【SS】ランジュ「今日はランジュの誕生日よ!」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS


1:(しうまい) 2022/09/21(水) 19:05:04.73 ID:BGj3w6ej
ランジュ「きっとみんなから盛大に祝ってもらえるに違いないわ!楽しみね!」

ランジュ「あっ!彼方じゃない!」

彼方「フンフフーン♪」

彼方「あっ、ランジュちゃん」

ランジュ「彼方!今日何の日か知ってるわよね!」

彼方「ふふーんもちろんだよ~
今日はね~、遥ちゃんの新しいグッズが発売される日なんだ~」

ランジュ「そうだったの!?そんなの絶対買いに行かなきゃじゃない!」

彼方「もちろんだよ~、彼方ちゃん、今日のためにバイトいっぱい頑張ったからね~
ランジュちゃんも一緒に買いに行く?」

ランジュ「いいの?行きたいわ!」

彼方「じゃあ放課後部室でまってるからね~」


ランジュ「彼方とお出かけ...!そしてお買い物が終わったら誕生日パーティーね!ランジュ楽しみだわ!」
 
3:(しうまい) 2022/09/21(水) 19:07:05.16 ID:BGj3w6ej
歩夢「あっ、ランジュちゃん」

侑「どうしたの?なんだかうれしそうだね」

ランジュ「うれしいわ!彼方とお買い物に行くことになったの!それに今日は特別な日よ!」

侑「特別な日?」

ランジュ「そうだ!侑も一緒に買い物しましょうよ!遥のグッズが発売されたらしいわよ!」

侑「えっ!そんな情報知らなかったよ!
放課後かぁ~どうしよっかなぁ~」

歩夢「特別な日なんだね、よかったねランジュちゃん!侑ちゃん今日は私とお出かけでしょ!ほら授業遅れるよ!」

侑「歩夢?ちょっと引っ張らないでよ!」




ランジュ「いっちゃったわ...」

ランジュ「歩夢と侑はお出かけ....?」
 
5:(しうまい) 2022/09/21(水) 19:08:27.04 ID:BGj3w6ej
果林「あら、ランジュ、どうしたのよそんなところで」

エマ「おなかすいちゃったのかな?」

ランジュ「あ、二人とも、今日がなんの日か知ってるわよね」

果林「...」

果林「はぁ....補修の日よ....」

エマ「今から果林ちゃんと勉強会なの」

ランジュ「そうだったのね、頑張ってね」

果林「あら?ランジュは補修じゃないの?」

ランジュ「ランジュのテストはいつも満点よ!」

果林「そう....」

エマ「ランジュちゃんすごいね!果林ちゃんも頑張らなきゃだね~、それじゃあねランジュちゃん!」


ランジュ「バイバイ」

ランジュ「もしかして、ランジュの誕生日、みんな忘れてるのかしら...」
 
6:(しうまい) 2022/09/21(水) 19:09:21.84 ID:BGj3w6ej
ランジュ「しずく、璃奈、かすみ」

かすみ「なんですか?ランジュ先輩」

ランジュ「あなた達は今日がなんの日か知ってる?」

しずく「今日はニジガク1年生のボランティア活動がある日ですよね」

璃奈「お台場のお掃除
毎年やってる」

かすみ「ランジュ先輩は2年生だからやらなくていいんですよねーずるいですぅ!」

ランジュ「それ以外は?」

しずく「それ以外?特に予定はないはずですが、ボランティアもありますし」

ランジュ「そう、変なこと聞いたわね
謝謝ねみんな」

かすみ「?」

璃奈「どうしたのかな」
 
7:(しうまい) 2022/09/21(水) 19:09:46.13 ID:BGj3w6ej
ランジュ「はぁ...」

ミア「どうしたんだいランジュ、珍しくしょんぼりして」

栞子「ランジュらしくありませんね」

ランジュ「ミア、栞子
二人なら今日がなんの日か知ってるわよね」
 
10:(しうまい) 2022/09/21(水) 19:12:24.98 ID:BGj3w6ej
栞子「はい、今日はランジュのお誕生日ですよね。おめでとうございます。
ちゃんとプレゼントも用意してますからね」

ランジュ「栞子...!さすが私の幼なじみだわ!」

ランジュ「でも、他のみんなはランジュの誕生日を忘れてたみたいなの...
エマの誕生日はあんなにお祝いして貰ってたのに...」

ミア「はぁ...ランジュ、君は自分の誕生日をちゃんとみんなに伝えてたのかい?
僕は知らなかったよ、今日がランジュの誕生日ってこと」

ランジュ「そういえば言ってなかったわ!だからみんな知らなかったのね...」

栞子「ごめんなさい、ランジュ
私がみなさんに伝えておけば良かったですね。」

栞子「ランジュは、お誕生日会がしたかったのですか?」

ランジュ「ランジュ、お誕生日をみんなに祝ってもらうなんてことなかったから...」

ランジュ「エマのお誕生日会はすっごく楽しかったわ、エマもすごくうれしそうで
だからランジュもお誕生日会して貰うのが楽しみだったの」


ランジュ「でも、仕方がないわ、
ランジュが言ってなかったのがいけないもの、栞子も気にしないでね
バイバイ」



栞子「...」

ミア「やれやれ...」
 
15:(しうまい) 2022/09/21(水) 19:17:10.30 ID:BGj3w6ej
放課後

彼方「ランジュちゃーん!待ってたよぉ」

ランジュ「彼方!遅くなったわね」

彼方「いいよいいよ~、ほら早くいこ~?」

ランジュ「ええ!彼方とお出かけできてランジュ嬉しいわ!」

彼方「そっかぁ~、そうそうランジュちゃん、このあと時間あるよね?
お買い物終わったら部室に戻っても良いかな?」

ランジュ「ええ、大丈夫よ!なにかあるの?」

彼方「それはお楽しみだよぉ」

ランジュ「...?」
 
17:(しうまい) 2022/09/21(水) 19:18:47.80 ID:BGj3w6ej
ランジュ「遥のグッズ買えて良かったわね彼方!」


彼方「ほわああああ!これはよくできてるよぉ!遥ちゃんの可愛さが余すことなく表現されてるよぉ!」


ランジュ「アハハ、彼方っておもしろいわね!」


彼方「あっ、もうすぐ部室だね~
彼方ちゃんは今日バイトがあるから帰るけど、ランジュちゃんは楽しんでね~」


ランジュ「なにがあるの?」


彼方「それはお楽しみだよぉ
みんな来てると良いけど」
 
18:(しうまい) 2022/09/21(水) 19:20:21.43 ID:BGj3w6ej
ランジュ「」ガラガラガラガラ


パンッ!パンッ!.......


ランジュ「キャアッ!何よ!」




せつ菜「ランジュさんお誕生日おめでとうございます!!!!」

せつ菜「....」

ミア「おめでとうランジュ」
 
20:(しうまい) 2022/09/21(水) 19:21:55.88 ID:BGj3w6ej
ランジュ「せつ菜!ミア!
ランジュのお誕生日をお祝いしてくれるの!?嬉しいわ!ありがとう!!」



ランジュ「....二人だけ?」
 
25:(しうまい) 2022/09/21(水) 19:25:21.22 ID:BGj3w6ej
せつ菜「すみません、ランジュさん...
1年生は今日ボランティアで、
エマさんと果林さんは、
その....果林さんの補習がだめだったらしく勉強会を...
他のみなさんも予定があるらしく、
愛さんは後から来るらしいですけど....」



せつ菜「あとすみません....私もアニメ紅蓮の剣技の舞台上映に行かなければいけないのでここで失礼します...」


ランジュ「そ、そうなのね
楽しんできてね!」


せつ菜「では...」ガラガラ


ミア「ランジュ、そこにケーキがある、あと栞子からのプレゼントも」


ミア「悪いけど、僕も行くよ...」ガラガラ


ランジュ「あっ」
 
31:(しうまい) 2022/09/21(水) 19:30:06.76 ID:BGj3w6ej
ランジュ「」モグモグ

ランジュ「ケーキ美味しいわ、誰が買ってきてくれたのかしら」

ランジュ「」モグモグ

ランジュ「愛、早く来ないかしら」

ランジュ「」モグモグ

ランジュ「そうだ!栞子からのプレゼントを開けましょう!」

ランジュ「手紙が入ってるわ」
 
35:(しうまい) 2022/09/21(水) 19:33:59.53 ID:BGj3w6ej
手紙「ランジュへ、お誕生日おめでとうございます。
ランジュが欲しいものがわからなくてとても悩んでしまいました。
ランジュの歌とパフォーマンスにはいつも驚かされます。
これからも一緒に頑張りましょう

栞子」


ランジュ「プレゼントは...手袋ね!」

ランジュ「.....」

ランジュ「ありがとう栞子」

ランジュ「....」
 
38:(しうまい) 2022/09/21(水) 19:38:32.45 ID:BGj3w6ej
ガラガラガラガラ

愛「ランジュ!誕生日おめでとう!!」

愛「って、あれ?みんなは?」

ランジュ「愛!ありがとう!
それが、みんなは用事があるらしいの」

愛「えぇ~、ランジュひとりじゃお誕生日会じゃないじゃん!」

ランジュ「仕方ないわ、ランジュが言い忘れてたのがいけないんだから」

愛「困ったなぁ、愛さんもこの後助っ人行かないといけないんだよね
でもランジュひとりになっちゃうしな-」

ランジュ「気にしないで!ランジュももう帰るところだから!愛は助っ人頑張りなさい!」

愛「そう?じゃあ愛さん行ってくるね...」ガラガラ

ランジュ「行ってらっしゃい!」



ランジュ「...」



ランジュ「結局一人なのね...」
 
43:(しうまい) 2022/09/21(水) 19:54:44.82 ID:BGj3w6ej
帰宅中

パラパラパラ



ランジュ「あっ、雪が降って来たわね...」

ランジュ「栞子から貰った手袋をはめましょう!」

ランジュ「....手袋暖かいわ
栞子、ランジュとっても嬉しいわよ...」

ランジュ「...」
 
48:(しうまい) 2022/09/21(水) 20:07:40.28 ID:BGj3w6ej
トボトボトボ

ランジュ「...うっ...ヒック...」

ランジュ「なにが悲しいのよ
今までもずっとこうだったじゃない」

ランジュ「それに今日は、プレゼントを貰ったのだから、嬉しいのよランジュは」

ランジュ「嬉しいのッ......」 





「ランジュ!」
 
53:(しうまい) 2022/09/21(水) 20:22:22.94 ID:BGj3w6ej
栞子「ランジュッ!」


ランジュ「栞子....?」


栞子「ランジュ!ごめんなさい!
わたし、私がランジュの誕生日会を計画したんです!」


栞子「私と1年生は行けませんが、皆さんで誕生日会を祝えるならと思って」

栞子「皆さんの予定も確認せず、何人かは行けるだろうと、本当にランジュには悪いことをしました!」

ミア「まったくだよ、あんなの見てられない」

ランジュ「ミア...?」

栞子「ミアさんが様子を伝えに来てくれたんです。」

栞子「ランジュ、もう一度誕生日会をやりましょう、今度はしっかりみなさんが来られるよう私が調整しますから」

ランジュ「栞子....」


「話は聞かせて貰いましたよー」
 
61:(しうまい) 2022/09/21(水) 20:36:31.89 ID:BGj3w6ej
かすみ「まったく、そもそも行ける人だけで誕生日会をするなんてのが間違ってるんだよしお子」

かすみ「かすみんが、ちゃんとみんなの予定を調整しましたからね~!
この後、ランジュ先輩の誕生日会を
みんなでやりますよ!」

ランジュ「かすみ...!」

かすみ「あとは、しお子の予定だけだよ~
もちろん、来るよね」

栞子「はい!もちろんです!かすみさんありがとうございます!」

かすみ「ふふーん、まぁ?同好会の部長として当然のことをしただけだよ~」

かすみ「ただ、会場がまだきまってないんだよね...」
 
66:(しうまい) 2022/09/21(水) 20:55:04.21 ID:BGj3w6ej
「「「ランジュちゃん、誕生日おめでとう!!」」


ランジュ「わぁっ!ありがとうみんな!」


歩夢「ごめんねランジュちゃん、特別な日って誕生日のことだったんだね」

侑「栞子ちゃんからのメッセージ気づかなくてさ...ほんっとうにごめん!」

菜々「私も、映画に行ってしまいましたから...」

愛「愛さんも...さすがにまずかったよね~...」

ランジュ「そんなのいいのよ!それに今こうやって祝ってもらえて、ランジュ嬉しいわ!」



かすみ「しお子も、お家貸してくれてありがとね」

栞子「こんなの、何でもありません!
今日はランジュに酷いことをしてしまいましたから...」
 
68:(しうまい) 2022/09/21(水) 21:27:01.92 ID:BGj3w6ej
彼方「みんな~遅れてごめ~ん」

果林「あら彼方、バイトもう終わったの?」

彼方「いやー、店長にね、今日お友達が誕生日って言ったら早く上がらせてくれたんだ~」

彼方「それに、ケーキまで貰っちゃったんだぜ~」

エマ「わぁ!やったねランジュちゃん!」
 
80:(しうまい) 2022/09/21(水) 21:57:51.34 ID:BGj3w6ej
しずく「ケーキおいしかったですね!」

璃奈「わたし、また新しいゲーム作ってきた。
みんなでやらない?」

かすみ「さっすがりな子!かすみん負けませんよー」

ランジュ「どんなゲームなのかしら!」


ワイワイガヤガヤ アハハハハハ!
 
81:(しうまい) 2022/09/21(水) 22:02:58.69 ID:BGj3w6ej
ランジュ「かすみはゲームが苦手なのね!」

かすみ「うるさいですよ!ランジュ先輩!」


侑「あ、そうだ、さっき歩夢とプレゼント買ったんだった!」

ランジュ「プレゼント!」

しずく「もちろん、私たちも買ってますよ」

果林「あわてて買ったから、もしかしたらお気に召さないかもしれないけど」

ランジュ「そんなのありえないわ!ランジュこんなの初めて!みんな、ありがとう!!」




ワイワイキャーッガヤガヤブリブリアハハハハハハ!!





栞子「うふふ」
 
85:(しうまい) 2022/09/21(水) 22:16:28.29 ID:BGj3w6ej
ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーー
ーーーーー
縁側





ランジュ「栞子」

栞子「ランジュ、どうですか?誕生日会は」

ランジュ「とっても楽しいわ!私こんなに楽しいの初めて!」

栞子「かすみさんには頭が上がりませんね」

栞子「私は、危うくランジュの心を傷付けるところでした...」

栞子「いえ、危うくではありませんね
私はみなさんをサポートし、よりよい結果をもたらすことのできる適正があるかと思っていましたが、そうではないのかもしれません
かすみさんのほうがよほど...」

ランジュ「そんなことないわ!確かにあれはとっても悲しかったけど、でも栞子が誕生日会を開こうとしてくれなかったら、ランジュ今日こんなに楽しく過ごせてなかったわ!
だから元気を出して」

栞子「ランジュ...そうですね、今やることはランジュの誕生日を特別なものにする事ですね」

栞子「その....ランジュさえよければ、今日私の家にお泊まりしませんか?」

栞子「私、ランジュの誕生日をギリギリまでお祝いしてあげたいんです!」
 
98:(しうまい) 2022/09/22(木) 11:50:44.46 ID:uDe6gXbz
ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーー
ーーーーー


栞子「皆さん、今日はランジュの誕生日会に来てくれてありがとうございました。」

ランジュ「とっても楽しかったわ!みんな!」

かすみ「ランジュ先輩もしお子も、かすみんに感謝ですね!」

栞子「本当にかすみさんには、なんとお礼を言って良いか...」

ランジュ「かすみの誕生日はランジュがもっと盛り上げてあげる!ありがとう!」

かすみ「楽しみにしてますよぉ♪ふふーん♪///」



彼方「ランジュちゃんはお泊まりかぁ、いいな~、今度は彼方ちゃんともお泊まりしようね~」

ランジュ「是非やりたいわ!楽しみね!」

歩夢「じゃあ、そろそろ帰ろっか」

ランジュ「バイバイ!みんな!」

....................
...........
......




栞子「それではランジュ、私は片づけをしていますから先にお風呂に入ってきてください
今日は寒いですからね」

ランジュ「わかったわ!でも栞子も後から一緒に入りましょ!」

栞子「えっ..わ、わかりました...」
 
100:(しうまい) 2022/09/22(木) 18:53:10.63 ID:uDe6gXbz
そうしてランジュと栞子はお風呂に入って
体の洗いっこなどして仲を深めた後
映画を見ながら二人でお話しして
そのまま布団に入ってもお話しして
幸せな時間を過ごしましたとさ






みたいなSS誰か2月に書いて
 
101:(えびふりゃー) 2022/09/22(木) 19:09:12.51 ID:moKJhT8J
できてるじゃねぇよぉ
 
86:(らっかせい) 2022/09/21(水) 22:19:40.19 ID:wAc1D4OA
脳が治った
 
102:(はんぺん) 2022/09/22(木) 19:33:17.14 ID:dvFfuoYa
脳が進化した
 

引用元: https://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1663754704/

おすすめ記事(外部)
ラブライブ! おすすめ記事(外部)    
タイトルとURLをコピーしました