【SS】しずく「脳破壊シュミレーター?」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
1:(SIM) 2022/08/04(木) 19:18:39.19 ID:eEIsNk7m
璃奈「いざと言う時に 心が壊れないように 脳破壊シチュを体験する機械を作った」

しずく「何故私に?」

璃奈「 しずくちゃんは意外と脆いんじゃ無いかと思っている」

しずく「そ、そうなのかな?」

璃奈「信じている人からの裏切りには耐えられると思えない」

しずく「それは 誰でもだと思うよ」


璃奈「とにかく、この装置を付けてみて」

しずく「こう?」

璃奈「そう、じゃあ スイッチオーーン!!」

しずく「!!!!」
 
4:(あゆ) 2022/08/04(木) 19:24:44.88 ID:O3dVikUB
>>1ID:eEIsNk7m

しずく「こ、ここは?」

しずく「部室だよね?」

璃奈(そう、一見 普段の日常と変わらないように見えて 強烈な脳破壊シチュが展開される)

璃奈(しずくちゃんにはいつも通りの生活を送ってもらって1日もったらクリアね)

しずく「わかった 頑張ってみるね 」


璃奈(1時間持つかな从[´・֊・]从 …。)

しずく「え…?」
 
5:(あゆ) 2022/08/04(木) 19:32:03.12 ID:O3dVikUB
【仮想世界です】

しずく「脳破壊シチュってそんな突然訪れるものなのかな?」

ガラガラ

栞子「お疲れ様です、しずくさん早いですね 」

しずく「栞子さん 生徒会の仕事は良かったの?」

栞子「はい、今日は役員の皆さん全員彼氏とデートらしいので私1人になってしまうので明日やることにしました 」

しずく「か、?!」 ズギッ!

栞子「どうかしました?」

しずく「か、か、彼氏とか言わなかった?!」

栞子「はい、皆さん 勉強と恋の両立を頑張ってらっしゃいますね」

しずく「」
 
9:(あゆ) 2022/08/04(木) 19:37:39.95 ID:O3dVikUB
【仮想世界です】

しずく「そ、そうなんだ」

しずく「私はそういうのには興味無いかな
~」

栞子「意外ですね?!私はてっきり」

しずく(聞き返そうとしたけど、物凄く怖いくなってしまった)

栞子「私は_」

しずく「待って!」

しずく(ここで栞子さんの事を聞いても良いのだろうか?)

しずく「栞子さんは>>10

1 もし、恋人が居たら何したい?

2 好きなタイプは?

3 栞子さん 恋人いるの?
 
10:(しうまい) 2022/08/04(木) 19:38:18.60 ID:M6QIzK4N
3
 
11:(あゆ) 2022/08/04(木) 19:45:47.65 ID:O3dVikUB
【仮想世界です】

しずく「栞子さんって恋人居るの?」


栞子「いませんよ」

しずく「ホッ…」(良かったぁぁぁ)

栞子「私にはまだ早いと悟りました」

しずく「ん?」

栞子「告白というのには 縁が無い思っていたんですが、お試しというので…」

しずく「ちょっと待て 無理」

栞子「ええと、何かお気に触る事でも?すみません」

しずく「違うの大丈夫 それより他の話題に
しない?」

栞子「はい? では クラスの皆さんが話していたこの夏デートで行きたいスポットの話でも」

しずく「うううう…」
 
12:(あゆ) 2022/08/04(木) 19:56:01.72 ID:O3dVikUB
【仮想世界です】

しずく「ちょっとトイレ行ってくるね」ダッ

栞子「あ、はい どうぞ」


しずく(え、栞子さん 付き合った事あるの?)

しずく(ダメだ…仮想世界って分かってるのにショックが大き過ぎる だって現実世界と見た目は何も変わらないんだもん)


しずく「ふぅ… 」

ミア「やあ しずく 顔色悪いけど どうした?」

しずく「ミアさん、うん大丈夫だよ 少し衝撃的な話を聞いてしまっただけ」

ミア「そうか、 それより聞いてくれよ 璃奈が 今度のベースボール観戦行けないって言ってきたんだ…」

しずく「それは残念ですね それなら変わりに…」

ミア「璃奈以外だとベースボールが分かる奴と行かないとつまらないし 適当にファンの野球好きの男でも誘うか…」


しずく「は?!」ズキッズギッ!

ミア「?」
 
13:(あゆ) 2022/08/04(木) 20:01:34.82 ID:O3dVikUB
【仮想世界です】

しずく「男の人?」

ミア「あぁ 普通に ボク達のファンって男が9割占めてるから その中に野球好きの男なら沢山居るだろ」

しずく「9割? そんなに居るの?」

ミア「しずくなんて ほぼ10割じゃないか?」

しずく「そうなの!?」

ミア「何を言ってるんだ、抜きスレpart50超えているのはしずくだけじゃないか?」

しずく「やめて!」
 
17:(あゆ) 2022/08/04(木) 20:09:54.83 ID:O3dVikUB
【仮想世界です】

ミア「わけがわからないよ」

しずく「ところで ミアさん 今までに
男の人と野球を観に行ったことはあるの?」

ミア「もちろんさ!」

しずく「!?!!」🤯

ミア「ステイツでクラスの男子誘って何人かで行っただろ」

ミア「球場で知り合った大人と2人で行ったこともあるし」

ミア「まぁ ボーイフレンドは、無いなw」

しずく(良かった ミアさんは まだ…)

ミア「ボクのエキサイトする姿みたらフラれてしまうかも知れないから誰ともまだ無いよw 」

しずく(複数人😭😭😭😭)🤯🤯
 
18:(あゆ) 2022/08/04(木) 20:14:02.94 ID:O3dVikUB
しずく「どうしよう?」

ミア「なんだ?」

しずく「ごめんこっちの話」

しずく(もう 耐えられないかも知れないギブアップしようかな?)

>>19

1 ギブアップする

2 現実の璃奈さんに相談する

3 耐えてみせる
 
19:(わんこそば) 2022/08/04(木) 20:14:11.75 ID:k38m2rr4
2
 
23:(あゆ) 2022/08/04(木) 20:26:55.30 ID:O3dVikUB
しずく「璃奈さんに相談しよう」

しずく(璃奈さーーん)

璃奈(お、 思ったより耐えてるね)

しずく(リアル過ぎて怖いよ )

璃奈(やっぱり? 私も試しにやったら死にかけた)

しずく(そんなの人に試させないで!)

璃奈(ごめん、冗談。安全は保証されている )

璃奈(脳破壊と言っても あくまで仮想世界だし、シミュレーターだから 逆手にとって好きなことが出来るんだよ)

しずく(そんな余裕は無いよ でも好きな事か)

璃奈(ちなみに )

璃奈(どんなやらしい事しても
大丈夫だよ从[´・֊・]从 ♪)

しずく(…)
 
30:(あゆ) 2022/08/04(木) 20:39:52.78 ID:O3dVikUB
しずく「うーん」

しずく「もう少しだけ頑張る事にしたけど この世界で何が出来るんだろう? 」

しずく「もしかしたら、今 私世界一清楚なんのかも?」

エマ「世界一? 何の話かな?」

しずく「エマさん! ええと エマさんは
清楚ですよね」


エマ「ありがとう😊」

しずく「エマさんはいつでも穢れが無いと思います」

エマ「そう言ってくれるなら嬉しいな」

しずく「エマさんが誰かのものになるなんて想像出来ないです」

エマ「>>28

1 え、そうなのかな…

2 私もいつかそんな人が現れるのかな?

3 私は誰のものにもならないけどね
 
31:(あゆ) 2022/08/04(木) 20:40:10.19 ID:O3dVikUB
安価下
 
33:(もんじゃ) 2022/08/04(木) 20:41:38.80 ID:XudKdnGq
あえての3
 
37:(あゆ) 2022/08/04(木) 20:49:07.84 ID:O3dVikUB
エマ「私は誰のものにもならないけどね」

しずく「芯が強いんですね」

エマ「おかしいかな? 日本の文化というか考え方で納得出来ない事が一つだけあって、男性は女性を守るものって所がある事かな?それは目を瞑ったとしても中には女性を所有物と思ってる男が居るのを知ってとても悲しかったな」

しずく「そういう人は一部だと思いますよ」

エマ「それもそうだね、所詮 男って挟んだらイチコロだもんね」

しずく「はさ?」ズギッ!
 
39:(あゆ) 2022/08/04(木) 20:55:35.48 ID:O3dVikUB
【仮想世界です】は省略するけど
仮想世界なので安心してください


しずく「な、なにを?」

しずく(やめとこう…)

しずく「あはは はい…」

エマ「こういう事 あまり言わないから出来たら忘れてね でもしずくちゃんはそういう人に捕まったらダメだからね」

しずく「覚えておきます…」

しずく(エマさんの性格って本来こうなのかと思ってしまうけど これは仮想世界だからね)
 
40:(あゆ) 2022/08/04(木) 21:02:24.44 ID:O3dVikUB
‪🚽
しずく「うーん、エマさんも経験あるのかな」

しずく「深入りするのが怖いよ」


しずく「よし、一旦整理してみようかな、ミアさんは野球趣味あるし、そういう想定は出来る 栞子さんは 気の迷いだろうけど恐らく無事なはず」

しずく「となると 一旦無事じゃなさそうな人を選んで慣れたら 大丈夫だよね」

しずく「>>41さん とか彼氏居てもおかしくない」
 
41:(えびふりゃー) 2022/08/04(木) 21:03:53.18 ID:0BDqBIH+
果林
 
48:(あゆ) 2022/08/04(木) 21:15:56.78 ID:O3dVikUB
しずく「果林さんなら 確実にモテるし彼氏が居ないわけが無い」



果林「どうしたの? そんなに見つめてきて」

しずく「実は聞きたい事がありまして」

果林「何? もしかして告白? 」

しずく(やっぱり慣れてるんだ…)

果林「今は誰とも付き合わないっていつも言ってるでしょ?」

しずく「え?」

果林「モデルはみんな彼氏持ちとか彼氏持ちのが人気出るっていうの嫌なのよね」

しずく「そうなんですね!」😄

果林「だから 今は まだ 作るつもりないわ」

しずく「今は… 」
 
49:(あゆ) 2022/08/04(木) 21:27:57.79 ID:O3dVikUB
しずく(想定外 ほど怖いものは無い )

しずく(でも果林さんならと考えると有り得なくも無いよね)


しずく「怖いけどもう1人くらい自分から聞いてみようかな?」

しずく「うーん>>50さん! 」
 
50:(もんじゃ) 2022/08/04(木) 21:28:37.18 ID:8Xdv5SOj

 
53:(あゆ) 2022/08/04(木) 21:34:42.57 ID:O3dVikUB
しずく「侑先輩は…」

しずく「普通に可愛いと思うし アイドルじゃないから 告白されたらコロッとなんて?」


侑「 しずくちゃんとランチなんて嬉しいな 誘ってくれてありがとう」

しずく「いえ、少し聞いて見たいことがありましたので」

侑「聞いてみたい事?」

しずく「侑先輩って恋人って居ます
か?」

侑「>>54

1 居るけど
2居ないけど
 
54:(わんこそば) 2022/08/04(木) 21:34:57.34 ID:k38m2rr4
2
 
56:(あゆ) 2022/08/04(木) 21:41:06.59 ID:O3dVikUB
侑「居ないけど でも好きな人は居るよ」

しずく「!! そ、そうなんですね」

侑「しずくちゃんは居るの?」

しずく「私は 特には…」

侑「そっか…私は 望み薄だから しずくちゃんはいつかいい人が現れると良いね」

しずく「は、はい」

しずく(どうしよう 気になる。でも男性だったらどうしよう…)

>>57
1聞く
2 同棲愛に付いて聞いてみる
 
57:(しまむら) 2022/08/04(木) 21:42:10.46 ID:lEyJE971
1
 
58:(あゆ) 2022/08/04(木) 21:48:13.88 ID:O3dVikUB
しずく「侑先輩は誰が好きなんですか?」

侑「あれ? 流石にしずくちゃんにはバレてると思ったのにぁ」

侑「歩夢だよ…」

しずく「おおお!!!」

侑「どうしたのしずくちゃん!?」

しずく(勝ったぜ!)
 
62:(あゆ) 2022/08/04(木) 21:57:28.91 ID:O3dVikUB
しずく「そうですか」

侑「まぁ 本気で告白したら付き合ってくれるかも知れないけど」

しずく「何故ですか?」


侑「私の独占欲が強すぎるから無理なんだ」

しずく(歩夢さんの方がありそうですが…)

侑「納得しようと思っても無理だから 私の恋は叶わいんだ」

しずく「どういう事なんでしょうか?」

侑「聞いてくれる?」

しずく「はい」

侑「しずくちゃんは ポリアモリーって知ってる」

しずく「えっ…」
 
65:(あゆ) 2022/08/04(木) 22:13:54.10 ID:O3dVikUB
しずく「それって…」

侑「知ってるようだね」

しずく「まさか歩夢さんが…」

侑「うん😐」

しずく「🤯」バリバリズギッ!ズギッ!バーン

侑「もちろん、そういう人が居るのは知ってたし否定はしないよ でもさ」


侑「あれだけ 好いてくれてると思ってた幼なじみが裏では普通に彼氏作ってるんだよ」

侑「それどころか 毎回 違う男の子と居ると思ったら 前に会った人も含めて3人で遊んでたりするんだよ…🥲」

侑「そして、気絶しそうになったのは歩夢が…」


しずく「もう やめて!」

侑「ご、ごめん 」

しずく「あ、すみません」

しずく(もう限界 ギブアップしよう)
 
69:(あゆ) 2022/08/04(木) 22:20:22.96 ID:O3dVikUB
しずく「もう限界だよ…」

しずく「侑先輩の脳細胞がどれだけ壊されたかと考えるだけで怖い」

璃奈「しずくちゃん どうしたの?」

しずく「璃奈さん?」

しずく(あ、璃奈さんでもこの世界の璃奈さんだよね)

しずく「ここの璃奈さんは… 恋はしてるの?」

璃奈「恋? >>70
 
70:(もんじゃ) 2022/08/04(木) 22:21:57.72 ID:sCDWl2Ff
うん
 
72:(あゆ) 2022/08/04(木) 22:28:11.05 ID:O3dVikUB
璃奈「うん、してるよ」

しずく「だよね😭」

璃奈「好きな女の子が居る」

しずく(もう喜ばないぞ!)

璃奈「いつか 付き合えたらなと思ってる。 恋人は居ないみたいだけど」

しずく「そっかー 応援してるね」

璃奈「ありがとう」🙂

しずく「え? うん」


しずく「何か 違和感が…?」
 
74:(あゆ) 2022/08/04(木) 22:43:20.77 ID:O3dVikUB
しずく「璃奈さんの好きな人誰なんだろう? 」


愛「しずくー なになに? 恋バナ?」

しずく「いえ、 ちょっと…」

愛「恋愛は、チャンスがあればした方が良いからね」

愛「愛さんは チャンス無かったんだけどねw」

しずく「そうなんですか?」

愛「無いよー 愛のあるセ クスはした事無いよー 愛だけに 」

しずく「🤯🤯」

愛「ご、ごめん これコンパで言う度に引かれて お開きになるんだよね 反省する」

しずく(可能性って悪い方に考えた方がいいんですね…)
 
75:(あゆ) 2022/08/04(木) 22:47:52.11 ID:O3dVikUB
しずく「さて、そろそろやめておこうかな


しずく「現実世界の璃奈さんを呼ぼう」

>>76「しずくちゃん(しずくさん)」
 
76:(SIM) 2022/08/04(木) 22:51:00.50 ID:wIyWCZXf
エマさん
 
78:(SIM) 2022/08/04(木) 22:52:18.73 ID:wIyWCZXf
もう出てたわ、76無しで
すいません
 
79:(あゆ) 2022/08/04(木) 22:56:42.35 ID:O3dVikUB
>>78
了解


【仮想世界です】

かすみ「しず子ー」

しずく「かすみさん…」


しずく「…ゴクリ」

かすみ「どうしたの?」


しずく(もし、かすみさんが複数人に男性とお付き合いしてたらどうしよう😢)
 
89:(あゆ) 2022/08/04(木) 23:45:27.58 ID:O3dVikUB
仮想世界現在 >>79の続き

しずく「!!!」

かすみ「しず子ー」



しずく「は、はい」ビクッ

かすみ「ちょっと聞いて欲しいんだけど」

かすみ「〇〇君がね 今度 家に遊びにおいでって言ってくれてるんだけど」

しずく(悪夢の続きだ😢)

しずく「う、うん」

かすみ「行った方が良いかな?」

しずく「え、なんで?」

しずく(何言ってるんだ私)

かすみ「その日ご両親が居ないんだって…」

しずく(🤯🤯🤯🤯🤢🤮)
 
80:(あゆ) 2022/08/04(木) 23:11:11.62 ID:O3dVikUB
しずく「!!!」


しずく「あれ?かすみさんは?」


璃奈(そろそろ最後のイベントだよ )

しずく(璃奈さん! どういう事?)

璃奈(これに耐えられたら クリアだよ)

しずく(クリア?)

璃奈(ここは、さっきの世界より 少し前の時間 )

しずく(少し前?)


璃奈(観てみて)
 
82:(あゆ) 2022/08/04(木) 23:21:26.25 ID:O3dVikUB
過去

かすみ「しず子ー ちょっと相談したい事があるの」

仮想世界しずく「ん? 何 聞かせて」

かすみ「実は 昔 小学校が同じだった人と久しぶりに会って 」

かすみ「何度か遊んだんだけど 意気投合しちゃって」

しずく「うん…」

-しちゃって何???-

かすみ「また 今週も遊びに行くことになったの」

しずく「そうなんだ 良かったね」


-良かったね じゃないよ 詳しく聞くんだよ-

しずく「でも 相談したって事は何かあるんだね」

かすみ「う、うん 😣」

-え…-
 
83:(あゆ) 2022/08/04(木) 23:27:01.85 ID:O3dVikUB
かすみ「今度のお出かけ何を着ていったら良いと思う?」

しずく「かすみさんなら 何でも似合うよ」

かすみ「しず子 ってオシャレでしょ?かすみんのコーディネートしてよ!」

しずく「かすみさんなら 自分が何が似合うか1番知ってるでしょ?」

かすみ「わからない…」

しずく「え?」

かすみ「分からないの!! そのこの子と考えたら 頭がいっぱいになって 何も考えられないの!」

しずく「へぇ…💙」

-何笑ってるの!-

かすみ「だからお願い!相談にのって!」

しずく「わかったよ かすみさん」
 
84:(あゆ) 2022/08/04(木) 23:33:10.94 ID:O3dVikUB
かすみ「しず子ー デート上手く行ったよ」

かすみ「今度 また遊ぶ約束しちゃった」

しずく「デート?」

かすみ「あっ///」


かすみ「もぅ!」

しずく「でも良かったね 」

かすみ「しず子に選んでもらった服 似合ってるって言ってくれたんだー♪」

しずく「そうなんだね じゃあ早速次のデートの作戦会議しようね」

かすみ「うん」
 
85:(あゆ) 2022/08/04(木) 23:38:31.57 ID:O3dVikUB
深夜

かすみ📱「しず子ー 😭😭😭」

しずく📱「どうしたの? 」

かすみ📱「えっぐえっえ…うぅぅ…😭」

しずく📱「何があったの?」


かすみ📱「〇〇君が かすみんの事好きだって… 付き合って欲しいって… 言ってくれたのおぉ😭😭」

しずく「そっか …」



しずく「おめでとう…」
 
93:(あゆ) 2022/08/04(木) 23:54:37.93 ID:O3dVikUB
かすみ「ご、ごめん 相談する事じゃないかもしれない」

かすみ「それに …そういう事はまだかすみんには早いよね?」

しずく「…」


しずく「好きなら 仕方ないのかも知れない」

かすみ「え?」


しずく「ううん…」

しずく「焦る必要も無いし かすみさんを大事に思ってくれてるんだよね?」


かすみ「う、うん😊」

しずく「🙂」
 
94:(あゆ) 2022/08/05(金) 00:03:16.73 ID:BoVBOQDE
週明け

しずく(いつの間にか週明けになっていた)


かすみ「…」ソワソワ


しずく「えっ…」


かすみ「( ˙࿁˙ )…」

かすみ「さ」

しずく「あのかすみさん?…」

しずく「脚でも怪我した?」


かすみ「///」ブンブン


しずく「🤯🤯🤯🤯🤯🤯🤯🤯🤯」

しずく「ァァァァァァァァァァ!!!!」



バタリ…
 
98:(SIM) 2022/08/05(金) 00:33:44.96 ID:1b5NAv/4
現実世界

璃奈「ごめん…」


しずく「」


璃奈「やり過ぎたかも知れない」


ガラガラ~

かすみ「しず子ー 居る?」

璃奈「ん?」


かすみ「あ、りな子 何して… 」


かすみ「って?!しず子 大丈夫? 」

璃奈「大丈夫…ちょっと遊んでたら疲れたみたい…」


かすみ「そ、そうなんだ 」

かすみ「ところで りな子って同窓会って行ったことある?」

璃奈「無いけど 」

かすみ「今度 小学校の頃のクラスメイトで集まる事になったんだー」


璃奈「そうなんだ 楽しんできて」

かすみ「うん、かすみん可愛すぎて モテ過ぎて困っちゃうかもね」


璃奈「かもね」从[´・֊・]从

(ね、しずくちゃん…)



 

引用元: https://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1659608319/

おすすめ記事(外部)
ラブライブ! おすすめ記事(外部)    
タイトルとURLをコピーしました