) 15:27:23.32 ID:qXo+Eakg
-ダンス-

せつ菜 キュッキュッ タン!

侑 キュッ、キュッ、 …タン!

せつ菜「本当に覚えているんですね…!」

侑「そりゃ、私も一緒に考えたんだし、もう何百回も見てるからね」ヘヘ

侑「でも全然だめだ。曲の速さにもついていけないし、せつ菜ちゃんと全然違うや」

せつ菜「そんなことないですよ。だって、覚えているのって私の曲だけじゃないですよね?日々専門でやっているわけでもないのに、そのレベルで覚えているのはさすがです」

侑「いつもね、みんなの曲を踊ってみると思うんだ。せつ菜ちゃんらしいな、かすみちゃんらしいな、歩夢らしいな、って」

侑「こんなに個性的で素敵なメンバーが集まってる同好会に携われるなんて、すっごく幸せだなって」

侑「そんな風に考えてると、ついついずっと踊っちゃうんだよね。お母さんにも『お風呂入った後に汗かかないでよ』とか怒られちゃってさ」アハハ

せつ菜「夜にやっているんですか?下の階の方から苦情が来ても知りませんよ」クスクス

侑「気を付けまーす」クスクス


>侑ちゃんも一緒にトレーニング

9: 2021/06/13(日) 14:08:09.49 ID:nsGrVRAd
俺も挙げとく

キスマークを付けられて「せつ菜ちゃんは私のものだよ」って言われたいのに、侑ちゃんは「せつ菜ちゃんはみんなのスクールアイドルでもあるから」ってキスマークを付けてくれないゆうせつ

38: 2021/06/13(日) 15:47:30.49 ID:qXo+Eakg
せつ菜 ハム…

侑「っ…」

せつ菜「ここ、いいですか?」

侑「そこ…制服だったら見えない…?」

せつ菜「………」

せつ菜 ハム… チュ……

侑「ん、はぅ…」ビク

せつ菜 チュ……チュウ… ……プハ

せつ菜「見えます」ペロッ

侑「せ、せつ菜ちゃん!?」/// ガーンッ

せつ菜「こうしておけば、侑さんは私のものだって一目瞭然ですよね」

侑「せつ菜ちゃあん…また果林さん達にいじられちゃうよ~…」

せつ菜「侑さん」ギュッ

せつ菜「ん」スイ

侑「…言ってるでしょ、私は付けないよ」

せつ菜「………私は、侑さんのものですよ。侑さんだけの私です」

侑「菜々ちゃんは、私だけの大切な人だよ。でも、せつ菜ちゃんはみんなのスクールアイドルでもあるから」

侑「ね?」

せつ菜 ムーーッ…

せつ菜 ハムッ

侑「あっ、そこめっちゃ濃く付いちゃうとこじゃない!?だめだよせつ菜ちゃん、まだ水曜日…」

せつ菜 チュウウウウウウウウウッッ

侑「あぁぁ……っ」ビクリンビクリン


>キスマークを付けられて「せつ菜ちゃんは私のものだよ」って言われたいのに、侑ちゃんは「せつ菜ちゃんはみんなのスクールアイドルでもあるから」ってキスマークを付けてくれないゆうせつ

11: 2021/06/13(日) 14:14:49.08 ID:hMAkfKhJ
ハグして良い匂いだなって思う侑ちゃん

41: 2021/06/13(日) 15:59:06.34 ID:qXo+Eakg
侑「菜々ちゃん」

菜々「なんですか?」

侑「ぎゅってしてもいい?」

菜々「いいですよ」

侑 ギュッ

侑 ギュー

侑 スリスリ…

菜々 ギュ

侑 ……スンスン

菜々「今、ニオイかぎましたか?」

侑「ううんすぅぅうう~~~」

菜々「隠す気ありませんよね?」

侑「菜々ちゃんの匂い、好きだなあ…」プハァ

菜々「ふ、普通のニオイでしょう…」//

侑 (幸せ…)

菜々 (いちいち許可を取らなくても、いつだってこうしてくれていいのにな…)


>ハグして良い匂いだなって思う侑ちゃん

12: 2021/06/13(日) 14:15:00.08 ID:42C7mi20
夜、侑ちゃんがchase伴奏弾いて せつ菜ちゃんが静かにchase歌う

47: 2021/06/13(日) 16:43:13.35 ID:qXo+Eakg
せつ菜「ピアノを、やめたい…?」

侑 コク…

せつ菜「どうしたんですか。自ら決意して進んだ道じゃないですか」

侑「………周りのみんな、ね。親が音楽関係の子だったり、昔から習ってた子だったりして、みんな…すごいんだ」

侑「初めて聴いた曲も楽譜見るだけですぐに弾き始めちゃって、十回も弾けば、もう完璧なくらいで」

侑「私なんか、楽譜と曲を何回も比べてやっと弾き方がわかるくらいなのに。弾けても、誰かに聴かせられるようなものじゃない。なんとか最後まで間違わないのが精いっぱいで」

侑「音楽科だけでもあんなにたくさんすごい人がいるのに、そんな中で、なんで私なんかがピアノ弾いてるんだろうって」

侑「こんなに遅くからピアノを始めて、それでどうなるんだろうって」

侑「思っ、ちゃって」

侑「あ、あはは……情けないよね。あんまりだよね。みんなに応援してもらって、転科試験まで受けたっていうのに」

侑「でも、でもね…私、もう……」

せつ菜「侑さんがピアノを始めたのは、なんのためでしたっけ?」

侑「え?」

せつ菜「すごい音楽家になりたいんでしたっけ。それとも、音楽の道で食べていきたいんでしたっけ」

侑「えっと…」

せつ菜「もちろん、高校での学びを将来に活かすことはとても大事なことでしょう。それは絶対に将来の選択肢の一つになり得ることだと思います」

せつ菜「ですが、そうじゃなくて。なんのために、なにがしたくて、あなたはピアノを『始めた』んですか」

せつ菜「私達のためでしょう?」

侑「……!」

48: 2021/06/13(日) 16:45:03.94 ID:qXo+Eakg
せつ菜「音楽の知識をつけて、技術を得て、私達を応援してくれるためだったはずでしょう」

せつ菜「その気持ちはもう消えてしまいましたか?」

侑「ううん…ううん、消えてなんかないよ。少しも」

せつ菜「私達だって、あなたに苦しんでほしくて音楽科への転科を応援したわけじゃありませんよ。あなたが自分の『大好き』に近づくために決めたことだから応援したんです」

せつ菜「迷ったときは何度だって立ち止まって構いません。怖くなったら始めに戻ればいい」

せつ菜「この広い虹ヶ咲学園の中、どこでしゃがみ込んでしまおうが私達が必ずあなたの元に駆けつけますよ。そのたびに手を取り一緒に前に進みましょう」

せつ菜「侑さん。この世界に、弾かなくちゃいけない曲なんか一曲もありません。ピアノを叩く手は、いつだって弾きたい曲のためにあるべきだと私は思います」

せつ菜「弾いてくださいよ。あなたのピアノが聴きたいんです」

侑「せつ菜ちゃん…」

侑「……ありがとう。そうだよね。私、大事なこと忘れてた」

侑「弾きたいんだ。大好きなみんなのために、大好きな曲を弾きたいから、私はピアノを始めたんだ」

侑「聴いて、くれる?」

せつ菜「もちろんです」ニコッ


侑 スゥ────


──────♪…………

せつ菜「♪走り出した 思いは強くするよ 悩んだら君の手を握ろう──」


>夜、侑ちゃんがchase伴奏弾いて せつ菜ちゃんが静かにchase歌う
静かに歌う表現って難しいですね

52: 2021/06/13(日) 23:09:41.12 ID:MZMm434n
コスプレ家デート!
no title

53: 2021/06/13(日) 23:31:24.81 ID:VeGzyeeY
>>52
有能

引用元: https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1623560445/

おすすめ記事(外部)
ラブライブ! おすすめ記事(外部)
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました