【SS】千砂都「急に雨降ってきちゃったね」かのん「あ、あそこ休憩できるって」【ラブライブ!スーパースター!!】

SS


1:(ぎょうざ) 2021/12/14(火) 21:46:45.10 ID:pQVbU2ys
千砂都「え!? いやあれは──」

かのん「にわか雨だから3時間も休憩してれば止むよ?」

千砂都「でもあの休憩はそういうのじゃなくて!」

かのん「ちょっと雨で濡れちゃったしホテルみたいだからお風呂も入れるかも!」

千砂都「入れるかもだけどあれはダメなの!」

かのん「値段もそんなに高くないしいいじゃん!」グイッ

千砂都「ちょ、ちょっと! かのんちゃん!」
 

2:(ぎょうざ) 2021/12/14(火) 21:49:58.51 ID:pQVbU2ys
──

かのん「わー、ひろーい!」

かのん「見て見てちぃちゃん、大きなベッド!」

かのん「でもベッドに飛び込む前にお風呂入らなきゃ!」

千砂都「そ、そうだねー」

千砂都(え、こういうところって女の子同士、しかも高校生で入れちゃうものなんだ……)

千砂都(いやいや、かのんちゃんはここが何か知らないみたいだし、私が意識しなきゃいいだけ……)
 
3:(ぎょうざ) 2021/12/14(火) 21:53:31.34 ID:pQVbU2ys
かのん「じゃ、お風呂入ろっか」

千砂都「うん、先入ってきていいよ」

かのん「え、2人で一緒に入るんだよ?」

かのん「さっきお湯はるために見てきたけどおっきかったし」

千砂都「えっ」

かのん「だって濡れたまんまじゃ風邪ひいちゃうでしょ?」

千砂都「いやいや、部屋あったかいから大丈夫だって」

かのん「もう、昔から一緒にお風呂入ってるじゃん」

かのん「何今更恥ずかしがってるの?」クスクス

千砂都(ここじゃなかったらそんなに恥ずかしがってないの!)
 
5:(ぎょうざ) 2021/12/14(火) 21:58:14.42 ID:pQVbU2ys
かのん「うーん、まだちょっとお湯たまりきってないかなあ」

かのん「でもシャワー浴びてればたまるか」

かのん「ちぃちゃん、服脱がせてあげるね」

千砂都「いやいやいや、いつもそんなことしないじゃん!」

かのん「昔はよくやってたでしょ?」

かのん「ちぃちゃんが転んじゃって泣いてる時とかよく脱がせて一緒にお風呂入ってたじゃん」

千砂都「それは、そうだけど……」

かのん「はい、ばんざーい」

千砂都「……」

かのん「しないと脱がせられないよ?」

千砂都「……ばんざーい」
 
8:(ぎょうざ) 2021/12/14(火) 22:05:57.13 ID:pQVbU2ys
かのん「身体洗ってあげるね」

千砂都「それはさすがに恥ずかしいからだめ!」

かのん「いいから」

千砂都「かのんちゃんくすぐったい!」

かのん「わ、ちぃちゃん肌すべすべ」

かのん「いいなー」

千砂都「か、かのんちゃんだってすべすべだよ!」
 
10:(ぎょうざ) 2021/12/14(火) 22:10:22.94 ID:pQVbU2ys
──

かのん「一緒にお風呂に入るのなんていつぶりだろうね」

かのん「温泉とかではあるけどこういうお風呂だとそれこそ小学校低学年ぶり?」

千砂都「……最後に入ったのは4年生の時かな」

かのん「よく覚えてるね、あの頃辺りから2人で入るには狭くなっちゃったもんね」

かのん「うちのお風呂もこういうおっきいお風呂だったら一緒に入れるのになあ」

千砂都「うん……」ブクブク

かのん「小さいお風呂だとさ──」ギュッ

千砂都「!?」

かのん「こんなになっちゃうもんね」クスクス

千砂都「ちょ、ちょっとかのんちゃん! 急に抱きつかないで!」

かのん「ごめんごめん」クスクス
 
14:(ぎょうざ) 2021/12/14(火) 22:16:19.46 ID:MA+zBZid
──

かのん「ふぅ、いいお湯だったねー」

かのん「バスローブもあるし、これであの値段だったら安いね」

千砂都「……うん」

かのん「とうっ!」ボフッ

かのん「大きなベッド気持ちいい……」

千砂都「恋ちゃんの家でもおっきいベッドで寝てたもんね」

かのん「やっぱり大きなベッドだと体伸ばせるし最高!」

かのん「ちぃちゃんもおいで」チョイチョイ

千砂都「私はソファに座ってるよ」

千砂都「コーヒーと紅茶どっちがいい? インスタントのサービスがあるから折角だし──」

かのん「むーっ……」
 
16:(ぎょうざ) 2021/12/14(火) 22:19:38.60 ID:pQVbU2ys
かのん「ちぃちゃん!」グイッ

千砂都「わっ!」ドサッ

かのん「一緒に横になろ?」

かのん「くっついてた方があったかいよ?」

千砂都「……かのんちゃんはさ」

かのん「?」

千砂都「どうしてそんなに誘惑するの!?」

かのん「え?」

千砂都「ここに連れてきたのもかのんちゃんだし、一緒にお風呂に入ろうって言ったのもかのんちゃんだし、それで一緒に寝ようって!」

千砂都「どういうつもり!?」

かのん「え、えっと……」
 
20:(ぎょうざ) 2021/12/14(火) 22:25:15.29 ID:pQVbU2ys
千砂都「かのんちゃんはここがなんなのかわかってないからそうしていられるんだよ!」

かのん「……」

千砂都「……ごめん、私ソファの方いくね」

かのん「……」ギュッ

千砂都「離して!」

かのん「離さない!」

千砂都「離してくれなきゃおかしくなっちゃうの!」

千砂都「私、かのんちゃんを傷付けたくない!」

かのん「っ!」
 
22:(ぎょうざ) 2021/12/14(火) 22:28:27.85 ID:pQVbU2ys
かのん「ねえ、ちぃちゃん」

かのん「ここ、ラブホテルだよ?」

千砂都「えっ」

かのん「私だって高校生なんだからそれくらい知ってるよ?」

かのん「何するところなのかも」

千砂都「え、じゃあかのんちゃんは──」

かのん「最初からそのつもり」

かのん「ちぃちゃん全然襲ってくれないんだもん」

千砂都「だ、だだ、だって! 何も知らないかのんちゃんを傷付けるのはどうかって思って──」

かのん「我慢できないっていうなら──」

かのん「襲ってよ、ちぃちゃん……♡」

千砂都「……」プツン
 
26:(ぎょうざ) 2021/12/14(火) 22:34:42.45 ID:pQVbU2ys
千砂都「かのんちゃんが悪いんだからね……!」

かのん「んっ♡」

千砂都「好きな子にこんなことされて我慢出来るわけないじゃん」

かのん「私も大好きだよ、ちぃちゃん♡」

千砂都「かのんちゃん!」チュッ

かのん「ん♡ れろっ♡ ちぃちゃんの味がする♡」

千砂都「かのんちゃんが悪いんだよ♡ ちゅっ♡ ちゅぷ、れろ♡」
 
29:(ぎょうざ) 2021/12/14(火) 22:40:14.32 ID:pQVbU2ys
──

かのん「はぁ、はぁ♡ ちぃちゃん……♡」ギュッ

千砂都「やっちゃった……」

かのん「ちぃちゃんかっこよかったよ♡」

千砂都「で、でも私たちまだ高校生だよ!?」

かのん「愛し合ってるんだからいいの♡」チュッ

千砂都「んっ♡ もう、かのんちゃん♡」

かのん「あ、雨止んだみたいだね」

かのん「出よっか」

かのん「それとも、もうちょっとこうしてる?」

千砂都「……もうちょっとこうしてる」ギュッ

かのん「うん♡」ギュッ
 
30:(ぎょうざ) 2021/12/14(火) 22:45:31.04 ID:pQVbU2ys
千砂都「……これってさ」

かのん「うん」

千砂都「私たち付き合ってるってことでいいのかな?」

かのん「……ちぃちゃんは恋人以外とこういうことするの?」

千砂都「しないよ! でも気持ち伝えあってないような気がして……」

かのん「ちぃちゃんが先に好きって言ってくれたから私も大好きって答えたじゃん……」ムスッ

千砂都「そうだけど……」

かのん「だから、私とちぃちゃんは恋人だよ」

千砂都「そっか/////」

かのん「うん/////」

かのちぃ「ういーっす♡」チュッ

千砂都「いつもは指なのにね♡」クスクス

かのん「息ぴったりだったね♡」クスクス
 
32:(ぎょうざ) 2021/12/14(火) 22:49:07.43 ID:pQVbU2ys
──

千砂都「今日のことは絶対内緒だからね!」

かのん「えー、Liella!のみんなには言おうよ」

かのん「私たち付き合ってます、って」

千砂都「……言う時は私から言うから」

かのん「かのんちゃんは私のものです、って言ってくれる?」

千砂都「言い方は違うかもだけど、いずれね」

かのん「やった♡」ダキッ

千砂都「もう、外に出るんだからあんまりくっついてたら怪しいよ?」

かのん「女の子同士だし幼馴染だから大丈夫♡」

恋「あっ」

かのちぃ「あっ」
 
34:(ぎょうざ) 2021/12/14(火) 22:52:23.99 ID:pQVbU2ys
恋「あれ、えっと、今ここからお2人で出てきました?」

かのん「うん♡」

恋「ここって、その、あれですよね?」

千砂都「こ、ここ、これは違くて!」アセアセ

恋「お、お2人はやはりそういう……?」

恋「禁断のセカイですね……」ゴクリ

千砂都「やはりってなに!?」

かのん「実はね、急に雨に降られちゃったからここで雨宿りしてたの」

かのん「ベッドも広いし、お風呂も広いし楽しかったよ!」

恋「あっ、そ、そうですよね!」アセアセ
 
35:(ぎょうざ) 2021/12/14(火) 22:55:39.21 ID:pQVbU2ys
恋「では、お2人は知らずに入ったんですよね」

かのん「恋ちゃんは知ってるみたいだけどここって何か特別なホテルなの?」

恋「い、いえ、わたくしも知りません」

かのん「えー、ほんとに?」

恋「知りませんったら、知りません!」

かのん「動揺してすみれちゃんみたいになってるよ」クスクス

恋「ど、どどど、動揺なんてしてません!」

おわり
 
37:(SB-iPhone) 2021/12/14(火) 22:59:59.32 ID:eYapooVz
最高ったら最高よ!
 
39:(もんじゃ) 2021/12/14(火) 23:11:28.55 ID:ePzQEse/
恋「どどど童 ちゃうわ!」
 
36:(もんじゃ) 2021/12/14(火) 22:56:39.46 ID:/NIYNWUa
6cƠᴗƠ∂ スバラシイSSノヒト…乙
 

引用元: https://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1639486005/

タイトルとURLをコピーしました