【SS】かすみ「ん~♡ やっぱりハーゲンダッツはいちごに限るなぁ~……ん?いちご?!…これ歩夢先輩のだ!!」【ラブライブ!虹ヶ咲】





SS
3:(たまごやき) 2021/10/19(火) 00:58:29.85 ID:rx6T/Uid
かすみ「ど、どうしよう!?」

かすみ「つい冷凍庫開けたらいちごがあったから条件反射で取っちゃったけど」

かすみ「かすみんが買ったのは期間限定の吟撰きなこ黒みつだったんだ…」

かすみ「うわああ!どうしようどうしよう!!間違っちゃいましたよ!!絶対怒られる…」

かすみ「…」

かすみ「…一口食べちゃったなら全部食べても変わらないよね」

かすみ「あむっ……ん~~♡ 美味しい~♡♡♡」

ムシャムシャ



かすみ「どうしよう~~~~!!!!!!!!」

7:(たまごやき) 2021/10/19(火) 01:04:19.05 ID:rx6T/Uid
かすみ「とりあえず容器はゴミ箱に捨てて…」

かすみ「そう!ゴミ箱は聖域!開けて確認されることもないはず!」

かすみ「しかし冷凍庫にはハーゲンダッツがない!」

かすみ「戸惑いながら怒る歩夢先輩!」

かすみ「そこへかすみんが、もう食べちゃったんじゃないですか~?の一言!」

かすみ「え~そうだっけ~?」

かすみ「もー、歩夢先輩はおっちょこちょいなんだから~!」

かすみ「…これでよし!」

かすみ「幸い、歩夢先輩はいつも侑先輩と来るので、侑先輩もかすみんにノッてくれるはず!」

かすみ「実質2体1!歩夢先輩は深追いせずこの件はしゅーりょー!」

かすみ「それで今日の帰りにかすみんが同じものを買って明日の朝イチで冷凍庫へイン!」

かすみ「あれ~、歩夢先輩、ハーゲンダッツ入ってるじゃないですか~ ほんとにおっちょこちょいなんですね~!」

かすみ「…合格!」

10:(たまごやき) 2021/10/19(火) 01:07:52.02 ID:rx6T/Uid
かすみ「超短時間で考えた割には、素晴らしい案が完成しましたね」

かすみ「さすがかすみん!」

かすみ「歩夢先輩をおっちょこちょい扱いするのは心が痛むけど、歩夢先輩を怒らせたら怖いのはもう知ってるので仕方ありません…」

かすみ「とにかく、この作戦で乗り切る!」

ガララッ

かすみ「!」

侑「おはよー」

歩夢「おはようかすみちゃん」

かすみ「お、おおおおおお、おは、おはようございます!!!」

侑「?」

歩夢「声震えてるよ?飴舐める?」

かすみ「いらないです!!」

かすみ(つい焦ってしまいました…平常心平常心…)スーハー

12:(たまごやき) 2021/10/19(火) 01:13:11.17 ID:rx6T/Uid
侑「ふー、今日も練習頑張ろうね~」

かすみ「そ、そうですね」

歩夢「…」ソワソワ

侑「歩夢、ソワソワしてどうしたの?トイレ?」

歩夢「…」ベチーーン

かすみ(ひいっ!?)

歩夢「もー、侑ちゃんは時々デリカシーゼロスケなんだからぁ~♪」

侑「ほへんよあふふ…」ヒリヒリ

かすみ(もしかすみんが歩夢先輩のハーゲンダッツ食べたことバレたら……これじゃ済まないはず………死んじゃいますよぉ……)ガクブル

14:(たまごやき) 2021/10/19(火) 01:20:55.27 ID:rx6T/Uid
侑「それで、なんでそんなにソワソワしてるのさ」

歩夢「ほら!この前ハーゲンダッツ買ったでしょ?」

かすみ(!)

侑「あー、買ってたね!」

歩夢「練習前に食べちゃおっかな~って」

侑「それでソワソワしてたんだね 歩夢は可愛いな~」

歩夢「も~」

かすみ(さっき全然可愛くないビンタ喰らってたのにさすが侑先輩…)

かすみ(…じゃなくて、思ったより早くハーゲンダッツが無いことがバレそう!でも、かすみんの計画は完璧です 観念してください!)

侑「じゃあわたしもホームランバー今食べよっかな~」

歩夢「そうしよう!」

かすみ(ふう…大丈夫…かすみんはやればできる子…)

16:(たまごやき) 2021/10/19(火) 01:31:37.06 ID:rx6T/Uid
侑「かすみちゃんもアイス食べる~?」

かすみ「へ?!」

侑「そんな驚かなくても…」

かすみ「い、いえ!か、かかかかかか、かすみんはおなかいっぱいなので大丈夫ですよぉ?!」

侑「そ、そう…」

歩夢「かすみちゃん、体調悪い?」

かすみ「な、なんでですか?」

歩夢「様子変だし」

かすみ「か、かすみんはいつも通りですよ?」

歩夢「それならいいんだけど」

かすみ「心配してくれてありがとうございます!」

かすみ(ちょっとかすみん?!平常心!平常心だから!)

17:(たまごやき) 2021/10/19(火) 01:33:34.09 ID:rx6T/Uid
侑「ま、みんなが集まる前にアイス食べちゃおっか」

歩夢「そうだね」

かすみ(…)ドキドキ

ガチャッ

侑「おー!わたしのホームランバーがキンキンに冷えてる!」

歩夢「…」

かすみ(…)

侑「歩夢?どうかした?」

歩夢「わたしのハーゲンダッツがない…」

侑「ええ?!」

かすみ(……)ダラダラダラダラ

19:(たまごやき) 2021/10/19(火) 01:37:48.20 ID:rx6T/Uid
歩夢「わたしのハーゲンダッツがない!!」バンッ

侑「ちょ、歩夢…冷凍庫壊れちゃうから…」

歩夢「だってないんだもん!わたしが楽しみにとっておいたハーゲンダッツ!!」

侑「た、確かにそれはまずいけどさ…一旦落ち着こう?」サスサス

歩夢「ハーゲンダッツ…」ゴゴゴゴゴ

かすみ(め、めちゃくちゃ怒ってる…)

侑「でもどうしてないんだろう」

歩夢「…」ゴゴゴゴゴ

かすみ「……も、もう食べちゃったんじゃn」

歩夢「そんなわけないでしょ!!!」バンッ

かすみ「は、はい……!」

かすみ(あーもうこれやばいですって…計画とかもう遂行できる気がしません……で、でも!かすみんが犯人だということがバレなければいい!)

22:(たまごやき) 2021/10/19(火) 01:41:10.59 ID:rx6T/Uid
侑「とりあえずさ、買った日のことから順に思い出していこうよ?」

歩夢「先週の木曜日に買って冷凍庫に入れて、その日から冷凍庫は開いてない」

侑「確かに…普段冷凍庫なんか使わないからね」

歩夢「侑ちゃん、アイシング用に氷とか作る時に何か見てない?」

侑「そういえば、わたしが昨日帰る時にはあったはずだよ」

歩夢「だよね わたし食べてないもん」

かすみ(…)ダラダラダラダラ

24:(たまごやき) 2021/10/19(火) 01:45:42.60 ID:rx6T/Uid
侑「てことは、昨日の練習終わりからわたしたちが部室に来るまでの間に、ハーゲンダッツが失踪しちゃったってことだ」

歩夢「…あれ、ゴミ箱の蓋が開いてる」

かすみ「!?」

かすみ(ま、まさか閉め忘れてた?!)

侑「ほんとだ……あ、歩夢のハーゲンダッツのゴミが入ってる」

かすみ「」

歩夢「…つまり、誰かが間違って食べちゃったってことだね」

侑「そうかもねぇ」

かすみ(ああああ!聖域崩壊です!!)

歩夢「……なんか、今さっき食べ終わりましたみたいな感じだけど」

侑「ほんとだ まだ容器冷たいね」

かすみ(おわったーーーーーーー)

26:(たまごやき) 2021/10/19(火) 01:49:50.15 ID:rx6T/Uid
歩夢「…かすみちゃん、何か知らない?」

かすみ「……し、知りませんよぉ?!かすみんだって別に冷凍庫開ける用事なんてありませんし、さっき言った通りおなかいっぱいですし、第一かすみんも2人が来る直前に部室に来ましたし、決して歩夢先輩のハーゲンダッツなんて食べてません!!」

歩夢「そっか…」

かすみ(ふぅ~~~~~~~…)

侑「じゃあ誰が食べちゃったんだろうね」

歩夢「…もうやめにしよう」

侑「え?」

かすみ(え?)

歩夢「ちょっとわたしイジワルだったよ」

侑「歩夢?」

歩夢(あ、歩夢先輩?)

27:(たまごやき) 2021/10/19(火) 01:55:40.87 ID:rx6T/Uid
歩夢「もしかしたらわたしが忘れてるだけで食べちゃってたのかもしれないし」

歩夢「そうじゃなくて他の誰かが間違って食べちゃったとしても、犯人探しなんて良くないもん」

侑「歩夢…」

歩夢「それに、また買えばいいだけだもんね!」

侑「歩夢は優しいね」ナデナデ

歩夢「同好会のみんなが大好きだから」

侑「わたしも歩夢が大好きだよ」ナデナデ

歩夢「も~///」

かすみ「…」

29:(たまごやき) 2021/10/19(火) 01:59:14.52 ID:rx6T/Uid
かすみ(助かった…助かったけど、完敗です)

かすみ(歩夢先輩がなんで人気があるのかよくわかりました)

かすみ(歩夢先輩のその優しさが、見た目や歌に出てるから、みんな歩夢先輩のことを好きになるんです)

かすみ(かすみんも、そんな歩夢先輩が大好きです)

かすみ(…)

かすみ(はぁ…かすみんって嫌な子だなぁ…)

かすみ(明日ハーゲンダッツ3個持って、歩夢先輩に謝ろう…)


侑「あ!満塁ホームランだ!」

歩夢「やったね侑ちゃん!」


かすみ(歩夢先輩可愛いなぁ…)


ピロン

30:(たまごやき) 2021/10/19(火) 02:02:03.17 ID:rx6T/Uid
かすみ(あれ?LINEだ…)ポチッ

かすみ「」


♡歩夢先輩♡>ふふっ

♡歩夢先輩♡>かすみちゃんは今日、わたしの家に一緒に帰ろうね☺

♡歩夢先輩♡>理由はわかるよね☺

♡歩夢先輩♡>☺☺☺☺☺☺


かすみ「」ダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラ

34:(たまごやき) 2021/10/19(火) 02:06:23.79 ID:rx6T/Uid
かすみ「…」バッ

歩夢「…」

かすみ「…」

歩夢「☺」

かすみ「」ダラダラダラダラダラダラダラダラ


かすみ(ぜ…全部バレてたあああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!)


──────────

38:(たまごやき) 2021/10/19(火) 02:33:21.62 ID:rx6T/Uid
侑「あれ?かすみちゃん、なんでこっちなの?遠回りじゃない?」

かすみ「それは……」

歩夢「ふふっ、かすみちゃんは今日、わたしの家に泊まっていくんだよね☺」

かすみ「あはは…」

侑「えー?わたしも2人とお泊まりしたいよ~」

歩夢「うーん ちょっとね、2人だけで大事な話をしたいんだ」

侑「そっかぁ それなら仕方ないね」

歩夢「だから、話が終わったら侑ちゃんを呼ぶね?」

侑「ほんと?!やった~~!!3人でお泊まり~!!」ウキウキ

歩夢「ふふっ、楽しみだね☺」

かすみ「」ダラダラ

歩夢「手も繋いで帰ろうね☺」ギュ

かすみ「」

かすみ(ああ…いつもは嬉しい歩夢先輩との手繋ぎも、今はかすみんを逃がさないための鎖にしか感じなくて辛いです………)

────────

40:(たまごやき) 2021/10/19(火) 02:44:02.50 ID:rx6T/Uid
侑「それじゃまたあとでね~」フリフリ

歩夢「うん♪」



歩夢「ふふっ、それじゃあがって♡」ニコニコ

かすみ「お…おじゃまします……」

ガチャン

歩夢「まずは手洗いうがいしよっか♡」ニコニコ

かすみ「はい…」

ジャー



歩夢「ほらほら、早くわたしの部屋に行って♡」ニコニコ

かすみ「…」ガクブル

バタン


41:(たまごやき) 2021/10/19(火) 02:46:55.46 ID:rx6T/Uid
歩夢「ふぅ」

かすみ「…」ガクガクブルブル

歩夢「…正座」

かすみ「…へ?」

歩夢「正座 はやくして」

かすみ「は、はい!」スッ

歩夢「はぁ…」

かすみ(もう終わりですね さよなら世界…)

歩夢「何が言いたいかわかるよね?」

かすみ「…」

歩夢「かすみちゃん?わかるよね?」

かすみ(…い、いえ!ここで諦めたら試合終了です!!まだ誤魔化すチャンスはあるはず!ここまで来たら、とことん抗戦してやりますよ!かすみんやってやりますよ!)

かすみ「…な、なんのことかわからないですね~」

歩夢「ふ~ん」

42:(たまごやき) 2021/10/19(火) 02:50:12.91 ID:rx6T/Uid
歩夢「シラをきるんだね」

かすみ「ほ、ほんとに何言ってるかわからないです」

歩夢「…わたしのハーゲンダッツ食べたの、かすみちゃんだよね?」

かすみ「だ、だから違うって言ってるじゃないですか!」

歩夢「うーん…」

かすみ「かすみんじゃないですよ…ほんとですよ!」

歩夢「昨日の練習終わりね、最後に部室を出たのはわたしと侑ちゃんなんだ」

かすみ「そうですね」

歩夢「その時に侑ちゃんはわたしのハーゲンダッツがあることを確認してるの」

かすみ「はい」

歩夢「でもそれが、今日の朝来た時にはなくなってた」

かすみ「残念ですね」

歩夢「うーん…」

かすみ「その空白の時間に、かすみん以外の誰かが食べちゃったんですって」

歩夢「そっかぁ」

43:(たまごやき) 2021/10/19(火) 02:53:19.18 ID:rx6T/Uid
歩夢「でもね、今日の朝部室の鍵を取りに行ったら、かすみちゃんが持ってったよって先生が言ってたんだ」

かすみ「……別にかすみんの他にも誰かがいたのかもしれないですよ」

歩夢「でもかすみちゃんさ、わたしたちが来る直前に部室に来たって言ってたよね」

かすみ「…」ギクッ

歩夢「その話が本当なら、わたしたちが部室に来た時点で他にも誰かいるはずだよね」

歩夢「本当に直前に部室に来たなら、部室から離れる時間なんてないよね」

歩夢「部室のどこかに隠れてた?それとも瞬間移動?」

かすみ「…」ダラダラ

46:(たまごやき) 2021/10/19(火) 02:57:48.10 ID:rx6T/Uid
歩夢「わたしたちが来る直前に来たって話、嘘なんでしょ?わたしのハーゲンダッツを完食できる時間は確保出来てたんでしょ?」

かすみ「う…あ……」

歩夢「わたしのハーゲンダッツのゴミさ、容器の底に残ったアイスの溶け方も、容器の冷たさも、まるで誰かが直前に完食したかの様なものだったんだよね」

かすみ「」ダラダラ

歩夢「それでも他の誰かが食べたっていうの?わざわざ部室に来てわたしのハーゲンダッツを食べて、わたしたちが来る前に部室から逃げたの?」

歩夢「そんなイジワルな子、同好会にいるの?」

かすみ「…」ダラダラダラダラ

歩夢「まあ、わたしのハーゲンダッツを食べて、それをひたすら隠そうとするイジワルな子はいるみたいだけどね」

かすみ「」ダラダラダラダラダラダラ

49:(たまごやき) 2021/10/19(火) 03:00:44.83 ID:rx6T/Uid
歩夢「そもそもかすみちゃんさ、わたしたちが部室に来た時から何か様子が変だったよね」

かすみ「」ダラダラ

歩夢「わたし調子悪いか聞いたもんね」

かすみ「」ダラダラ

歩夢「今もすごく調子悪そうだけど、どうかしたの?」

かすみ「」ダラダラダラダラ

歩夢「…優しい優しいかすみちゃんのことだから、嘘をついてることに罪悪感あったんでしょ?だから何か不自然だったんでしょ?」

かすみ「」ダラダラダラダラ

歩夢「ふふっ、本当にかすみちゃんは優しいね」ニコニコ

かすみ「」ダラダラダラダラダラ

50:(たまごやき) 2021/10/19(火) 03:04:17.29 ID:rx6T/Uid
歩夢「あとね、決定的な証拠があるんだよ」

かすみ「!」

かすみ(け、決定的な証拠?!そんなのかすみん残してません!!)

歩夢「かすみちゃんのお口から、甘いいちごの匂いがしてたよ」

かすみ「ええ?!うそ!!??」

歩夢「え?ほんとにいちごの匂いしてたの?」

かすみ「…え?」

歩夢「わたし冗談で言ったんだけどなぁ」

かすみ「」

歩夢「ねえねえ、うそ!!??ってなに?」

かすみ「」

歩夢「ねえねえ、教えてよかすみちゃん」

かすみ「」ダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラ

歩夢「…もういい加減観念しなよ」

かすみ「………はい…」

53:(たまごやき) 2021/10/19(火) 03:10:40.52 ID:rx6T/Uid
歩夢「よろしい」

かすみ「」ダラダラダラダラダラダラダラダラ

歩夢「それじゃあさ、今度は食べたことを隠すための嘘をつくんじゃなくて、なんで食べしまったのか言い訳してみてよ」

かすみ「え?」

歩夢「言い訳だよ言い訳」

かすみ「この状況で言い訳なんてしていい訳…」

プヒョ

歩夢「ふざけてるの?」

かすみ「ち、ちちちち、違います!!」

歩夢「わたしが言い訳していいって言ってるの 弁解のチャンスをあげる もしかしたら、情状酌量の余地があるかもしれないからね」

かすみ「……わかりました」

54:(たまごやき) 2021/10/19(火) 03:15:53.22 ID:rx6T/Uid
かすみ「まずその…かすみんも歩夢先輩と同じで、練習前にアイスを食べようとしてました…」

歩夢「うんうん、それで?」ニコニコ

かすみ「それで…冷凍庫を開けて1番最初に目に入ってきたのがいちごのハーゲンダッツで…」

歩夢「わたしのハーゲンダッツだね」ニコニコ

かすみ「…で、かすみんいちご大好きだから…つい条件反射で手に取って…」

歩夢「わたしのハーゲンダッツを?」ニコニコ

かすみ「それで……かすみんのじゃないことを忘れて………」

歩夢「うんうん」ニコニコ

かすみ「一口食べちゃって…」

歩夢「わたしのハーゲンダッツなのに?」ニコニコ

かすみ「…」ダラダラ

歩夢「でもさ?一口食べちゃっただけなら、素直にわたしに言えばよかったじゃん わたしだって一口くらいじゃ怒らないよ?」

かすみ「い、いえ……どうせ食べちゃったなら…一口も二口も全部も変わらないんじゃないかって……」

歩夢「うーん…死刑かな」

かすみ「」

55:(たまごやき) 2021/10/19(火) 03:22:07.21 ID:rx6T/Uid
歩夢「もはや言い訳でもなんでもないよね ただの自白だよね」

かすみ「」

歩夢「情状酌量の余地も微塵もないよね だって一口も二口も全部も変わらないって言っちゃったしね」

かすみ「」

歩夢「挙句それを今の今まで誤魔化し続けてたわけだしね」

かすみ「……はい…」

歩夢「さすがのわたしも許せないよ」

かすみ「……わかってます」

歩夢「…」

かすみ「かすみんも、自分のことすごく嫌な子だなって思ってます…歩夢先輩が怒るのも当たり前です……」

歩夢「そうだね」

かすみ「だから……どんな罰も受けます………」

歩夢「…」

57:(たまごやき) 2021/10/19(火) 03:32:08.62 ID:rx6T/Uid
歩夢「ほんとに反省してる?」

かすみ「してます……」

歩夢「そっか」

かすみ「…」

歩夢「…かすみちゃん」スッ

かすみ「…!」ビクッ

コツンッ

かすみ「っ……」

歩夢「はい、これで今回の件はおしまい」

かすみ「…え?」

歩夢「それじゃ話も終わったし侑ちゃん呼ぼっか」

かすみ「ま、待ってください!」

歩夢「どうしたの?」

かすみ「で、デコピンだけって…」

歩夢「サソリ固めされたかった?」

かすみ「そ、それはいいです…」

59:(たまごやき) 2021/10/19(火) 03:35:17.58 ID:rx6T/Uid
歩夢「じゃあもう終わり」

かすみ「歩夢先輩!」

歩夢「なに」

かすみ「どうして…かすみんひどいことしちゃったのに……」

歩夢「…」

かすみ「これじゃあ釣り合わないですよ……」

歩夢「わたしね、かすみちゃんのそうやって自分の行いをきちんと反省できるとこ、好きだよ」

かすみ「!」

歩夢「紹介動画の時もそう 侑ちゃんに聞いたよ?わたしに可愛いを押し付けちゃってたんじゃないかって悩んでたこと」

かすみ「…」

歩夢「わたしが怒らなくても、自分で反省できるならそれが1番だよ」

かすみ「ですが…」

60:(たまごやき) 2021/10/19(火) 03:40:41.34 ID:rx6T/Uid
歩夢「ん、いや、わたし怒ってたか でも、わたしが怒ってたせいでかすみちゃんが本当のこと言いづらくなっちゃったのかもしれないし」

かすみ「…歩夢先輩は優しすぎます…」

歩夢「そうかな?でも朝も言ったでしょ?わたし同好会のみんなが大好きだから」

かすみ「っ…」

歩夢「まあでも、いつも素直なかすみちゃんがこんなに嘘に嘘を重ねてたのはすこし悲しいかも」

かすみ「う……」

歩夢「ふふっ、冗談だよ かすみちゃんはいつもいい子なんだから、たまには反抗期が来たっていいと思うよ」

かすみ「歩夢先輩…」

歩夢「そんなかすみちゃんのことも大好きだから」ニコッ

かすみ「あゆむぜんばああい……!!!!」ダキッ

歩夢「よしよし」ナデナデ

かすみ「ごべんなざい~~!!!」

歩夢「…」ナデナデ

───────

61:(たまごやき) 2021/10/19(火) 03:42:58.94 ID:rx6T/Uid
かすみ「もうあんなことしません…アイスも明日買って返します…」

歩夢「うん 楽しみに待ってるね」

かすみ「はい…」

歩夢「…ちなみに、いちごのハーゲンダッツ美味しかった?」

かすみ「美味しかったです…」

歩夢「そっか」

かすみ「…」

歩夢「美味しかったかぁ」

かすみ「はい…一口食べたら止まらないほどに…」

歩夢「そっかぁ」

かすみ「………!」

歩夢「…」ニコニコ

かすみ「あ、歩夢先輩?」

歩夢「ごめん、かすみちゃんやっぱり死刑で」

かすみ「……え?」

62:(たまごやき) 2021/10/19(火) 03:44:18.90 ID:rx6T/Uid
かすみ「ぎゃああああああああああ!!!!いたたたたたたた!!!ギブギブ!!!!!!!!」バンバンバン

歩夢「かすみちゃんのばかああ!!!!!!!!!」ギチギチギチギチ






終わり

引用元: https://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1634572375/





おすすめ記事(外部)
ラブライブ! おすすめ記事(外部)    
タイトルとURLをコピーしました