【SS】にこ 「ねぇ穂乃果」 穂乃果 「ねぇ凛ちゃん」 凛 「ねぇにこちゃん」【ラブライブ!】

SS
3: 2021/04/12(月) 20:39:10.19 ID:qG7G+cNo
にこ・穂乃果・凛 「「「あっ」」」

にこ 「……」

穂乃果 「……」

凛 「……」

にこ 「えっと、穂乃果に用はあるけれど、大したことじゃないから穂乃果の用を先に済ましてもいいわよ?」

凛 「凛も大した用事じゃないから穂乃果ちゃんが最初に言っていいよ!」

穂乃果 「いや私も大した用事じゃないし大丈夫だよ!」

にこ・凛 「「えっ」」

4: 2021/04/12(月) 20:40:25.92 ID:qG7G+cNo
にこ 「……」

凛 「……」

穂乃果 「……」

にこ 「じゃ、じゃあ私が最初に穂乃果に聞いてもいいかしら?」

凛 「もちろん!」

にこ 「えっと、穂乃果って」

穂乃果 「うん」

凛 「いやちょっと待って」

にこ・穂乃果 「「え」」

5: 2021/04/12(月) 20:43:10.50 ID:qG7G+cNo
凛 「よくよく考えれば凛のは時間制限がある話かもしれない」

穂乃果 「……つまり優先順位は高めってこと?」

にこ 「ちょ、ちょっと待ちなさいよ! 悪気がないとはいえ流石に話の腰を折るのはやめてよ!」

凛 「……その通りにゃ。凛はなんてひどいことを」 グスッ

にこ 「!?」

穂乃果 「い、いや、凛ちゃんは悪くないよ!? そ、そんな悲しそうな顔しないで!!」

凛 「ううん、凛が悪いの」 グスッ

6: 2021/04/12(月) 20:45:28.25 ID:qG7G+cNo
にこ 「そんなことないわよ! 凛は悪くなんかない!!」

凛 「じゃあ誰が悪いの? 凛じゃなきゃにこちゃんが悪いことになるの?」 グスッ

にこ 「!!??」

穂乃果 「え、えっと」

凛 「……」

にこ 「……」

穂乃果 「誰も悪くない」

凛 「そっか」

にこ 「その通りね」

7: 2021/04/12(月) 20:47:36.17 ID:qG7G+cNo
穂乃果 「じゃあ無事解決したんだし、改めて凛ちゃんから話してもいいよ」

凛 「凛が最初でいいの?」

にこ 「だって時間制限があるんでしょ? 何か早めにやらないといけない用事とか?」

穂乃果 「穂乃果はそんなに急いでないから大丈夫だよ!」

凛 「早めにやらないといけないって言うより、話の旬というか……」

にこ 「はい?」

穂乃果 「話の旬って時事ネタとかってこと?」

凛 「うん」

穂乃果 「それだったら穂乃果の話だってなるべく早くした方が通じる話だよ? 流石にそれを時間制限のある話って言うのは無理がない?」

凛 「やっぱり凛が……」 グスッ

穂乃果 「無理はなかったよ、なかったんだ」

8: 2021/04/12(月) 20:49:40.23 ID:qG7G+cNo
にこ 「ていうか今日の凛、情緒不安定すぎない?」

凛 「実はいつも食べてるラーメン屋さんが移転しちゃって、学校の帰りじゃ食べれなくなっちゃったにゃ……」

穂乃果 「それはつらい……例えば穂乃果からしたら気に入ってたお店が移転するのと同じ気持ちだもん」

にこ 「例える必要あった?」

凛 「だから気持ちがつらくてみんなに八つ当たりしちゃったのかも……ごめんなさい」

穂乃果 「謝ることないよ、つらいよね。それに好きなお店の移転なんてまさにそのときに話さないと伝わらない話なんだし、時間制限はあったんだよ」

にこ 「そうね。優先順位はあった、だから気にしないでいいわ」

凛 「いや凛が話したいのはこの話じゃないんだけどね」

にこ 「違うんかいっ!!!!」

9: 2021/04/12(月) 20:51:53.32 ID:qG7G+cNo
凛 「だってにこちゃんが、凛のこと情緒不安定って言うから……」 グスッ

にこ 「ごめん!! 本当にごめん!!」

穂乃果 「……」

凛 「……」

にこ 「……」

穂乃果 「えっと、どうしようか?」

凛 「難しい問題にゃ」

にこ 「単純に一人ずつ用事を解決していけばいいんじゃないの?」

穂乃果 「でもその順番で悩んで今に至ってるんじゃん」

凛 「難しい問題にゃ」

10: 2021/04/12(月) 20:54:01.09 ID:qG7G+cNo
にこ 「なら私から話してもいい? 私は旬の話というわけではないのだけど」

穂乃果 「まあ別に大丈夫だよ」

凛 「難しい問題にゃ」

にこ 「難しい問題にゃbotなの!?」

穂乃果 「一生に一度しか聞かなそうなツッコミだ……」

凛 「だって凛、今日は情緒不安定だから心を無にしてれば迷惑をかけないかなって思って……」 グスッ

にこ 「ごめん!! 本当にごめん!!」

にこ 「ていうかあんたは一日休みを取って電車でそのラーメン屋さんに行きなさいよ!! 心をポジティブにしなさい!!」

穂乃果 「ひゅー! 先輩風を吹かしてるねー!」

にこ 「合いの手が絶妙にムカつく!!」

穂乃果 「あ、ちなみに今のひゅーは『からかうときのひゅー』と『風のひゅー』を……」

にこ 「聞いてないから!!」

12: 2021/04/12(月) 20:56:31.98 ID:qG7G+cNo
凛 「なんかにこちゃんのツッコミを聞いてるとラーメンを食べてる時と同じくらいのリラックス効果があるにゃ~」 ポァー

にこ 「ぬぁんでよ!?」

穂乃果 「環境音……風の音、水の音、にこちゃんのツッコミ……耐久動画でも作ろうかな」

凛 「再生数を稼ぎたいならやめておいた方がいいにゃ」

にこ 「どういうことよ!!」

穂乃果 「……」

凛 「……」

にこ 「……」

穂乃果 「まあそれはさておき、凛ちゃん少しは私たち役に立てたかな?」

にこ 「そ、そうよ! 元気のない凛なんて凛らしくないのよ!!」 アセアセ

凛 「……ありがとう、二人のおかげで本当に元気が出たよ!!」 ニコッ

穂乃果 「なら良かった!」 パァァ

13: 2021/04/12(月) 20:58:36.41 ID:qG7G+cNo
にこ 「じゃあこの調子でさっさと用事を済ませてしまいましょう、えっと私から話してもいいかしら?」

穂乃果 「えっ……」

凛 「……」

にこ 「え、なに、この空気は」

穂乃果 「いやせっかく凛ちゃん元気になったし、凛ちゃんから話すのかなと」

凛 「あっ、大丈夫だよ穂乃果ちゃん。凛は大丈夫だから……」

穂乃果 「あぁ、凛ちゃん、落ち込まないで」

にこ 「あんたら元気になってから嫌がらせフルスイングね」

14: 2021/04/12(月) 21:00:39.01 ID:qG7G+cNo
凛 「そういえば『場の空気』っていうWikipediaがあるの知ってた?」

穂乃果 「ええっ!? そんなWikipediaがあるの!? 知らなかった!!」

凛 「場の空気の定義、それを読む能力の話、危険性、インターネットにおける場の空気、とか結構な項目があるにゃ」

穂乃果 「ためになるなー」

凛 「自分で言っててなんだけど、ためにはならないとは思う」

にこ 「いや二人は熟読しといた方が良いわよ」

穂乃果 「それってどういうこと!?」 ガビーン

凛 「もしかして凛たちが空気読めないって言ってるにゃ!?」 プンプン

にこ 「空気もそうだけど心折れそうな一人の先輩の気持ちを察してあげてよ」

15: 2021/04/12(月) 21:02:44.39 ID:qG7G+cNo
穂乃果 「まぁ冗談だよ、ごめんねにこちゃん」

凛 「にこちゃんは反応が面白いからついちょっかいをかけちゃうにゃー。ごめんね」

にこ 「まあ別に謝ってくれればいいのよ、気にしないから。えっとじゃあ私から話していい?」

穂乃果 「うん、いいよ」

凛 「じゃあ凛は今日もラーメン屋の食べログに誹謗中傷書いてるやつを特定して潰しておくから……」

にこ 「ぬぁんでよ!?」

凛 「だってにこちゃんは穂乃果ちゃんに用があるんでしょ? 凛は話に割り込まない方が良いんじゃないの?」

にこ 「そ、それはそうかもしれないけど……今までずっと三人で話してたじゃない!」

16: 2021/04/12(月) 21:04:57.45 ID:qG7G+cNo
穂乃果 「あっ、二馬鹿の絆だね!」

凛 「二馬鹿? 二馬鹿って穂乃果ちゃんとにこちゃんのこと?」

にこ 「いや穂乃果と凛のことでしょ」

穂乃果 「違うよ!! 凛ちゃんとにこちゃんのことだよ! 文脈的に分かるじゃん!!」

凛 「……」

にこ 「……」

穂乃果 「……」

にこ・穂乃果・凛 「「「え」」」

にこ 「もしかしてだけど私が馬鹿って言ってる?」

穂乃果 「逆にひょっとして二人とも穂乃果を馬鹿って思ってるの?」

凛 「心外にゃ。凛は馬鹿じゃないよ。恥を知れ恥を」

17: 2021/04/12(月) 21:07:06.79 ID:qG7G+cNo
にこ 「……」

穂乃果 「……」

凛 「……」

にこ 「喧嘩は良くないわね」

穂乃果 「二馬鹿でも三馬鹿でもない。私たちはスマイル組の絆だよ」

凛 「良い話にゃ」

にこ 「じゃあ今度こそ話すわよ? 凛も話に入りなさい!」

凛 「凛も話に入ってもいいの?」

にこ 「もちろんよ。三人の中で秘密なんかない、スマイル組の絆でしょ?」

穂乃果 「いやそれはちょっと待って」

にこ 「えっ」

18: 2021/04/12(月) 21:10:13.97 ID:qG7G+cNo
穂乃果 「それってにこちゃんが話した後、私が凛ちゃんに話すときにも、にこちゃん話に入ってくるってことだよね?」

にこ 「そ、そうだけど」

穂乃果 「それはちょっと……」

にこ 「ぬぁんでよ!?」

凛 「ダメだよ! 穂乃果ちゃん!! サプライズだったでしょ!!」

穂乃果 「あ! そうだった!」

にこ 「もしかしてあんたら私の誕生日のサプライズパーティーを……!?」 ウルウル

穂乃果 「バレちゃ仕方ないね」

凛 「えへへ。サプライズにしたかったんだけどな」

19: 2021/04/12(月) 21:13:21.17 ID:qG7G+cNo
にこ 「って私の誕生日は近いうちにないわよ!!!!」

穂乃果 「バレたか」

凛 「行けると思ってしまった」

20: 2021/04/12(月) 21:16:27.50 ID:qG7G+cNo
にこ 「あんたたち私に話せないことでもあるの!?」

穂乃果 「あるかないかで言ったらあるよ」

凛 「にこちゃんだってあるんじゃないの~そんなこと言ってさ! 凛たちに言えないこと!」

にこ 「隠し事なんてないわよ!!」

凛 「例えばμ'sのセンターの写真に自分の顔貼ってコラ作ったりとかしてるんじゃないの~?」

にこ 「……」

穂乃果 「……」

凛 「……」

凛 「なんでもないです」

21: 2021/04/12(月) 21:19:34.70 ID:qG7G+cNo
にこ 「じゃ、早速私が穂乃果に話すわね。穂乃果が私に話せないことがあるのは寂しいけど……」

穂乃果 「うぅ、ごめんって」

にこ 「まぁ人に話せないことなんて山ほどあるわよね。仕方ないわ」

凛 「例えばにこちゃんなんて……もしかして周りの人にはμ'sのことをバックダンサーとか言ってたりして!」

にこ 「……」

穂乃果 「……」

凛 「……」

凛 「なんでもないです」

22: 2021/04/12(月) 21:26:22.28 ID:qG7G+cNo
にこ 「じゃあ聞くわね。えっと、穂乃果って」

穂乃果 「うん」

ピコーン

凛 「あ、メールにゃ」

にこ 「……まあこれは誰も悪くないわよね」

穂乃果 「タイミングが悪かったよね」

にこ 「えっとじゃあ今度こそ聞くわよ。えっと、穂乃果って」

穂乃果 「うん」

凛 「えええええええ!? かよちんのお米の商標が取れたぁぁぁぁぁぁ!?」

穂乃果 「ええええええええ!?」

にこ 「……まあ仕方ないわよね。私も心の中とはいえ超驚いてるもん。凛なら声に出ちゃうわよね」

23: 2021/04/12(月) 21:31:10.17 ID:qG7G+cNo
凛 「おめでとうにゃぁぁぁぁぁぁ!! かよちん!! ってメールを送るよ!!」

にこ 「声に出す必要あった?」

穂乃果 「じゃあ穂乃果はおめでとうぅぅぅ!!! 花陽ちゃん!! ってテレパシーを送る!!」

にこ 「テレパシーって声に出さないんじゃないの?」

凛 「いやそれにしても驚いたにゃー」

穂乃果 「ちなみにそのお米の名前って何なの?」

凛 「花陽米にゃ」

穂乃果 「おおーシンプルだねー」

凛 「正式には『花陽米~口溶けがSnow halation』にゃ」

穂乃果 「それ商標以前に海未ちゃんの著作権は許可もらってるの?」

凛 「正式には畑さんにゃ」

穂乃果 「そういうことじゃなくてね」

24: 2021/04/12(月) 21:36:23.09 ID:qG7G+cNo
にこ 「いやていうかにこが話をしようとしてる途中なんだけど」

穂乃果・凛 「「あっ」」

にこ 「遮って悪いけど話してもいい?」

穂乃果 「もちろん!」

凛 「じゃあ凛は中華そば屋の食べログに誹謗中傷書いてるやつを特定して潰しておくから……」

にこ 「もうツッコまないわよ」

穂乃果 「じゃあにこちゃん、いつでもオッケーだよ!」

にこ 「早速聞くけど、えっと、穂乃果って」

穂乃果 「うん」

ピコーン

凛 「メールにゃ」

にこ 「もう帰りましょうか。心の中の希が今日は運勢が悪いって言ってるわ」

穂乃果 「にこちゃん諦めないで!?」

26: 2021/04/12(月) 22:42:40.74 ID:qG7G+cNo
にこ 「いやもう三回も話を遮られたら心折れるわよ」

穂乃果 「で、でも穂乃果はにこちゃんの話が聞きたいよ!? ほら今なら邪魔されないよ! 言ってみよう?」 アセアセ

にこ 「……そこまで穂乃果が言ってくれるのなら」

穂乃果 「うん!!」

にこ 「少し長くなるかもだけどいい?」

穂乃果 「もちろんだよ!!」

凛 「よく見たら海未ちゃんからのメールにゃ。穂乃果、早く来ないとどうなるか分かりませんよ、だって」

穂乃果 「今日は運が悪かったんだよ。諦めようにこちゃん」

にこ 「心折れそう」

27: 2021/04/12(月) 22:43:34.89 ID:qG7G+cNo
穂乃果 「ってことで穂乃果は一旦離れるね!」

凛 「凛も穂乃果ちゃんについて行くにゃ!」

にこ 「ええっ!? 二人ともいなくなっちゃうの!? 凛に関しては私に聞きたいことがあったんじゃないの!?」

凛 「優先順位にゃ」

穂乃果・凛 「「ってことでレッツゴー!!」」 ビューーー

にこ 「ちょ二人とも置いてかないでよ!?」

穂乃果 「ならついてきてにこちゃん!! 早く!!」

にこ 「え? ついてきてってどういう」

凛 「早く来るにゃ!!」

にこ 「???」

タタタタ

タタタタ

タタタタ

28: 2021/04/12(月) 22:44:44.66 ID:qG7G+cNo
穂乃果 「到着ぅぅ!!」

凛 「とりあえず凛は疲れたからにこちゃんが部室の扉を開けるにゃ~」

にこ 「私が扉を? さっきからイマイチ分かんないんだけど……」

穂乃果 「いいから~いいから~」

凛 「はりーあっぷ! りんがべー!!」

にこ 「わ、分かったわよ」

ガチャ

29: 2021/04/12(月) 22:50:08.56 ID:qG7G+cNo
パァァァァァン

ヒラヒラ

ヒラヒラ

にこ 「へ?」

μ's 「「にこちゃんいつもありがとうーーー!!」」 パチパチ

にこ 「……私誕生日だっけ?」 キョトン

絵里 「ふふ、違うわよ」

希 「特定のイベントってわけではないんよ」

にこ 「えっと、じゃあどうして?」

海未 「こうしてスクールアイドルとして活動できてるのは、やはりアイドル研究部部長のにこの努力が大きいと、みんな感謝しているんです」

穂乃果 「だから今日はμ'sの一員というよりは、アイドル研究部部長のにこちゃんに対して!」

ことり 「いつもありがとう会って名前でお祝いを企画してみたんだ♪」

30: 2021/04/12(月) 22:51:38.23 ID:qG7G+cNo
真姫 「凛と穂乃果にはにこちゃんの引き止め役を頼んでおいたのだけど、思ったより上手くいったわね」

凛 「思ったよりってどういうことにゃーーー!!」

にこ 「ってことはさっきのメールって言うのは……」

花陽 「凛ちゃんと穂乃果ちゃんへの指示メールみたいなもので……あ、ちなみにお米の商標取れたのは本当です」

にこ 「あ、本当なんだ」

穂乃果 「まあ無事にこちゃんにお祝いできてよかったよー」

凛 「凛も嬉しそうなにこちゃんが見れて一安心にゃ!」

にこ 「み、みんな……」 ポロポロ

絵里 「にこ、ハンカチ要るかしら?」

31: 2021/04/12(月) 22:52:42.18 ID:qG7G+cNo
にこ 「ありがとう絵里……そしてみんな!! なんか上手く言葉にできないけどすごく嬉しくて……」 グスッ

穂乃果 「だめだよにこちゃん! その涙はラブライブにとっておかないと」

凛 「そうにゃ、そうにゃ!」

にこ 「二人もありがとう。私が話に入ろうとしたのを嫌がったのはこのサプライズパーティーの話をしたかったからだったのね……」

穂乃果 「いや穂乃果たちが話したいのはこの話じゃないんだけどね」

にこ 「違うんかいっ!!!!」

おわり

32: 2021/04/12(月) 23:05:24.15 ID:qG7G+cNo
ありがとうございました。
この三人は元気いっぱいな魅力がありますよね。その元気さを表現するためにも文章力をもっと鍛えねばと反省。

前作
穂乃果 「髪型」

前々作
穂乃果 「海未ちゃんは嘘を言わない」

36: 2021/04/13(火) 00:56:37.24 ID:vEkVw/CY
例えばが下手な穂乃果好き

37: 2021/04/13(火) 03:11:05.55 ID:TqehwkuU
おつ
面白かった

34: 2021/04/12(月) 23:26:22.12 ID:pLYMIkg/
スマイル組最高でした

引用元: https://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1618227462/





おすすめ記事(外部)
ラブライブ! おすすめ記事(外部)    
タイトルとURLをコピーしました