【SS】副会長「会長も優木せつ菜ちゃんのファンなんですか!」中川「え、え~と……」ダラダラ【ラブライブ!虹ヶ咲】 | ラブライブ!まとめ ぷちそく!!

【SS】副会長「会長も優木せつ菜ちゃんのファンなんですか!」中川「え、え~と……」ダラダラ【ラブライブ!虹ヶ咲】





副会長 SS
1: 2020/12/13(日) 11:29:17.89 ID:shD/m2Vv
副会長「嬉しいです!こんな近くに同志がいるなんて!」バンッ

中川「あ、あの~……」

副会長「とっても可愛いですよね!せつ菜ちゃん!」ニギッ

中川「そ、そうですね。アハハハハ……///」

7: 2020/12/13(日) 11:33:09.66 ID:shD/m2Vv
副会長「──会長。今回の予算に関する書類を一通り纏めておきましたので、よろしくお願いします」

中川「いつもありがとうございます。あとで内容を確認させてもらいますね」

副会長「それと、会長」

中川「はい。なんでしょうか」

副会長「あの……じ、実は……」

中川「んっ?」

副会長「せつ菜ちゃんの事でご相談が……///」ボソッ

13: 2020/12/13(日) 11:37:21.35 ID:shD/m2Vv
中川「えっ?!わt……せ、せつ菜さんがどうかしたんですか!?」

副会長「ええ。前々から、会長とはせつ菜ちゃんについて色々と情報の交換をしたいと思っていたのですが……」

副会長「よろしければ、今度お昼ご一緒しませんか?」

中川「八(ゲンドウポーズ)」ダラダラダラダラ



中川「(こ、これはマズイ事になりました!!!)」

16: 2020/12/13(日) 11:43:32.62 ID:shD/m2Vv
愛「おーい!せっつー!」

侑「そろそろお昼食べに行こうよ」

せつ菜「ああ、皆さんすみません」

歩夢「んっ?」

せつ菜「今日は生徒会の方との約束がありましたので……」

愛「そっかー、なら仕方ないね!」

17: 2020/12/13(日) 11:46:04.59 ID:shD/m2Vv
侑「生徒会の人?それって、もしかして……」

歩夢「むぅ~。侑ちゃん、また何か知ってるの?」ジー

侑「うん。この前、ちょっと色々あってさ」

歩夢「色々って何?私、聞いてないよ?」ジー

愛「ほらほら二人とも!せっつーはこれからデートなんだから邪魔しちゃ悪いって!」

せつ菜「デ、デートなんかじゃありませんからっ!?///」バンッ

19: 2020/12/13(日) 11:49:02.45 ID:shD/m2Vv
副会長「………………」



副会長「(うふふ♩)」

副会長「(意外でした。まさか、あの会長もせつ菜ちゃん推しだったなんて)」

副会長「(今日は二人で、せつ菜ちゃんについてたくさん語り合いますよ!)」

副会長「………………」

副会長「(って、それにしても遅いですね)」

副会長「(一体何してるんでしょうか?)」

23: 2020/12/13(日) 11:58:45.10 ID:shD/m2Vv
せつ菜「失礼します!!!」

副会長「あっ、会ちょ……」



副会長「んっ?貴方は……」

副会長「ゆ、ゆゆゆ優木せつ菜ちゃん?!///」ガタッ

せつ菜「はい」

副会長「ぶ、部活動以外で彼女の姿を見た者は誰一人おらず」

副会長「学年も学科も非公開で、その全貌は未だ謎に包まれている……」

副会長「正体不明のスクールアイドル!?」

せつ菜「ええ、そうです。私が……優木せつ菜です!!!」

25: 2020/12/13(日) 12:02:48.35 ID:shD/m2Vv
副会長「でも、どうしてせつ菜ちゃんがここに……」

せつ菜「えっ?え、え~と……それはですね~……」

せつ菜「な、中川さんからご紹介を頂いたので!!!」

副会長「会長が?」

せつ菜「はい。あまり公にお話する事は出来ないんですが……」

せつ菜「私と中川さんは古くから交友関係がありまして」

せつ菜「それで今回、私に会わせたい人がいると聞いて」

副会長「………………」

せつ菜「(あ、あれ……私、何か変な事言いましたっけ?)」

26: 2020/12/13(日) 12:06:38.63 ID:shD/m2Vv
副会長「うふふっ……w」

副会長「デュフフフフwwwコポォwwwwww」





副会長「ふくせつルート♡♡♡キマシタワーーー♡♡♡♡♡」ニギッ

36: 2020/12/13(日) 12:52:09.33 ID:4Nbf/+mH
会長 「スクールアイドル同好会で、誰が好きなんですか?」

副会長「せつ菜ちゃんです」

会長 「私がせつ菜!!!!!」

40: 2020/12/13(日) 13:03:56.65 ID:shD/m2Vv
せつ菜「!!?」

副会長「す、すみません。つい興奮して取り乱してしまいました」

副会長「でも、本当に嬉しいです!憧れだった、せつ菜ちゃんが目の前にいるなんて……」

せつ菜「あ、ありがとうございます!!!」

副会長「私、せつ菜ちゃんとずっとレズセしたかったんです!」

せつ菜「(レズセ?レズセとは何かの略語みたいなものでしょうか……)」

副会長「昨夜もせつ菜ちゃんをブチ犯す妄想で抜かせてもらいました!」

せつ菜「そ、そうなんですか。アハハハハ……」ダラダラダラダラ

41: 2020/12/13(日) 13:08:17.51 ID:shD/m2Vv
副会長「ハッ!」

副会長「拙者とした事が、また口が滑ってしまいました……」

せつ菜「いえ。あまり気になさらなくても大丈夫ですよ」

せつ菜「意味はよくわかりませんでしたが、それでも“大好きな気持ち”は凄く伝わりましたから!!!」ニコッ

副会長「せつ菜ちゃん……///」ニギッ

せつ菜「あっ!そろそろお腹も空いてきた時間ですし……」

せつ菜「とりあえずお弁当でも食べながら話しませんか♩」パカッ

44: 2020/12/13(日) 13:13:54.05 ID:shD/m2Vv
副会長「これって、まさか……///」

せつ菜「もちろん、私が手作りして持ってきたお弁当です!!!」

副会長「せつ菜ちゃんの手作りお弁当キタ―――(゚∀゚)―――― !!」

せつ菜「良かったら、お弁当のオカズをお互いにシェアしませんか?」

副会長「デュフwい、いいんですか……///」

せつ菜「はい。どうぞ♩」

副会長「じ、じゃあ……拙者、このハンバーグが食べたいですぞ♡」

せつ菜「えーと……ハ、ハンバーグ?これは卵焼きですよ?」

46: 2020/12/13(日) 13:22:27.91 ID:shD/m2Vv
副会長「あの、一生のお願いがあるんですが……」

せつ菜「?」

副会長「わ、私に……ア~ンしてもらえませんかっ///」

せつ菜「食べさせて欲しい、という事でしょうか?構いませんよ!!!」

副会長「 完 全 勝 利 」ニチャア

副会長「(せつ菜さんにア~ンしてもらえるなんて)」

副会長「(もう死んでも良いくらい……今が最高です!)」



せつ菜「では、いきますよ~!ソレッ♩」

68: 2020/12/13(日) 20:53:44.42 ID:shD/m2Vv
走り出した!思いは強くするよ

悩んだら君の手を握ろう



大事な気持ち まるで裏切るように過ごした

昨日にはもうバイバイして

繰り返した リスクと後悔

言い訳ばかり探して決めつけた

振り回すのはやめて



足を踏み出す
 
最初はこわいかも

でも「進みたい」

その心があれば!

69: 2020/12/13(日) 20:54:51.36 ID:shD/m2Vv
走り出した!思いは強くするよ

悩んだら君の手を握ろう

なりたい自分を我慢しないでいいよ

夢はいつか ほら輝き出すんだ!



────────
────
──

70: 2020/12/13(日) 20:57:22.28 ID:shD/m2Vv
副会長「──ハッ!」ガバッ

副会長「………………」

副会長「(んっ、保健室のベッド?)」

副会長「(私はどうしてここに……)」

副会長「(確かあの時……せつ菜さん手作りの卵焼き?を食べさせてもらって……)」

副会長「………………」


中川「……zZZ」


副会長「(横の椅子に座っているのは……会長?)」

71: 2020/12/13(日) 21:00:47.11 ID:shD/m2Vv
副会長「あの、会長」

中川「うわぁああ?!」ボトッ

副会長「すみません。決して、脅かすつもりは無かったのですが」

中川「目が覚めたみたいですね。びっくりしました……」

副会長「それより、今何か落とされましたよ」

中川「へっ?あ、ああ!これはなんでもありませんから!何でも!」ヒョイ

副会長「?」

中川「ところで、体の具合はどうですか?」

副会長「ええ。おかげさまで、ぐっすり休めました」

副会長「このところ生徒会の仕事も忙しいかったので、自分でも気づかないくらい疲れが溜まっていたのかもしれませんね」

中川「心配してましたよ!!!せ、せつ菜さんも……」

副会長「………………」

72: 2020/12/13(日) 21:04:09.95 ID:shD/m2Vv
副会長「良かった」

中川「良かった……?」

副会長「あっ、いえ。てっきり夢でも見ていたのかと思って」

副会長「だって本当に嬉しかったんです。大好きなせつ菜ちゃんに会えて」

中川「………………」

副会長「私、恥ずかしながら……つい最近まで、スクールアイドルの存在すらよくわかってなかったんです」

副会長「でも今回、色々と勉強していく中で……」

副会長「たまたまネットで動画を視聴していた時、出会ってしまったんです」

中川「────」

副会長「優木せつ菜という、スクールアイドルに」

73: 2020/12/13(日) 21:07:59.70 ID:shD/m2Vv
副会長「一度走り出したら、もう誰にも止められない」

副会長「とても真っ直ぐな歌詞と、そして力強い歌声……」

副会長「その時、私の中に自然と勇気が湧いてきたんです」

副会長「歌が終わった後、なんか凄く元気をもらったような気がして」

副会長「その姿はまるで、私の前に突然現れた──────」



副会長「正義のヒーローのようでした」

74: 2020/12/13(日) 21:11:50.83 ID:shD/m2Vv
中川「ぷふっ……」

副会長「か、会長?」

中川「すみません。でも、なんか可笑しくって……ぷふっ!」

副会長「ひ、酷いですよ!人が真面目に話をしている時にっ///」

中川「だって……!」クスクス

副会長「うふふっ」

副会長「それと、もう一つ大きな収穫もありましたけど♩」

中川「大きな収穫ですか?是非、聞かせて欲しいです!!!」

75: 2020/12/13(日) 21:14:16.84 ID:shD/m2Vv
副会長「それは、せつ菜ちゃんという一人のスクールアイドルを通じて……」

副会長「会長と、こうしてお友達になれた事です♩」



中川「……えっ///」

76: 2020/12/13(日) 21:17:47.45 ID:shD/m2Vv
副会長「でも、なんか意外でした 」

中川「?」

副会長「会長が先程から手に持っているその本……紅蓮の剣姫、ですよね」

中川「えっ!?知ってるんですか、紅蓮の剣姫!?」ガタッ

副会長「大人気ライトノベルで、今度TVアニメ化も予定されますからね」

副会長「まさか会長にも、こんな趣味があったなんて」クスクス

77: 2020/12/13(日) 21:22:18.14 ID:shD/m2Vv
中川「あの!!!」ズイッ

副会長「えっ……///」

中川「それなら、今度二人で紅蓮の剣姫について語り合いませんか!!!」

副会長「は……はいっ///」

中川「それから、私の事は会長ではなく……」

中川「な、菜々ちゃんって呼んで欲しいですっ///」

副会長「ええ。わかりました」ニコッ

副会長「今度のLive、学校全体をあげて絶対に成功させましょう!」

副会長「せつ菜さんの為にも……そして、菜々ちゃんと私の為にも!」

スッ……

78: 2020/12/13(日) 21:24:33.31 ID:shD/m2Vv
副会長「一緒に頑張りましょう、菜々ちゃん!」

中川「……はい♩」





菜々「よろしくお願いします!!!」ニギッ

79: 2020/12/13(日) 21:25:07.20 ID:shD/m2Vv
終わり

80: 2020/12/13(日) 21:25:08.00 ID:vcRstrl0
|c||^.- ^||b

81: 2020/12/13(日) 21:28:02.35 ID:1m9HGI0Z
あらぁ^~

84: 2020/12/14(月) 00:54:20.89 ID:m4Yh7q3W
身バレしても許してくれそう
むしろいろいろと喜びそう

85: 2020/12/14(月) 12:52:01.65 ID:BS0rZmek

副菜々は健康に良い

82: 2020/12/13(日) 21:40:52.63 ID:3m0G1tKY
面白かった!

引用元: https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1607826557/

おすすめ記事(外部)
   
ラブライブ! おすすめ記事(外部)
タイトルとURLをコピーしました