【SS】恋「Liella!の皆さんに友チョコをあげましょう」【ラブライブ!スーパースター!!】

SS
1:(茸) 2022/02/14(月) 19:17:42.00 ID:1s2nfrj/
恋(今日はバレンタインデーですね)

恋(恋する乙女が想いを寄せる方にチョコレートを贈るという日)

恋(Liella!には2組のカップルがいるのできっとチョコレートを贈り合うことでしょう)

恋(可可さんはすみれさんに素直に渡せるか心配ではありますが)

恋(わたくしはいつも通り陰ながら応援するつもりではありますが、本命のチョコレートとは別に【友チョコ】という文化もあるそうで)

恋(今までサヤさんやお母様にはあげてきましたが、今年はLiella!の皆さんにもあげるためにサヤさんと一緒に手作りチョコレートを作りました)フンス

サヤ「恋様、おはようございます」

恋「おはようございます、サヤさん」ニコッ
 

2:(茸) 2022/02/14(月) 19:22:33.34 ID:1s2nfrj/
サヤ「昨日一緒に作ったものですが、どうぞ」

恋「ありがとうございます。わたくしからも」

サヤ「ありがとうございます。恋様からいただけるチョコレートが一番嬉しいです」ニコッ

恋「わたくしもサヤさんのチョコレートが毎年楽しみなんですよ」ニコッ

恋「それにしてもサヤさんのチョコレートは年々クオリティがあがっていますね……」

サヤ「ふふ、凝り性なもので」

恋「今年のなんてまるで本命みたいな気合いの入れようでしたね」

サヤ「本命ですよ?」

恋「っ!」
 
3:(茸) 2022/02/14(月) 19:26:45.94 ID:1s2nfrj/
恋「わたくし以外にも作っていたということですか?」

サヤ「え?」

恋「でしたらわたくしのも本命と同じように作ることなかったんですよ?」

恋「サヤさんも使用人である以前に1人の女性なのですから、想いを寄せる方がいてもわたくしに遠慮することなんてないのに」クスクス

サヤ「……」

サヤ「いえ、恋様に渡したのが本命です」

恋「ふふ、サヤさんも冗談を言うんですね」クスクス

サヤ「……」ムスッ

恋「どうかしました?」

サヤ「いえ、なんでもありません」
 
4:(茸) 2022/02/14(月) 19:31:21.27 ID:1s2nfrj/
恋「あ、そうだ。お母様にもあげなくては」

恋「お母様、今日はバレンタインデーなのでチョコレートです」

恋「今年はチョコレートを贈る友人がたくさんできたんですよ」

恋「お母様の遺してくれた結ヶ丘で、音楽で結ばれた絆です」

恋「お母様の想いは、同じ場所で繋がっています」

恋「ありがとう、お母様」ニコッ

サヤ「恋様……」ホロリ

恋「……。それでは、朝ごはんにしましょうか」

サヤ「朝ごはんの準備はできていますよ」

恋「ふふ、いつもありがとうございます」

サヤ「私は使用人ですから」ムスッ

恋「……わたくし、なにか気に触るようなこと言いました?」

サヤ「いえ、別に」プイッ
 
5:(茸) 2022/02/14(月) 19:36:40.83 ID:1s2nfrj/
──
朝 音楽科教室

かのん「恋ちゃーん!」

恋「わっ、かのんさんどうしたんですか!?」

恋「朝から音楽科の教室まで来るなんて珍しいですね」

かのん「今日バレンタインデーでしょ? だからチョコを渡しにきたの」

恋「……」ポカーン

かのん「あっ、もしかして生徒会長としてこういうのまずい!?」アセアセ

恋「い、いえ。そういうわけではなくて、ただ、練習の時でもよかったのではないかと」

かのん「早く恋ちゃんにあげたくて」

恋(なるほど、千砂都さんにはあとでゆっくり渡して2人の時間を楽しむということですね)
 
6:(茸) 2022/02/14(月) 19:41:20.73 ID:1s2nfrj/
かのん「今年はちょっと張り切っちゃったんだ」

かのん「じゃーん、いちごチョコ!」

かのん「恋ちゃんいちご好きだからって思って、フリーズドライのいちごをチョコでコーティングしたの」

恋「わ、素敵です!」

恋「ピンクのチョコレートでコーティングされていて見た目も綺麗ですね!」

かのん「ありあに手伝ってもらってね」

かのん「あ、もちろん私も頑張ったよ!」

恋「こんなに素敵なチョコレートをありがとうございます」ニコッ
 
7:(茸) 2022/02/14(月) 19:46:54.63 ID:1s2nfrj/
かのん「それじゃあ恋ちゃん、あーん」

恋「えっ」

かのん「感想ききたいから今1個食べてみて、ほらあーん」

恋「じ、自分で食べられます!」

かのん「いいから」

恋「あ、あーん」パクッ

かのん「どう?」ニコニコ

恋「ふむ、フリーズドライのいちごの酸味とチョコレートの甘みが絶妙にマッチしていておいしいです」

恋「後を引く味ですね」

かのん「それじゃあもう一個、あーん」

恋「で、ですから! 自分で食べられます!」

かのん「遠慮しないで」

恋「遠慮はしていません!」
 
9:(茸) 2022/02/14(月) 19:51:04.32 ID:1s2nfrj/
恋「もぐもぐ」

かのん「ふふ、喜んでくれてよかった」

かのん「それじゃあそろそろHRだから戻るね」

恋「あ、かのんさん、待ってください」

かのん「ん?」

恋「わたくしからも、チョコレートを贈ろうと思っていまして」

かのん「!」

恋「わたくしもサヤさんに手伝ってもらったものですが」

かのん「て、てて、手作り!?」

かのん「恋ちゃんの!?」

恋「? はい」

かのん「家宝にするね!」キラキラ

恋「いえ、食べないと悪くなってしまいますよ」

かのん「じゃあ大事に食べるね!」

恋「はい、食べていただいた方がこちらとしても嬉しいです」ニコッ
 
10:(茸) 2022/02/14(月) 19:56:39.56 ID:1s2nfrj/
──
休み時間

音楽科生徒「嵐さん! 音楽科に来るなんて珍しいね!」

千砂都「あはは、前はこっちにいたんだけどね」

千砂都「恋ちゃんいる?」

音楽科生徒「葉月さん? 呼んでくるね」

音楽科生徒「葉月さん、嵐さんが呼んでるよ」

恋「千砂都さんですか?」

千砂都「恋ちゃん、ういーっす!」

恋「ういーっす、です」

恋「休み時間にどうしたんですか?」

千砂都「今日って何の日か知ってる?」

恋「ええ、まあ」

恋「バレンタインデーですよね」

千砂都「正解!」
 
11:(茸) 2022/02/14(月) 20:01:23.13 ID:1s2nfrj/
千砂都「正解した恋ちゃんにはチョコをプレゼントします」

恋「ありがとうございます!」

恋「たこ焼きの容器に丸いチョコレート……」

恋「ふふ、千砂都さんらしいチョコレートですね」

千砂都「やっぱりチョコもまんまるくないとね」フフン

恋「それにしてもものすごく丸いですね……」

千砂都「丸さにはこだわりにこだわったからね」
 
12:(茸) 2022/02/14(月) 20:04:41.22 ID:1s2nfrj/
恋「どうやってこの丸さに?」

千砂都「どうやってって、削って」

恋「え、型とかに入れたとかではなく?」

千砂都「ちょっと気合い入れちゃった」

恋「少し所ではない気が……」

千砂都「大切な人に渡すものだしね」

恋(かのんさんのことですね)

恋(おそらくこれはわたくしからみれば完璧な丸に見えますがかのんさんにあげるのはもっと完璧な丸なのでしょう)ニコニコ

千砂都「?」
 
14:(茸) 2022/02/14(月) 20:08:50.71 ID:1s2nfrj/
恋「それでは、わたくしからも、千砂都さんにチョコレートです」

千砂都「私に? ありがとう!」

千砂都「……これってもしかして手作り?」

恋「サヤさんには手伝ってもらいましたが、大事な仲間のために頑張りました」フンス

千砂都「! 家宝にするね!」

恋「ふふ、かのんさんと同じこと言っていますね」クスクス

千砂都「……かのんちゃんにも同じのあげたの?」

恋「はい」

千砂都「そっか……」

恋「!」

恋(まさかかのんさんがわたくしからチョコレートをもらったことに嫉妬しているということですか!?)

恋(なるほど、千砂都さんは嫉妬深いタイプと……)
 
17:(茸) 2022/02/14(月) 20:13:05.23 ID:1s2nfrj/
恋「大丈夫ですよ、かのんさんにはあくまで友達としてあげただけですから」

恋「千砂都さんのとは意味が違いますので」

千砂都「え、それって──」

恋「はい」ニコッ

恋(千砂都さんがかのんさんにあげるような本命ではないので安心してくださいね)フフッ

千砂都「そ、そっか……!」

千砂都「えへへ……」

千砂都「……そ、それじゃあまた放課後にね!」

恋「はい、わざわざ教室まできていただき、素敵なチョコレートをありがとうございます」ニコッ
 
19:(茸) 2022/02/14(月) 20:18:40.50 ID:1s2nfrj/
──
次の休み時間

可可「レンレン!」

恋「可可さん、どうしたのですか?」

可可「かのんと千砂都にチョコレートをあげたってホントデスか!?」

恋「はい」

可可「!」

恋「もちろん可可さんの分もありますよ」

可可「!!!」

可可「ククもレンレンに用意してきマシタ!」

恋「ありがとうございます」ニコッ
 
20:(茸) 2022/02/14(月) 20:24:13.89 ID:1s2nfrj/
可可「じゃーん! レンレン型チョコデス!」

恋「えっ、すごいです。まるで小さな人形みたい──」

可可「可可は工作とか得意デスので」フフン

恋「なんだか食べるのがもったいないですね」

可可「ちなみに味は保証しマセン」

恋「えぇっ!?」

可可「冗談デス。ちゃんとおいしいチョコデス」

恋「飴細工のように味は期待できないものなのかと思いました」

恋「それはそれで気兼ねなく取っておけるのですが」

可可「ちゃんと美味しいので是非食べてクダサイ」

恋「食べるなら食べるでもったいないですね……」
 
21:(茸) 2022/02/14(月) 20:29:42.78 ID:1s2nfrj/
恋「こんなに素敵なチョコレートをいただいて、わたくしはサヤさんに手伝ってもらったもので恐縮なのですが……」

可可「ということはレンレンの手作りデスよね!?」

恋「はい」

可可「サニパ様にお供えしてから食べマスね!」

恋「そ、そんな大層なものではありませんよ」アセアセ

可可「レンレンの手作りであることに意味がありマスので」

可可「あ、レンレン! 写真を撮りましょう!」

恋「写真ですか?」

可可「ハイ。チョコレートを贈りあった記念デス!」

恋「なるほど、そういうのもあるんですね」
 
22:(茸) 2022/02/14(月) 20:34:54.66 ID:1s2nfrj/
可可「イー、アル、サン、チェズ!」パシャリ

恋「中国ではそのように言うんですね」

恋「イーアルサンはよく聞きますがチェズとは?」

可可「日本語で言うと茄子デスね」

恋「な、茄子ですか!?」

可可「日本でもチーズというので似たようなものデス」

恋「確かに言われてみればチーズというのもよくわからないですね」

可可「それでは、可可はそろそろ戻りマス!」

恋「はい、素敵なチョコレートありがとうございました!」
 
23:(茸) 2022/02/14(月) 20:39:05.19 ID:1s2nfrj/
──
次の休み時間

すみれ「恋」

恋「あ、すみれさん。どうしたのですか?」

すみれ「いや、まあ、今日バレンタインデーでしょ?」

すみれ「可可のSNS見てたらなんかチョコレート交換とかしたみたいだし私もと思って」

すみれ「普段お世話になってるし、そのお礼も兼ねてね」

恋「そんな、お世話になっているのはこちらの方ですよ」アセアセ

恋「すみれさんのチョコレートも丸いんですね」

すみれ「も、って、あぁ千砂都ね」

すみれ「私のはトリュフよ」

恋「!?」
 
24:(茸) 2022/02/14(月) 20:43:20.38 ID:1s2nfrj/
恋「と、とと、トリュフってあの世界三大珍味の!?」

すみれ「じゃなくてチョコの」

すみれ「まあきのこのトリュフに形が似てるのが由来だからあながち間違いではないけど」

すみれ「手作りチョコの定番ったら、定番よね」

恋「そういえば昔お母様と一緒に作りました」

すみれ「あげておいてなんだけど結構簡単に作れるしね」
 
26:(茸) 2022/02/14(月) 20:50:09.24 ID:1s2nfrj/
すみれ「まあ、作る難易度とかじゃなくて問題は気持ちがこもってるかよね」

恋「そうですね、お母様と一緒に作ったトリュフチョコレートは気持ちがこもっていてとても美味しかった記憶があります」

すみれ「……それも負けてないと思うけど」ボソッ

恋「なにか言いました?」

すみれ「聞こえなかったならいいわ」

恋「えー、気になります」

すみれ「いいったら、いいの!」
 
27:(茸) 2022/02/14(月) 20:54:43.20 ID:1s2nfrj/
恋「それでは、わたくしからも」

恋「サヤさんに手伝ってもらいましたが、気持ちはいっぱい込めましたよ」ニコッ

すみれ「!」

すみれ「まあ、気持ちって私の込めた気持ちとは違うんだろうけど」ボソッ

恋「?」

すみれ「こっちの話」

すみれ「とりあえずチョコありがとね」

恋「こちらこそ!」
 
28:(茸) 2022/02/14(月) 20:59:15.87 ID:1s2nfrj/
──
放課後

かのん「恋ちゃんはLiella!では最初に私にくれたんだもん!」

千砂都「それはかのんちゃんが朝押しかけたからでしょ!」

千砂都「私のは特別だって言ってたもん!」

可可「そんなの録音もしてないんだから証拠になりマセン」

可可「その点可可は写真という証拠がありマス」

可可「SNSにも『クゥレン尊い』とか『お似合い』とかコメントが寄せられていマスね」フフン

すみれ「そんなのファンはアイドルが2ショット撮ったら反射的に言うのよ」

すみれ「私が勝負するとすれば、私があげたチョコには気持ちをたっぷり込めたから誰にも負けないってことね」

かのん「そんなの私も込めたもん!」

かのん「それに私あーんしたし」

千砂都「え、何それ聞いてない! ずるい!」
 
30:(茸) 2022/02/14(月) 21:03:29.93 ID:1s2nfrj/
千砂都「かのんちゃんはさ! いっつもそうだよね、すぐ自分だけ抜け駆けして!」

かのん「ならちぃちゃんもやればいいじゃん、なんでしなかったの?」

千砂都「かのんちゃんみたいに厚顔無恥じゃないもん」

かのん「私だって勇気出したの!」

可可「まあグソクムシはレンレンからの気持ちではなく自分からの気持ちしか誇れるところがないのデスね」

可可「まるでストーカーデス」ププッ

すみれ「なによ! ならあんたは恋があんたに気持ちがあるって証拠あるの!?」

可可「この写真の笑顔のレンレンを見ればわかりマス」

すみれ「いや、笑顔引きつってるし」

可可「かわいいじゃないデスか!」

すみれ「いや、かわいいけど」
 
31:(茸) 2022/02/14(月) 21:07:44.24 ID:1s2nfrj/
恋(……)‎チラッ

恋(ふふ、みなさん仲良さそうにしていますね)

恋(わたくしも無事みなさんにチョコレート渡すことができましたし、あの様子だとみなさんも想い人にチョコレート渡せたみたいですね)ニコニコ

恋(……それにしても、みなさんわたくしのは友チョコだというのに大分気合いが入っていますね)

恋(わたくしも来年はもっと気合いを入れましょう!)グッ

おわり
 
32:(茸) 2022/02/14(月) 21:09:31.55 ID:1s2nfrj/
愛さ恋ちゃんが書きたかったんです
 

引用元: https://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1644833862/





おすすめ記事(外部)
ラブライブ! おすすめ記事(外部)    
タイトルとURLをコピーしました