【SS】エマ「これ誰のだろう?」阿笠「ワシじゃよ」【ラブライブ!虹ヶ咲】 | ラブライブ!まとめ ぷちそく!!

【SS】エマ「これ誰のだろう?」阿笠「ワシじゃよ」【ラブライブ!虹ヶ咲】





SS
1: 2020/11/28(土) 20:03:52.60 ID:3g7jWpuV
阿笠「やっと見つけたわい。全く新一のやつも無用心だのう」

エマ「え?」

阿笠「ああこりゃ失礼、そのスイッチは知人が落としてしまったものでの。探しておったんじゃ」

エマ「ボーノ! 見つかって良かったですね!」

阿笠「ほっほ、ありがとう。親切なお嬢さんのおかげじゃな♪」

エマ「へへ~♪ 大切なものだったんですか?」

阿笠「いやいや、そう大層なものでもないわい」

阿笠「押すと目の前の相手をメス奴隷に変えるスイッチじゃよ」

3: 2020/11/28(土) 20:06:35.45 ID:3g7jWpuV
エマ「め、メスドレイ…?」ポカン

阿笠「左様。新一がどうしてもと言うので作ったんじゃよ」

エマ「へ、へー」

阿笠「くれぐれも悪用せんようにと言っておったんじゃが、まさか失くすとはのう…」

エマ(ひ、拾わない方が良かったかな……)

エマ「えっと……その新一君はこのボタンを誰かに使ったの…?」

阿笠「ワシじゃよ」

6: 2020/11/28(土) 20:10:13.27 ID:3g7jWpuV
エマ「えっ」

阿笠「ワシに使ったんじゃよ。今ではワシの身も心も新一のもんじゃわい」

エマ「えっ」

阿笠「それにさっきから…んぎっ! アナルバイブの振動が、つ…強く…!し、新一が近くまで来ておる証拠じゃぁ…!」ブブブブ

エマ「えっ」

阿笠「と、いうことでじゃお嬢さん…そのスイッチ、返してあっ、くれんかのう…?んほっ」

エマ「えっ」

エマ「あ、ちょ、えっと…」

阿笠「んぎぃ♡ お、お嬢さん…?なぜ後ずさるんじゃ?」

エマ「いや…えっと…その…」

阿笠「このままでは…んおっ♡ し、新一にお仕置きされるわい…♡ それもっもっも♡あがぁ♡わ、悪くはないがのう!♡」

エマ「」

8: 2020/11/28(土) 20:12:10.78 ID:3g7jWpuV
エマ(ど、どうしよう…悪い人ではなさそうだけど…)

阿笠「んほおおおおおお!!!♡」ビクッ!

エマ「!?」ビクッ!?

コナン「あ、いたいたー!」

阿笠「しんいっはぁ!遅いでは、んっはぁ、ないかぁ!♡」ビグンビグンッ!!!♡

コナン「わりーわりー。鰻重になった光彦を食べる元太になってたら遅くなっちまった。って、ん?」チラッ

コナン「……こんにち、お姉さん!」

エマ「あ、こ、こんにち、は…」キョドッ

コナン(……?妙だな…)

11: 2020/11/28(土) 20:20:05.94 ID:3g7jWpuV
コナン「……」ジロッ

エマ「……?」ニコニコ

コナン(阿笠博士に仕込んだ盗聴式アナルバイブからかすかに聴こえる声から、小学生と喋ってるもんだと推測して来たが…)

コナン(結構なお姉さんじゃねえか。同い年くらいか?)

コナン「えーっと、お姉さんが迷子になったお父さんを見つけてくれたの?」

エマ(……お父さん?)

エマ「…あ、うん。この人、あなたのお父さんなんだ?」

コナン「そうだよ!俺の名は江戸川コナン、探偵さ」

エマ「………? そっかぁ」

コナン「…………?」

14: 2020/11/28(土) 20:22:13.45 ID:3g7jWpuV
エマ「新一君じゃなくて?」

コナン「!?」ゾクッ

コナン(お、俺の名を知ってるだと!?どういうことだ…ま、まさか!?)バッ

エマ「………?」

コナン「…………、……?」

コナン(いや、周りに『奴ら』の気配はない…。無関係か?なら何で…、あっ)チラッ

阿笠「おほっほぉぉお~……!♡し、新一ぃぃいい~~……♡」ドピュッドピュゥ♡

コナン(お前か?)

17: 2020/11/28(土) 20:24:26.02 ID:3g7jWpuV
コナン「チッ」

エマ「し、新一君…?」

コナン「ねぇ、お姉さんの持ってるそのスイッチ、返してもらってもいい?」

エマ「え、あ、はい」

コナン「ありがとー」ポチポチポチポチポチ

阿笠「おごあ''あ''あ''があ''あ''あ''んぎぃぃいいいいやああああああああ!!!!!!???」ビグビグビーックビックビックビックビックク!!!!!!!!

エマ「きゃあ!?」

コナン「一度目はメス奴隷。二度目以降はメスイキさせるんだ、これ」

20: 2020/11/28(土) 20:27:14.85 ID:YikILLzb
俺はなんてスレを開いてしまったんだ

21: 2020/11/28(土) 20:28:09.45 ID:3g7jWpuV
阿笠「」

エマ「お、おじさん!?大丈夫!?」ユサッ

阿笠「ぎぃいいやぁぁああああ!!!」ビクンビクン

コナン「気を付けて、感度3000倍になってるから」

エマ「そ、そっかぁ…」

エマ「あ、あの…じゃあ私はこれで…!」プルルン

コナン「ん?」

コナン(……妙だな。胸がデカすぎるぞ…!?)

23: 2020/11/28(土) 20:29:39.63 ID:3g7jWpuV
コナン「お姉さん。ちょっと待ってくれる?」

エマ「え?」

コナン「実はぼくね、ここに来る前に変なものを見たんだ~」

エマ「変な、もの…?」

コナン「うん。光彦さ」

エマ「………?」

コナン「………。……?」

コナン「円谷光彦の、変わり果てた姿をね」

エマ「………………?」

26: 2020/11/28(土) 20:32:54.78 ID:3g7jWpuV
コナン「爆発四散した光彦を見たんだ」

エマ「ええ!?」

コナン「ああ。正確に言えば、俺が女装オナニーするために阿笠博士に作らせた光彦」

コナン「いわゆる『女性用カーディガン型の光彦』が爆散している姿をね。ほら、これ」スッ

カーディガン(光彦)「ア…ダズ…ゲデ…」

エマ「そ、それは!」ギクッ

コナン「あれれー?お姉さん、これに見覚えが?」

コナン(やっぱりな……)

28: 2020/11/28(土) 20:36:22.74 ID:3g7jWpuV
エマ「み、見覚えなんてないよ!」

コナン「オラァ!」

バキューンッ!

阿笠「はゔっ♡」

バタン

エマ「お、おじさん!?」

コナン(変声)「ワシなら大丈夫じゃよ」

コナン(変声)「さて、話を続けさせてもらおうかのう」

エマ「え……」

29: 2020/11/28(土) 20:38:16.34 ID:3g7jWpuV
エマ(女性服を持った男の子が時計をおじさんに向けたと思ったらおじさんが倒れて、男の子がネクタイ越しにおじさんの声で喋ってる…?)

エマ「……………」

エマ「……………………?」

コナン「ところで、お前さんの名前は何ていうんじゃ?」

エマ「あ、エマ・ヴェルデです」

コナン「そうか。ではエマ君に聞こう。この光彦君、なぜ爆発したのか分かるかのう?」

エマ「そ、そんなの分からないよ…」

コナン「バランスじゃよ」

31: 2020/11/28(土) 20:40:18.39 ID:3g7jWpuV
コナン「光彦君はとんでもなく繊細なバランスの上でカーディガンとして成り立っておったのじゃ」

コナン「それこそ、少しの刺激で爆発するほどにの…?」

エマ「あ…」

コナン「見たところこの光彦君、胸元のボタンが弾け飛んどるようじゃのう…?」

エマ「あ、ああ…」ガタガタ

コナン「光彦君に仕掛けた録音機を再生させてみるとしよう」ポチッ

光彦「ピー……ガガガ…」

32: 2020/11/28(土) 20:41:33.94 ID:3g7jWpuV
光彦「『コナン君!?やめてください!やめてください!』」

光彦「『光彦っ!光彦ぉお!!いくっ!いくっ!ら、らーーーーーん!!!』」

エマ「」

コナン「ば、バーロー// そこじゃねえよ!」

エマ「」

光彦「ガガガ…『わ、この服すっごく可愛い…!だ、誰のだろう…?こんなところに置いてるけど…忘れ物かな…?』


コナン「あれれー?この声、お姉さんの声にそっくりだねー?」

コナン「そのようじゃのう」

エマ「うぅ……」

33: 2020/11/28(土) 20:43:18.24 ID:T9agNTnN
古き良きコナンSS

37: 2020/11/28(土) 20:46:37.07 ID:3g7jWpuV
光彦「エマ『お巡りさんに届けなきゃ、だよね?……で、でもその前に一回着てみたい、な…』」

光彦「エマ『ダメ、かな…?ダメだよね…?でも一回くらいなら……』」

光彦「エマ『ちょっとだけ、着てみたいな……』」

光彦「エマ『……えいっ。う、ちょっとキツイ、かも…?うぅ…胸元のボタン…もうちょっとで…うぐぐ…』」

光彦「エマ『えいっ!』」

光彦「ガガー」

コナン「録音はここで止まってる……光彦のやつが爆散したんだ」

エマ(服が消えたと思ってたけど、そんなことになってたなんて…)

エマ「う…」ポロポロ

40: 2020/11/28(土) 20:49:18.79 ID:3g7jWpuV
エマ「う、うぅ…」シクシク

~♪(悲しげな音楽)

コナン「光彦の肉体はまぁ再生するんだが、カーディガンの胸元のボタンにあたる部分だけがなかった。あんたのその豊満な二つの乳房で、ボタンの命を絶ってしまったんだな…」

エマ「ごめんなさい…ごめんなさい…可愛い服が着たくてぇ…(泣」

コナン「バーロー!あんたが来た服なら、なんでも可愛くなるだろうが!」

阿笠「その通りじゃ」

エマ「新一、君……わあああん!(泣) 私…!私…!」ポロポロ

光彦「エマさん…」

目黒「……スクールアイドル部に、連行する」


コナン(こうして、一つの悲しい事件が幕を下ろした)

コナン(彼女ならまた立ち上がれるだろう。その二つのアルプス山脈のように、また前を向いて…)

50: 2020/11/28(土) 20:52:37.74 ID:3g7jWpuV
>>40訂正

目黒「……スクールアイドル部に、連行する」

目暮「……スクールアイドル部に、連行する」

42: 2020/11/28(土) 20:50:22.74 ID:3g7jWpuV
おわり

コナン×エマのSSが書けて満足しました
ありがとうございます
no title

54: 2020/11/28(土) 21:00:37.11 ID:3g7jWpuV
コナエマ尊い…

55: 2020/11/28(土) 21:01:19.24 ID:3g7jWpuV
みんなもぜひ書いて…

59: 2020/11/28(土) 21:09:48.35 ID:UfruQY7O
いつだかメモ帳に保存してたのがあったわ
古き良きコナンとエマちゃんが出会う時が来るとは

阿笠博士「できたぞ新一、元太くんの家庭を崩壊させるスイッチじゃ」
コナン「どうした服部、元太の肛門に腕突っ込んだりして」
コナン「麻酔針が切れた!わりぃおっちゃん!金玉蹴るぞ!」
コナン「オイ光彦。なんで女子トイレに入ろうとしてんだ?」
阿笠博士「できたぞ新一、元太くんを少しずつ浮かせるスイッチじゃ」
コナン「は?蘭のすっぽんぽんが見たい?」
阿笠博士「光彦くんを犯人に仕立てる装置が完成したぞい!」
元太「俺がうな重になりたいぞ」光彦「阿笠博士に相談してみましょう」
コナン「キック力増強シューズで博士蹴るの超楽しいいいぃぃいいいい!!」
コナン「変声機に向かって屁をこいてみるか」
灰原(アガサ)「あっ///イくっ、博士えええぇぇ!!」シコシコ
コナン「光彦、金貸してくれ」
阿笠博士「キック力増強シューズでワシの股間を蹴ってくれんか」
阿笠博士「お前の靴底とワシの前立腺をリンクさせたぞい」コナン「!?」
コナン「肛門から何か出てるぞ元太」 阿笠「わしじゃよ」
コナン「元太ー!」光彦「ムダです!人間の言葉は通用しません!」
阿笠博士「生理が来ないんじゃ…」コナン「!?」
光彦「給食のカレーをこぼしてしまいました…」コナン「トイレ行くぞ!」
コナン「火事だ服部!!」服部「背火傷、工藤!!!!!」
コナン「何だ?こんな所にチ○コが落ちてる」阿笠博士「ワシじゃよ」
阿笠博士「できたぞ新一、元太くんを射精させるスイッチじゃ」

63: 2020/11/28(土) 21:50:17.43 ID:YikILLzb
>>59
マジで腹捩れるくらい笑った

62: 2020/11/28(土) 21:45:12.04 ID:kU7Q3x4/
コナンssはラ板でもちょっと見ないレベルで狂ってるからキツイ

91: 2020/11/30(月) 13:43:39.29 ID:fYO2Vuxg
最初から最後まで訳分からんくてワロタ

引用元: https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1606561432/

おすすめ記事(外部)
     
ラブライブ! おすすめ記事(外部)
タイトルとURLをコピーしました