【SS】穂乃果 「髪型」【ラブライブ!】 | ラブライブ!まとめ ぷちそく!!

【SS】穂乃果 「髪型」【ラブライブ!】





SS
4: 2021/04/07(水) 19:43:06.35 ID:p/aLFK6g
hair-do 髪型

穂乃果 「へえ。ヘアドゥかー」

穂乃果 (なんかかっこいい!!)

海未 「ん? 珍しいですね、穂乃果が英語の教科書を読んでるなんて」

穂乃果 「あっ! 海未ちゃん!」

穂乃果 (ふふ、例文を早速使ってみよう!!)

穂乃果 「……」 ジッー

海未 「?」

穂乃果 「You have a nice hair-do! (素敵な髪型だね!)」

海未 「へっ!?///」 カァァ

5: 2021/04/07(水) 19:44:34.17 ID:p/aLFK6g
穂乃果 「ってどうしたの? 顔赤いよ?」

海未 「な、なんでもないです!!/// 今日は生徒会も練習もないので先に帰ります!!」 タタタタ

穂乃果 「って海未ちゃん!? ……行っちゃった。どうしたんだろ?」

ことり 「……」

ことり (穂乃果ちゃんは本当に天然タラシだなぁ)

穂乃果 「海未ちゃん、学校から出ちゃったけど、練習がないなら弓道部の方に顔を出すんじゃないの? 何かあったのかなぁ……」

ことり 「うーん、海未ちゃん別にいつも通りだったから大丈夫だと思うよ」

穂乃果 「いつも通り? そうかな?」 キョトン

6: 2021/04/07(水) 19:50:26.19 ID:p/aLFK6g
ことり (弓道部には後からことりが言っておけば良いよね! それにしても弓道部に顔を出すのも忘れるくらい動揺するなんて……)

ことり 「穂乃果ちゃんも海未ちゃんも可愛い♪」

穂乃果 「?」

ことり 「そういえば昼間は雨が降ってたのに、今は晴れたね。穂乃果ちゃん」

穂乃果 「あっ本当だ!! 虹がすごく綺麗!! ことりちゃん! もっとちゃんと見えるところに行こうよ!!」 ギュッ

ことり 「!?」

ことり (穂乃果ちゃんに手を握られてるぅぅぅ!?///)

穂乃果 「ほら! ダッシュだよ! ことりちゃん!!」 サッ

ことり 「ほ、穂乃果ちゃん!///」 タタタタ






7: 2021/04/07(水) 19:53:01.07 ID:p/aLFK6g
海未 「髪型ですか……」

海未 「私は何もしてないのに対し、穂乃果とことりはリボンで結んでますし」

海未 「幼馴染み二人とも素敵な髪型をしてますから、昔から私の髪型は普通すぎて特徴がないような気もしてましたが……」

海未 (穂乃果にまさか褒められるとは……悪くはありません!///)

海未 「ん? あれは……」

キラキラ

海未 「虹ですか……そっか、さっき雨が降ってたから……なんだか綺麗ですね」

8: 2021/04/07(水) 19:56:23.59 ID:p/aLFK6g
海未 (虹なんて生まれてから何回も見てきたはずなのに、やはり機嫌が良いからなのか、いつもより美しく見えます……)

海未 「そういえば、『虹のふもとには宝物が埋まっている』なんて言い伝えもありましたね……」

海未 (たしか光の角度の関係上、虹のふもとに辿り着くのは不可能らしいのですが、でもどうせ今日のμ'sの活動は休みですし……) ←日舞と弓道部を穂乃果の件でテンパリすぎて忘れてる

海未 「散歩も兼ねて行ってみますか! 虹のふもと!!」






9: 2021/04/07(水) 20:02:16.39 ID:p/aLFK6g
穂乃果 「虹っていつも、いつの間にか現れていつの間にか無くなってるよね~」

ことり 「そうだねー」

穂乃果 「うぅー!! 背伸びしたら虹に届かないかな!!」 グググ

穂乃果 「届かないや、疲れた!」 ニコッ

ことり (背伸びしてる穂乃果ちゃん可愛い)

10: 2021/04/07(水) 20:09:42.73 ID:p/aLFK6g
穂乃果 「揺らいでいつも消えちゃう虹。でも雨上がりには現れてくれる虹。なんか良いねー!」

ことり 「ふふ、今の穂乃果ちゃんのセリフ、まるで海未ちゃんの歌詞みたい」

穂乃果 「えっ、そうかな?」

ことり 「うん!」

穂乃果 (海未ちゃんの歌詞はとっても素敵だ……だから海未ちゃんの歌詞みたいって言われるのは)

穂乃果 「へへ、嬉しいな///」

11: 2021/04/07(水) 20:15:40.09 ID:p/aLFK6g
ことり 「可愛い」 ツゥー

穂乃果 「ってことりちゃん鼻血出てるよ!?」

ことり 「違うから、これ絵の具だから」

穂乃果 「な訳ないでしょ!? 鼻に絵の具詰めてたとしたら別の問題が出るよ!!」

ことり 「虹って七色あるよね?」

穂乃果 「えっ、うん」

ことり 「でも国によって虹の見え方って違うんだって」

穂乃果 「そ、そうなんだ」

ことり 「鼻血の色って虹の赤色だね」 ポタポタ

穂乃果 「って話を誤魔化さないでよ!?」






13: 2021/04/07(水) 20:24:00.80 ID:p/aLFK6g
hair-do 髪型

絵里 「ヘアドゥーかぁ……」

絵里 (すごくハラショーな言葉だわ!! これは使うしかない!!)

絵里 「希!!」

希 「ん? どうしたん、えりち?」

絵里 「You have a nice hair-do! (素敵な髪型だわ!)」

希 「ええっ!? えりち!? 急にどうしたん///」 カァァ

絵里 「思ったままを言っただけよ」 ←言葉を使いたかっただけ

15: 2021/04/07(水) 20:27:53.29 ID:p/aLFK6g
希 「急に褒められるなんて想定してないよぉ///」

絵里 「たまに出る標準語希は最強だわ」 ツゥー

希 「ってえりち鼻血出てるやん!?」

絵里 「違うから。これ絵の具だから。芸術だから!」

希 「芸術が鼻血なわけないやろ!? 今拭いてあげるから……」

絵里 「待ちなさい! 例えば、あのパンクシーも言ってしまえば壁の落書きよ? でも消さずに残してる。それは芸術だから! つまりこの絵の具も芸術ならなくしてはダメ!!」

16: 2021/04/07(水) 20:33:53.89 ID:p/aLFK6g
希 「じゃあ鼻血ついたまま生きてくん? なんのこだわりがあるんよ」

絵里 「まあ本当のこと言うと、ここで希に鼻血を拭いてもらうとさらに鼻血が出て出血多量で命の危機になるからよ」

希 「思ったよりも明確な理由やった……」

絵里 「Do you understand? (理解した? ハラショーな私の理由理解した?)」

希 「まあでも生徒会長が鼻血出てたらみっともないから拭くで?」 フキフキ

絵里 「ハラショーっ!! わが生涯に一片の悔いなし!!」 ドバッ

絵里 「」

希 「えりちぃぃぃぃぃぃーー!!」






17: 2021/04/07(水) 20:39:47.02 ID:p/aLFK6g
エリチィィィィィィーー

真姫 「なんか聞こえない?」

花陽 「希ちゃんの声かな?」

凛 「多分またあの二人で悪ふざけしてるにゃ」

にこ 「ていうかなんであんたら今日は休みなのに部室にいるのよ……」

20: 2021/04/07(水) 20:49:02.16 ID:p/aLFK6g
真姫 「花陽がにこちゃんと喋りたいらしいから付いてきたのよ」

凛 「アイドルの話はにこちゃんが一番かよちんと話せるにゃ」

花陽 「やっぱりにこちゃんと話してるときが一番アイドルトークに花を咲かせられて楽しいんです!」

にこ 「そ、そう言われたら仕方ないわね!!/// 部室にいても良いわよ!!///」

凛 「ちょろいにゃ」

21: 2021/04/07(水) 20:54:18.57 ID:p/aLFK6g
真姫 「じゃあ私は読書でもしてるから……」

凛 「凛は今日もラーメン屋の食べログに誹謗中傷書いてるやつを特定して潰しておくから……」

花陽 「二人とも、もし私を待ってくれてるなら無理しなくても」 アセアセ

真姫 「無理なんてしてないわよ。早く帰ったところで読書するだけだし」

凛 「凛は楽しそうなかよちんが見れるのが嬉しいから問題ないにゃ!!」

花陽 「二人とも……ありがとう」 ニコッ

にこ 「じゃあ早速話しましょうか」

花陽 「はい!! じゃあまずはこのアイドルなんですけど……」

にこ 「あっ! そのアイドルは私も注目してたのよ!!」

ワイワイ






22: 2021/04/07(水) 20:57:59.63 ID:p/aLFK6g
海未 「こうしてたまには散歩も良いですね……それにしても虹のふもとって思ったよりも遠い。このままじゃ虹が消えてしまいます」

海未 (虹のふもとに宝物がある、そんなこと迷信なのはわかってますが……そういうものを無邪気に信じられる心が)

海未 (作詞において大事なのかもしれません。だから迷信をあてにしたいと思います)

海未 「それにいつもの練習や山登りに比べたら、こんな距離、決してつらくはありません」

『ファイトだよ!!』

海未 「!」

海未 「……そうですね、ファイトあるのみです!!」






23: 2021/04/07(水) 21:03:17.60 ID:p/aLFK6g
穂乃果 「ファイトだよ!!」

ことり 「えっ、急にどうしたの穂乃果ちゃん?」

穂乃果 「なんか急に言わなくちゃって思ったの!!」

ことり 「そうなんだ。もしかしたら海未ちゃんが穂乃果ちゃんの助けを求めたのかもね」

穂乃果 「うーん、どうかなぁ。海未ちゃんなんてたとえば銀行強盗でも倒せるくらい強いし、体力も穂乃果以上にあるし、穂乃果に助けを求めることなんてないと思うけど……」

ことり 「ふふ、そういうことじゃないよ、穂乃果ちゃん」

穂乃果 「えっ?」

24: 2021/04/07(水) 21:08:10.42 ID:p/aLFK6g
ことり 「穂乃果ちゃんは私たちに元気をくれる。気持ちを助けてくれるんだよ」

穂乃果 「気持ちを……」

ことり 「うん。ことりもつらいとき穂乃果ちゃんにたくさん助けられてきた……いつもありがとう! 穂乃果ちゃん!」 ニコッ

穂乃果 「そんなこと言ったら穂乃果だっていつもことりちゃんに助けられてるよ!! ありがとう! ことりちゃん!」 ニコッ

ことり・穂乃果 「「えへへ」」






25: 2021/04/07(水) 21:12:06.74 ID:p/aLFK6g
絵里 「」

希 「えりちがウチの前からいなくなっちゃうはずがない……」

絵里 「」

希 「そう。だからこれはきっと幻なんよ。そうでしょ、えりち!」

絵里 「」

希 「ふふ、えりちは面白いなぁ。ウルトラハラショーってなんなんよ」

絵里 「」

希 「そういえばさっき携帯で見たんやけど、近くで銀行強盗が起きたんやって。しかもナイフを振り回して逃亡中……怖いなぁ」

26: 2021/04/07(水) 21:15:22.16 ID:p/aLFK6g
絵里 「」

希 「って、私なら銀行強盗なんかしなくても大稼ぎして希を養ってみせる、ってえりち照れるやん///」 カァァ

絵里 「」

絵里 「……」

絵里 (どうすればいいのよ……。希が虚ろな目になってるし、さっきから幻覚と幻聴起こしてるし……この状況じゃ気絶してただけなんて言えない!!)

希 「ふふ、京ハラショーって……兆の後やからすごく大きい数字やん。えりちは面白いなぁ」

絵里 (しかも希の中のイメージエリーチカ、かなり変じゃない……?)






27: 2021/04/07(水) 21:26:24.81 ID:p/aLFK6g
hair-do 髪型

真姫 (へえ。ヘアドゥね……)

真姫 (なんかかっこいい)

真姫 (使ってみようかしら)

真姫 「ねぇ、はな……」

にこ 「それでこの子のパフォーマンスが魅力的なのよ」

花陽 「分かります!!!!!」

真姫 (盛り上がってて話に入りにくいわね……)

28: 2021/04/07(水) 21:37:20.02 ID:p/aLFK6g
真姫 「ねぇ、凛」

凛 「にゃ?」

真姫 「You have a nice hair-do! (素敵な髪型ね……ヴェ、別に褒めてないわよ!)」

凛 「?」

真姫 (あ、これ英語理解してないわ)

真姫 「つまり素敵な髪型ってことよ。あっ、ヴェ、別に褒めてるわけじゃないから!!」

凛 「髪型……?」

真姫 「えっ、う、うん」

凛 「……」

29: 2021/04/07(水) 22:02:30.35 ID:p/aLFK6g
真姫 (ってなんで凛、そんな難しい表情をするのよ……別に変なことなんて)

真姫 「!」

真姫 (そうだ。昔から男の子みたいとからかわれた凛にとって、短い髪型について触れられるのはトラウマで……)

真姫 (わ、私……なんてことを……)

真姫 「り、凛……!」

凛 「……」

真姫 「……」 ドキドキ

凛 「うぅ……」 グスッ

真姫 「!?」






30: 2021/04/07(水) 22:06:25.51 ID:p/aLFK6g
タスケテー

海未 「花陽ですかね」

海未 「なんて言ってる場合じゃないですよ!? 今あっちの方から誰かの叫び声が!!」 タタタタ

海未 「大丈夫ですか!?」 サッ

強盗 「……なんだい、お嬢ちゃん?」

海未 「! な、なんですかあなたは!」 ビクッ

強盗 「銀行強盗だ。今サツに追われて厄介でね……ちょうど人質が欲しかったところだ。まあこのおばあさんでも良いが」

おばあさん 「……」 ブルブル

海未 (ナイフを首に突きつけられてる……!?)

31: 2021/04/07(水) 22:09:47.84 ID:p/aLFK6g
強盗 「子供の方がチンタラしないし人質としては使いやすいかもな」 ニヤリ

海未 「!?」

強盗 「どうだ逃げるか? このおばあさんの命は保証しないがな」

海未 「……」

海未 (私ならこの銀行強盗にも勝てるはず。それにここで人質を見ないフリするなんてできない……! そう、私なら勝てるはずなんです!!)

海未 (……なのに)

海未 「……」 ガクガク

強盗 「足が震えてるじゃねぇか」

32: 2021/04/07(水) 22:13:48.35 ID:p/aLFK6g
海未 (実戦経験なんてない。それに相手はナイフを持ってる、下手したら私の命は……そしたらお父様、お母様、μ'sのみんなを悲しませることになる……)

『う、海未ちゃんっ!! お願い、穂乃果を置いてかないでよっ!!』 ポロポロ

『海未ちゃんがいないとことりだって……海未ちゃん……海未ちゃん……!』 ポロポロ

海未 (二人を悲しませることになる……)

強盗 「どうだい? 見ないフリするか?」

海未 (みんなを悲しませるかもしれない。でも、それでも私は、目の前で脅かされてる命を放っておけない)

33: 2021/04/07(水) 22:18:00.58 ID:p/aLFK6g
海未 「私が、私が人質になりましょう」 ガクガク

おばあさん 「そ、そんな! 私のことなんて気にしないであなたは逃げなさい!!」

強盗 「それ以上喋ったらどうなるか分かるな?」 ギロッ

おばあさん 「……!」 ビクッ

強盗 「どうだ、お嬢ちゃん。人質になるか?」

海未 「……」

海未 「……ええ、人質になります」






34: 2021/04/07(水) 22:21:40.15 ID:p/aLFK6g
絵里 「……」

希 「えりち、ハラショーステップされても困るよ……」

絵里 (ハラショーステップ、そんなに嫌そうな顔で……いや幻覚なんだけど)

希 「それにしても髪型か……えりちに髪を褒められるなんて初めてかも」

絵里 「!」

希 「そしてごめんねえりち……ウチが、ウチがえりちの忠告をちゃんと聞いてたら……」 ポロポロ

絵里 (の、希! 幻覚から覚めたの!?)

35: 2021/04/07(水) 22:54:48.26 ID:p/aLFK6g
希 「うぅ……また喋ってよぉ、えりち……」 ポロポロ

絵里 「……」

絵里 (もし私がこの世から去ったら、希はこんなに泣いてくれるのね……)

絵里 (不謹慎だけど、少し良かったかもしれない。希の気持ちが知れた気がして)

絵里 「希……」

希 「え、えりち……?」 ポロポロ

絵里 「ありがとう」 ダキッ

希 「……!」

絵里 「こんな私だけど」

希 「うん……」

絵里 「これからもよろしくね、希」 ニコッ

希 「うん……うん……これからもよろしくね、えりち……」 ポロポロ






36: 2021/04/07(水) 23:08:27.67 ID:p/aLFK6g
凛 「うぅ……」 ポロポロ

真姫 「り、凛!?」

花陽 「って凛ちゃん!?」

にこ 「どうしたのよ凛!? もしかして真姫が泣かせたの!?」

真姫 「そ、それは……」 アセアセ

花陽 「真姫ちゃんが凛ちゃんを悲しませることなんて言うはずがない……きっと何かあったんだよ。そうだよね、真姫ちゃん」

真姫 「あ、あの……」

にこ 「それにしても凛が泣くなんて……。悪気がなかったにしても何言ったらこうなるのよ」

37: 2021/04/07(水) 23:15:20.68 ID:p/aLFK6g
凛 「みんな……違うの……」グスッ

花陽 「凛ちゃん?」

真姫 「凛……」

凛 「凛は嬉しかったの。真姫ちゃんが髪型を褒めてくれたから」

花陽 「!」

にこ 「髪型を褒めた……? それがなんで泣くことに繋がるの?」

凛 「凛、昔から男の子みたいだって言われてきて、でも最近は自分の中で納得ができて、スカートは履くようになったけど……」

花陽 「凛ちゃん……」

凛 「でもやっぱり髪型を変える勇気はなくて。この短い髪が好きになれなかったの。でも、その髪型を褒めてくれた。だからすごく嬉しくて……つい泣いちゃって」

真姫 「凛……!」

凛 「ありがとう、真姫ちゃん。みんなの支えもあって、凛、前よりもっと自分が好きになれたよ」 ニコッ

花陽 「凛ちゃん……」 グスッ

にこ 「な、なによ、泣かせるじゃない」 グスッ

38: 2021/04/07(水) 23:22:21.07 ID:p/aLFK6g
真姫 「……言ったでしょ。私は褒めたわけじゃない」

凛 「……!」

真姫 「思ったことを言っただけ。凛、髪型すごく素敵よ」 ニコッ

凛 「真姫ちゃん……」

凛 「うぅーーー真姫ちゃん!! 凛は真姫ちゃんが大好きだにゃーーー!!」 ダキッ

真姫 「ヴェェ! 急に抱きつかないで!!///」

にこ 「やれやれ、無事解決ね。泣いたら叫んだり慌ただしいんだから」

花陽 「あはは……」

にこ 「でも騒がしい方が安心するわね、やっぱり」

花陽 「……私もそう思います!」 ニコッ






39: 2021/04/07(水) 23:33:30.24 ID:p/aLFK6g
穂乃果 「水溜りを飛び越えてジャンプ!!」 ヒョイ

ことり 「穂乃果ちゃん! 虹がちゃんと見えるところに行くんじゃないの? 遊んでたら虹が消えちゃうよ?」

穂乃果 「それもそうだね~。だったらせっかくだから虹のふもとに行こうよ!」

ことり 「虹のふもと?」

穂乃果 「そう! 宝物が埋まってるかも!」

ことり 「宝物かー。マカロンかなぁ」

穂乃果 「もしかしたらランチパックかも!! よし行こう!! 穂乃果に続いてススメーー!」

ことり 「おおっー!」 ワクワク






40: 2021/04/07(水) 23:39:13.66 ID:p/aLFK6g
海未 「……」

強盗 「自ら人質を名乗り出るなんて勇敢じゃねぇか」

海未 「……」

強盗 「ただまあ、人質を取ったところで、さっきのおばあさんが警察に位置を知らせるだろうし、捕まる可能性は高いだろうな」

海未 「……じゃあなぜ人質をとるのです」

強盗 「そりゃあ逃げられる可能性を少しでも増やすためだよ。人質を盾に車を用意してもらって逃げるのさ。でも持ってるのは所詮ナイフだ、もしかしたら俺が人質の命を奪おうとする度胸なんかないと警察がたかを括ってるかもしれねぇ」

海未 「……」

強盗 「ならいっそのこと、何人か大怪我させてしまうか。もちろん、お前はその勇敢さを讃えて全部終わったら無傷で助けてやる」

41: 2021/04/07(水) 23:46:20.93 ID:p/aLFK6g
海未 「どういうことです?」

強盗 「次、この路地に近づいたやつにナイフで攻撃する。それで警察は相当俺にビビるだろう」

海未 「そ、そんな……! そんな恐ろしいことをするつもりなんですか!?」

強盗 「もう怖いものはない」

ホノカニツヅイテススメー!

オオッー!

強盗 「!」

海未 「!?」

海未 (今のは穂乃果とことりの声!?)

強盗 「よし、やるか」 チャキ

42: 2021/04/07(水) 23:49:43.01 ID:p/aLFK6g
海未 (このままでは穂乃果が、ことりが、二人が大怪我を……!! ダメです!! そんなの!! 二人はスクールアイドルで、未来が広がっていて、可能性が無限大な二人で!)

海未 「そんな二人がこんなところで終わるわけにはいかないんですっ!!」

強盗 「!?」

海未 (震えが止まった。今なら、今ならいける。たとえここで私の命がなくなったとしても、それでも二人を守れるなら!)

『ファイトだよ!!』

海未 「覚悟しなさいっ!!」

強盗 「っ! 邪魔するならお前に最初に犠牲になってもらう!!」 シュッ

海未 (守る。絶対に。大切な幼馴染みを。絶対に!!)

海未 「やぁぁぁっーーーー!!!!」

ザクッ






43: 2021/04/07(水) 23:53:04.76 ID:p/aLFK6g
穂乃果 「あっちから海未ちゃんの声がしたよ!?」

ことり 「大丈夫!? 海未ちゃん!?」 サッ

海未 「……」

海未 「二人とも……」

穂乃果 「海未ちゃん、それって……!」

海未 (どうやら命は助かったようです、でも)

穂乃果 「髪が……!」

海未 (女性の命とも呼ばれてる髪は少し切れてしまいました……)

強盗 「」

ことり 「ひっ! この人ナイフ持ってるよ!?」

海未 「安心してください、二人とも。そいつは銀行強盗ですが、私が倒してしまいましたから。警察も呼びましたし。でも、少し髪が切れてショートヘアっぽくなってしまいましたね……私にはこの髪型は似合わないのに」

44: 2021/04/07(水) 23:56:01.68 ID:p/aLFK6g
穂乃果 「……」

海未 (あぁ、穂乃果が悲しそうな顔をしてます。それはそうですよね……だって今さっき、私はあの髪型を褒められたばかりなんですから)

穂乃果 「……」 ポロポロ

海未 (穂乃果……あなたは同情して泣いてくれてるのですか? それともあなたの好きな髪型じゃなくなったから? どちらにせよ、私はあなたの太陽のような笑顔が大好きなんです。なのに泣かせてしまうなんて……)

海未 (だんだん、だんだん……)

海未 (なんでしょう。気持ちが真っ暗になって……とても悲しいです……)

海未 「……」

穂乃果 「……」 ポロポロ

ことり 「穂乃果ちゃん……」

海未 「あはは、どうやら髪を切りすぎてしまったようです……穂乃果、失望しましたよね」

穂乃果 「……そ」 ポロポロ

海未 「?」

45: 2021/04/07(水) 23:59:26.09 ID:p/aLFK6g
穂乃果 「そんなこと気にしてないっ!!」 ポロポロ

海未 「!」

穂乃果 「海未ちゃんの髪、たしかに長くて綺麗で大好きだったけど、海未ちゃんはどんな髪型でも可愛いもん!! 髪は伸びるし!」 ポロポロ

海未 「ほ、穂乃果……」

穂乃果 「私が今泣いてるのは、海未ちゃんが私たちのために命を懸けたから!! 死んじゃうかもしれなかったからだよっ!!」 ポロポロ

海未 「!」

ことり 「ほ、穂乃果ちゃん……。わ、私も、ことりも! 海未ちゃんには、生きててほしい!! 危ないことをしてほしくない!!」 ポロポロ

海未 「二人とも……」

穂乃果 「死ななくて良かった……海未ちゃん!!」 ダキッ

ことり 「ごめんね、でもありがとう……海未ちゃん!!」 ダキッ

海未 「……」

ことり・穂乃果 「「うぅ……」」 ポロポロ

海未 (この二人は本当に……本当に優しいですね……)

海未 「私は二人の前からいなくなりませんよ。二人のことがとても心配ですから……」 ナデナデ






46: 2021/04/08(木) 00:02:31.36 ID:WHrep41+
希 「あっ! えりち見て! 虹がかかってるよ!」

絵里 「本当ね、すごく綺麗だわ。さっき芸術の話をしたけれど、虹は消える芸術。それもまた、素敵なのかもしれないわね」

希 「……いくらかっこつけたって、死んだフリしたことはあかんよ?」

絵里 「ってあれは死んだフリじゃなくて本当に気絶してたのよ!! ふふ、それにしても希の反応も面白かったわ。まさか幻覚幻聴聞こえてくるとはね」

希 「ちょ、やめてよ!!///」

絵里 「……まあどっちもどっち。似たもの同士ね」

希 「……そうやね」

絵里 「ってことで改めて! これからもよろしくね、希♪」 ニコッ

希 「ふふ、もちろん!」 ニコッ






47: 2021/04/08(木) 00:05:40.73 ID:WHrep41+
凛 「虹がかかってるにゃー」

花陽 「綺麗だねぇ」

真姫 「……虹をテーマにした曲とかいけるかしら」

にこ 「……そうね、虹をテーマにした曲は悪くないわね」

凛 「それにしても真姫ちゃんはツンデレすぎるにゃー。もっと素直にならないと」

真姫 「……さっきは相当素直になった方よ。自分で言うのもなんだけどね」

花陽 「ふふ、真姫ちゃん、顔が赤いよ?」

真姫 「なっ!?/// うるさいわよ花陽!!///」 カァァ

にこ 「真姫も意外と優しいってことね」

真姫 「にこちゃん、うるさいわよ」

にこ 「なんで私に対しては塩対応なのよ!?」

48: 2021/04/08(木) 00:10:09.44 ID:WHrep41+
凛 「ねぇ、みんな」

花陽・真姫・にこ 「「「……!」」」

凛 「これからもよろしくね!」 ニコッ

にこ 「もちろんよ! これからもたっぷり時間をかけてアイドルがなんたるかを教えてあげるから!」

真姫 「にこちゃんはともかく、凛、これからもよろしくね」

にこ 「ぬぁんでよ!?」

花陽 「凛ちゃん……。私じゃこれからも足りないところがあるかもしれない、でもそんなときはμ'sのみんなで頑張るから、だから、これからもよろしくね凛ちゃん!!」 ニコッ

凛 「かよちん……うん!! よろしくにゃーー!!」 ニコッ






49: 2021/04/08(木) 00:14:28.73 ID:WHrep41+
穂乃果 「うぅー!! 背伸びしたら虹に届かないかな!!」 グググ

穂乃果 「届かないや、疲れた!」 ニコッ

海未・ことり ((可愛い))

穂乃果 「でもおかしいなー。虹のふもとに向かってたのに」

海未 「えっ? 二人も虹のふもとに向かってたのですか?」

穂乃果 「えっ? 海未ちゃんも?」

海未 「はい。少し散歩がてら虹のふもとの宝物探しに……」

ことり 「じゃあ海未ちゃんもことりたちと同じ目的だったんだね!」

穂乃果 「でも結局見つからなかったな~宝物。そもそも虹のふもとすら分からないし!」

ことり 「うーん……虹のふもとはここら辺だったと思うんだけどなぁ」

50: 2021/04/08(木) 00:17:35.75 ID:WHrep41+
海未 「虹のふもと……宝物ですか……」

海未 「なら、もう見つけてるかもしれませんね」 フフ

穂乃果 「ええっ!?」

ことり 「海未ちゃん、見つけたの!?」

海未 「はい、見つけましたよ」

穂乃果 「教えて!! 穂乃果もランチパックたくさん食べたい!!」

ことり 「マカロン食べ放題なんて幸せだな~♪」

海未 「二人が何を想像してるかは分かりませんが食べ物ではないですよ。それに教える気もないですし」

穂乃果 「ええっ!?」

ことり 「海未ちゃんひどいよ!」 プンプン

海未 「よく自分たちで考えてみてください。食べ物や虹みたいにいつか消えてしまうものじゃない、よっぽど大切なものですよ」 ニコッ






51: 2021/04/08(木) 00:20:40.87 ID:WHrep41+
希 「あれ? 道の遠くにいるのって穂乃果ちゃんたちやない?」

絵里 「あら、本当ね」

希 「しかも虹のふもと、あの三人の場所にかかってるんやなぁ。スピリチュアルやね!」

絵里 「まああの三人はスピリチュアルというより……それを越えた絆ね」

希 「それもそうやね♪」

おわり

52: 2021/04/08(木) 00:31:58.54 ID:WHrep41+
ありがとうございました。
髪型をテーマに、μ’sメンバーそれぞれの気持ちを自分なりに表現してみました。ほのことうみ尊い。

前作
穂乃果 「海未ちゃんは嘘を言わない」

前々作
ツバサ 「A-RISEってIだけ可哀想だわ……」

54: 2021/04/08(木) 00:43:36.66 ID:SqTFCKNR
おつでした。虹のところまで行ってみたいって子供の頃よく思ったよね

56: 2021/04/08(木) 02:46:25.97 ID:jZnjwItN
1年生組も良かったぞ

引用元: https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1617791888/

SS μ'sーSS まとめ記事 ラブライブ!ーSS
フォローボタン




コメント

ラブライブ!まとめブログ ぷちそく!!
おすすめ記事(外部)
     
ラブライブ! おすすめ記事(外部)
タイトルとURLをコピーしました