優木せつ菜ーSS

【SS】璃奈「キャラメイク、出来た」侑「これ璃奈ちゃん?ちょっとボンキュッボン過ぎない??」【ラブライブ!スーパースター!!】

SS
SS
優木せつ菜ーSS
天王寺璃奈ーSS
虹ヶ咲ーSS
高咲侑ーSS
璃奈「…」ペシペシ 侑「痛っ!ごめんってば!無言でぺしぺししないで~!」
2

【SS】小林「私のクソガキが有名になってエ  な台詞喋ってる!?」【ラブライブ!】

SS
SS
ラブライブ!サンシャイン!!ーSS
中の人ーSS
優木せつ菜ーSS
津島善子ーSS
虹ヶ咲ーSS
ヨハネマンション 善子「0時になった!始まったわ!」ワクワク 小林「ふわあ~。ヨハちゃんもう寝ないとダメだよー」 善子「あら小林。ヨハネはこれから今期イチオシのアニメを見るのよ!」 小林「珍しいね」 善子「こないだせつ菜にオススメされて見てみたらハマっちゃってね。原作も一気読みしちゃったのよ」 小林「へぇー。せっかくだから小林も見てみよう」 善子「結構グロいシーンあるけど大丈夫?…まあ今日の回はまだ大丈夫か」 小林「平気平気!ヨハちゃんと好きなものは共有しないと!」
2

【SS】せつ菜「栞子さんの生徒会長就任のお祝いに手作りのお料理をご馳走します!」(安価)【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
三船栞子ーSS
優木せつ菜ーSS
天王寺璃奈ーSS
虹ヶ咲ーSS
■約10000文字■せつ菜「と、意気込んでお家のキッチンに立った瞬間なぜか母に遊んでらっしゃいと追い出されてしまいました」 せつ菜「なので、璃奈さんのお家に来ました!」 璃奈「なんで?」 せつ菜「私たちIT活用チームのよしみじゃないですか!せっかくですし2人で作ったお料理を栞子さんに送りましょう!きっと喜んでくれますよ!」 璃奈「そうかな?」
1

【SS】せつ菜「ともりさん!手を繋ぎましょう!」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
中の人ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
ともりる「いきなりどうしたのせつ菜?」 せつ菜「いいから!手を繋ぎたいんです!」 ともりる「うん。いいよ」 ギュッ せつ菜「ずっとこうしていたいです ……」 ともりる「せつ菜…?急にそんな事言われると照れるなぁ」 せつ菜「もっと照れさせてあげますよ♡」ギュッ! ともりる「もう十分だよ~///」
1

【SS】せつ菜「うおおおおおおお!!!ともりさんに大好きを叫びにいきますよー!!!」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
中の人ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
せつ菜「でもどんな大好きを伝えましょう!!」 せつ菜「>>3さんに聞いてみましょう!」   3: 2022/11/03(木) 08:02:35.93 ID:qs8lNENA 南條
3

【SS】侑「誰を何回オカズにしたかわかるメガネ?」 璃奈「うん」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
しおせつーSS
三船栞子ーSS
中須かすみーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
高咲侑ーSS
1:名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/10/29(土) 21:28:49.65 ID:OS5DqWbK 侑「何の変哲もないメガネに見えるけど……」 璃奈「侑さんにあげる」 侑「え、貰っ...
3

【SS】せつ菜「歩夢さんと密室。何も起きないはずがなく……」

SS
SS
せつぽむーSS
上原歩夢ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
歩夢「せつ菜ちゃん、明日一緒にカラオケに行かない?」 せつ菜「カラオケ、ですか?」 歩夢「ほら、明日はお休みでしょ? あれから上手に歌えるようになったか、せつ菜ちゃんに見て欲しくて!」 せつ菜「なるほど! ですが、それでしたら学内の収録ブースでも……」 歩夢「そうなんだけど、カラオケBOXだったら、あそこよりも多くの種類の曲が歌えるでしょ?」 せつ菜「確かにそうですが……」 歩夢「それにカラオケBOXだったら、せつ菜ちゃんの好きなアニメ映像付きで歌えるよ?」 せつ菜「──!! 是非!! カラオケBOXに行きましょう!!」グッ 歩夢「ありがとう!せつ菜ちゃん!」  
0

【SS】歩夢「お色気大作戦」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
せつぽむーSS
上原歩夢ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
in せつ菜ホーム 侑・愛「おじゃましまーす」 せつ菜「お茶用意するので適当に寛いでてください!」 侑・愛「はーい」 愛「今日は歩夢はいないみたいだねー」キョロキョロ 侑「あのさ、愛ちゃん……」 愛「ん?」 侑「なんかね、最近の歩夢妙にえ ちぃ気がするんだよね」ジトー 愛「どうしたん急に?w」
0

【SS】しずく「ゆうしぇんぱ~い💙」歩夢「あゆぴょんだけをみて?♡」せつ菜「だ~いしゅきっ♡」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
ゆうしずーSS
ゆうせつーSS
ゆうぽむーSS
上原歩夢ーSS
優木せつ菜ーSS
桜坂しずくーSS
虹ヶ咲ーSS
高咲侑ーSS
しずく「ゆうしぇんぱ〜い💙 ちゅーしましょちゅ〜〜💙」ギュッ♡ 侑「し、しずくちゃんっ!?///」ドキッ! せつ菜「しずくさんばっかりずるい〜! 私も〜〜っ!♡」ムギュ♡ 侑「せ、せつ菜ちゃん……///」ドキドキ 歩夢「む〜〜他の子ばっかり構ってたら、あゆぴょん寂しいぴょん〜〜♡♡」モキュ🐰 侑(ど、どうしてこんなことに〜〜!!??///)ドキドキドキ
5

【SS】せつ菜「三船栞子マイクロビキニかるた(CV:ぴっぴ)を売り出しますよおおお!」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
しおせつーSS
三船栞子ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
あ あん…っ 見つかっちゃった…♡ 私のかるたを よろしくお願いしますね♡ (CV:ぴっぴ) せつ菜「うおおおおおお!これは間違いなく売れますよおおおお!」スラスラ  
0

【SS】せつ菜「栞子さんへのお誕生日プレゼント、どうしましょうっっ!!」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
しおせつーSS
三船栞子ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
誕生日—虹ヶ咲
0

【SS】栞子「姉さんにせつ菜さんを紹介することになりました」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
しおせつーSS
三船栞子ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
薫子「ね~ね~栞子~」後ろから緩く抱きついて 栞子「はいはい、なんですか姉さん」 薫子「今度のお休みドライブ行こうよ~折角免許取ったからさ~」 栞子「すみません、その日は予定があるので……」 薫子「また~? スクールアイドルやるようになった時期は付き合い良かったのに、最近また冷たいよね~」 栞子「生徒会長になりましたし、スクールアイドルとの両立は結構大変なんですよ(まあ、その日はせつ菜さんとデートですけれど……)」
0

【SS】栞子「今日はせつ菜さんやみなさんと、冬の花火大会です」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
しおせつーSS
三船栞子ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
ランジュ「ほら見て栞子! 上手くハートを描けているかしら!」♡ を花火で描いて 栞子「ふふ、ええ、よく出来ていますよ」ニッコリ ランジュ「そうでしょう? ふふーん、合宿の時の経験が活きたわね!」胸を張って 璃奈「おー。ミアさん、私達も二人でハート描いてみよう。璃奈ちゃんボード『めらめら』」 ミア「な、なんでボクが。ま、まあ、どうしてもというならやらないことはないけど……」 愛「あ~ん、りなりーもミアチもかわいいよ~~! ほら視線こっちこっち!」パシャパシャ ランジュ「きゃあ! 見事なハートだわ! 二人ともやるじゃない!」
0

【SS】栞子、湯あみ中にせつ菜を想ふ【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
しおせつーSS
三船栞子ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
―――ちゃぷん、と音を立て。栞子はしなやかな肢体を湯船に揺蕩わせる。 私、三船栞子は、優木せつ菜さんとお付き合いしている。 彼女に惹かれ。ライブ後の肌の触れ合いからお付き合いが始まり。その後正式に告白された。 告白。 まっすぐな、せつ菜さんの想い。 彼女の全力での『大好き』を一身に受け止めて以来。 文字通り、寝ても覚めても彼女のことを考えてしまう。 ―――湯船の中で、胸に手を当てる。 彼女のことを、以前は尊敬や憧れに近い感情で、淡く想っていた。 その中には、彼女に触れたい、触れられたいという欲求と、好奇心も含んでいた。 それは、お付き合いが始まってからもそうで。
0

【SS】栞子「せつ菜さんとお付き合いすることになりました」【ラブライブ!虹ヶ咲】

SS
SS
しおせつーSS
三船栞子ーSS
優木せつ菜ーSS
虹ヶ咲ーSS
ランジュ「きゃあ、いつの間に! 栞子も隅に置けないわね。おめでとう!」 栞子「ありがとうございます。ついてはランジュに相談がありまして……」 ランジュ「なになに? この鐘嵐珠に任せなさい、なんてね。その前に、どうやって付き合うことになったのか、ワタシに聞かせなさいよ」 栞子「えっと、実はこの前のライブが終わった後に……。その、二人で触れ合うことになりまして。その流れでというか……」 ランジュ「もしかして手を握り合ったりしたのかしら!」 栞子「いえ。最初は足をお揉みして。それからぎゅって抱きしめて頂いて」 ランジュ「きゃあ! 栞子もせつ菜も大胆ね!」
3
タイトルとURLをコピーしました