【SS】かのん「ちぃシコ禁止令?」【ラブライブ!スーパースター!!】 | ラブライブ!まとめ ぷちそく!!

【SS】かのん「ちぃシコ禁止令?」【ラブライブ!スーパースター!!】





Liella!ーSS
2:(らっかせい) 2021/10/12(火) 19:26:02.98 ID:Kr2vUFVm
すみれ「ええ。最近インターネットで千砂都へのセクハラ発言が急増しているの」

千砂都「……」シュン

可可「千砂都は精神的苦痛を受けてマス! 断固取り締まるべきデス! 見てくだサイ!」

~~~
(もんじゃ) 2021/10/06(水) 20:57:27.52 ID:315hEarT
どういうブラしてるのかな~?

(フクロウ) 2021/10/06(水) 20:57:37.15 ID:Yak1Rin5
え ちぃちゃんだよね
ぶち したい

(トマト) 2021/10/06(水) 20:57:58.66 ID:m@k1CHan
ノーブラかしら?

(フクロウ) 2021/10/06(水) 20:58:28.63 ID:Yak1Rin5
え ちーちゃん
ブレイクダンスの時も腹チラチラ見せて誘ってくるし許せねえわ

(いちご) 2021/10/06(水) 21:10:46.97 ID:sHakK1ng
ケツの始まりの膨らみがほんの少しだけ見えてるのやばいですね
フェチの塊過ぎます

(フクロウ) 2021/10/06(水) 21:31:17.79 ID:Yak1Rin5
腋のところから手入れてお ぱい触りたい

(フクロウ) 2021/10/07(木) 07:24:12.64 ID:Yak1Rin5
え ちぃちゃんとえ ちぃしてぇ
~~~

かのん「……」

4:(らっかせい) 2021/10/12(火) 19:29:10.27 ID:Kr2vUFVm
恋「これはひどいですね…」

すみれ「千砂都のスランプは順位に直結するわ。ファンにちぃシコしないでってお願いするべきよ」

恋「下半身で生きてる方々が聞いてくださるでしょうか?」

すみれ「もちろん強制力は用意しているわ。可可!」

可可「ハイ! 大急ぎで作りマシタ! 『ちぃシコぶちころしマシーン』デス!!」

かのん「えっ!!?」

可可「これは3日以内にちぃシコした輩をセンサーで特定し、アゴに時速200kmのパンチを叩きこむ装置デス」

可可「ライブ会場の入口に置いておけば生きる値打ちの無い連中を一網打尽デスよ!」

千砂都「可可ちゃん…ごめんねありがとう!」ヒシッ

可可「水臭いデスよ。千砂都の敵は可可の敵デス」ナデナデ

可可「それでは早速電源をONにしまショウ」

かのん「ちょーー待った! ストーーーップ!!」

すみれ「はい?」

千砂都「かのんちゃん?」

10:(らっかせい) 2021/10/12(火) 19:32:35.46 ID:Kr2vUFVm
かのん「こ、こんなの当たったら無事じゃ済まないよね? さすがに可哀想じゃないかな?」

すみれ「全然」

可可「当たる瞬間に首をひねっていなせばノーダメですヨ。生き残る方法があるだけ有情デス」

かのん「できるわけないでしょ!!」

すみれ「別にあんたができなくたっていいじゃない」

かのん「い、いや…一般論としてね?」

可可「それでは電源を」

かのん「ストーーーップ! 戦争はんたーーーーーい!!」

すみれ「しつこいわね。千砂都がセクハラされてもいいの?」

千砂都「かのんちゃん…?」ウルウル

かのん「…だって間違ってるものは間違ってる」

かのん「私がどうこうじゃなくてさ、みんなが事実から目を背けて話してるのが気持ち悪いんだよね」

恋「?? すいません、お話がよく…」

かのん「ハァ~。あのさ。大前提をハッキリさせとこうよ」

かのん「ちぃちゃんってさ」

かのん「……エ チだよね?」

千砂都「……」

千砂都「え???///」

11:(らっかせい) 2021/10/12(火) 19:35:46.10 ID:Kr2vUFVm
かのん「ちぃちゃんはエ チなんだよ。それをさもエ チじゃないかのように議論してるのがわかんない」

千砂都「か、かのんちゃん?」

かのん「例えばさ、この前ちぃちゃんのアー写撮ったじゃん。タンクトップで。これどういうつもり?」

千砂都「え? ど、どういうつもりって…?」

かのん「とぼけないでよ! 見てこのツンと上を向いた二つの小さな丘を! 主張しすぎでしょ! クリクリしたいでしょ普通は!!」

かのん「おなかも腹筋の存在が伺える絶妙なラインで! 下はキュッとしまったお尻の膨らみが裾からハロー♪ペロペロペロペロ!! 美味しすぎりゅ!!!」

千砂都「……」

かのん「それだけじゃないよ。私怒ってる。なんで怒ってるかわかるよね?」

千砂都「ごめんね…これまでの人生で一番かのんちゃんがわからないって感じてる…」

かのん「ビオレだよ! ビオレコラボの話をしてるんだよ!! なんなのあの服は!!! どえ ちロンTじゃん!!!!」

かのん「なぜあれを不特定多数の目に晒すのかな!? どう考えてもエ チな目で見られたがってるよねぇ!!??」

千砂都「でもかのんちゃんもたまにロンT

かのん「言い訳無用! 顔も昔からロリついててキュートなのにさぁ! ノンフィクションであんなスケベな顔を全世界に晒しちゃってさぁ!! 抱かれたのか!! 私以外の女に!!!」

千砂都「抱かれた事ないよ!! 誰にも!!!///」

13:(らっかせい) 2021/10/12(火) 19:39:16.24 ID:Kr2vUFVm
かのん「頭のてっぺんから爪先までエ チじゃん!! 普通こんなにエ チに育ってごめんなさいでしょ!? 幼馴染の私にさぁ!! 謝って!! エ すぎてムカついてきたマジで!!!」

千砂都「ええええ!!??」

かのん「……」ハァハァ

かのん「トイレ行ってくる」バタン

チクレス「……」ポカーン

かのん「ただいま戻りました」ガチャ

千砂都「お、おかえり?」

かのん「はい。まとめるとですね。私が申し上げたい事は、空は青い、これは事実。ちぃちゃんはエ チ、これも事実」

かのん「空が青いと口にする事は罪なのか? そこを問いたかったわけです。みんなの意見を聞かせてほしいな♪」

すみれ「何こいつ。怖…」

16:(らっかせい) 2021/10/12(火) 19:42:22.36 ID:Kr2vUFVm
恋「わたくしもかのんさんと同意見です」

かのん「恋ちゃん!」

恋「というか一番そういう目で見られているのは、千砂都さんではなくすみれさんではないでしょうか?」

可可「ハ! いまセンよそんなマニアックな人」

かのん「きっといるよ! これ絶対すみシコぶちころしマシーンにした方がいいって!!」

恋「調べてみましょう」

~~~
(堕天使) 2021/09/26(日) 19:32:46.47 ID:y0H@ne4!
たまらないケツしてるわね

(パンダ) 2021/09/26(日) 19:33:47.39 ID:ShaNGha1
平安名すみれドカシコり気絶部作りませんカ?

(トキメキ) 2021/09/26(日) 19:36:59.52 ID:taKa5akI
最高のケツだね、すみれちゃん!
顔うずめたいよ

(パンダ) 2021/09/28(火) 10:04:58.28 ID:ShaNGha1
今日もすみれで抜きマス

(船) 2021/10/02(土) 13:39:58.95 ID:ZIm0a1!!
へあんなは尻触っても「ギャラッ!?」だけで許してくれそうそろ

(パンダ) 2021/10/03(日) 13:51:29.50 ID:ShaNGha1
すみれのお尻はみんなを笑顔にしてくれマスよ

(パンダ) 2021/10/03(日) 19:27:35.52 ID:ShaNGha1
こんなスケベな太ももの1年がいマスか!
~~~

すみれ「……」

20:(らっかせい) 2021/10/12(火) 19:45:26.58 ID:Kr2vUFVm
かのん「ほらね? だからまずはこっちの方から…」

すみれ「別にいいわよ」

かのん「え?」

すみれ「だから。私は別にすみシコされても構わないって言ってるんだけど」

可可「…ハ?」

すみれ「ショウビジネスで頂点を狙う以上、これくらいは想定内。まったく仕方の無いファン達ね」フフッ

千砂都「す、すみれちゃん?///」

恋「すみれさん、大人です…!///」

可可「なな何を言うデスか!? いくら猥褻物が服着て歩いてるようなすみれでも、そんな太っ腹な…!」

すみれ「逆ったら逆。スクールアイドルは恋愛禁止。みんな私みたいな子が彼女だったらなぁって思うからでしょ?」

すみれ「ならせめてギャラクシーな夢を見せてあげなくちゃ。そうね…」

すみれ「谷間くらいなら…サービスしてあげてもいいかしら♡」チラリ

可可「……」

可可「トイレ行ってきマス」バタン

すみれ「なんなのよさっきから」

26:(らっかせい) 2021/10/12(火) 19:48:33.56 ID:Kr2vUFVm
すみれ「ま、だから私はいいのよ。ただ…心に決めた人ができたら別だけど」

恋「心に決めた方?」

すみれ「そんな人がいたなら見られたくないでしょ。その人以外に、エ チな目で」

すみれ「…そういう事かなって思ってるんだけど」チラッ

千砂都「へっ? え、えっとぉ…///」モジモジ

かのん「……。えええ!? ち、ちぃちゃん好きな人がいるの!? わ、わ、私聞いてないよ!!??」

千砂都「えっ!? だ、だってそれは…か、かのんちゃんには秘密!///」

かのん「」ガーン

可可「マシーンの話は置いといてデスね。千砂都にはボディガードが必要だと思いマス」オテテフキフキ

恋「この書き込みだけでですか? 少し大袈裟ではありませんか?」

すみれ「でもないのよ。この特に気持ち悪いレスしてるフクロウって奴。こいつのアップしてた画像がね」

千砂都「と、盗撮とか…?」

すみれ「性的なわけじゃないの。ただ千砂都の音楽科時代の写真なのよね」

恋「はあ。確かにプライバシーの侵害ですね」

可可「そこじゃないデス。外部のファンなら転科後の千砂都しか知らないハズ。音楽科の写真なんて普通持ってないのデスよ」

恋「あ…!」

すみれ「そういうこと。この変態野郎は…私たちの身近な人物なのよ!」

29:(らっかせい) 2021/10/12(火) 19:51:50.03 ID:Kr2vUFVm
可可「今日中にぶちころしマシーンの存在を周知してちぃシコ禁止令を発布しマス。ただそうすると…」

恋「抑圧された変態野郎が妙な行動に出るかもしれない、という事ですね」

すみれ「特にこのフクロウって奴といちごって奴は妙にプライベートに詳しいしね。要注意よ」

恋「ストーカーかもしれないと。…ふむ。千砂都さん。次のライブまでわたくしの家にいらっしゃいますか?」

千砂都「え?」

恋「幸い部屋だけは余ってますので。チビがいれば不届き者も怖くありませんよ」

千砂都「う、うーん…なんかみんなに迷惑かけまくりだね。ごめんね…」

恋「迷惑などでは! わたくし自炊を始めたんです。氷のステーキに水道水のスープ。是非ごちそうさせてください」

かのん「待って。それうちの方がよくない?」

恋「は?」

かのん「恋ちゃんちって広すぎて逆にいくらでも忍びこめそうでしょ。セコムしてる?」

恋「…シールだけは玄関に貼っていますが」

かのん「うちは人目につく立地だし部屋も余ってないし。私の部屋で暮らす方が安心だと思うな」

恋「かのんさんはチビより弱いではありませんか」ムッ

かのん「うちにはお父さんとありあって肉壁がいるもん」ムッ

31:(らっかせい) 2021/10/12(火) 19:55:04.10 ID:Kr2vUFVm
千砂都「結局かのんちゃんちになったね」アハハ

かのん「30回連続でジャンケンに負ける恋ちゃんは見ものだったよ」フフフ

千砂都「…いつもごめんね、かのんちゃん」テクテク

かのん「全然! 何も心配要らないからね。ちぃちゃんのことは私が守るから!」

千砂都「……」

~~~
いじめっ子「この公園はちぃシコ好きの社交場なの! なんで知らないの?」

ロリちぃ「は、初めて来たから…」ヒックヒック

いじめっ子「ふーん。まあいいわ。罰としてこの髪飾りでちぃシコするから」

ロリちぃ「…? よくわかんないけどだめ! それはだめ!」

いじめっ子「あーっ泣いたぁ♡ ハァハァ…うっ///」シュッシュッ

ロリちぃ「泣いてないぃ!」グスッ

ロリかの「こらぁー!」ダダダダ

いじめっ子「!?」

ロリちぃ「かのんちゃん!」

ロリかの「ちぃちゃんでシコっちゃだめ!」

いじめっ子「何よあんた! まさかこの子の…ピ!?」

ロリかの「いいからちぃちゃんの大事なもの返しなさいよ!」(腹パン)

いじめっ子「ぐひっ!? あっ…ひゃわわぁ…♡///」ショワワワワ
~~~

千砂都「…ふふっ」ウデニダキツキッ

かのん「ん゛っ!? ち、ちぃちゃん?/// 急にどうしたのかな?///」

千砂都「ううん。よろしくね、かのんちゃん♡」

33:(らっかせい) 2021/10/12(火) 19:58:37.65 ID:Kr2vUFVm
恋「……」スマスマ

恋「ラ板…」

恋「うう…け、検索…!」

恋「……」

~~~
(レズ) 2021/10/06(水) 20:57:27.52 ID:k@Bed0nn
パンツもいちごパンツなのかしら♡

(鎌倉) 2021/10/10(日) 20:49:32.60 ID:03ak4zuQ
世間知らずそうでかわいいです💙

(鳥) 2021/10/12(火) 00:07:42.77 ID:chunchun
恋ちゃんが絶対に処女だとわかるのがいいちゅんね
お ぱいくそでかいのに周りとの交流を一切断絶してたうぶさに萌え 

(いちご) 2021/10/10(日) 21:30:38.91 ID:sHakK1ng
大きな甘いイチゴも酸味のある小さいイチゴもイチゴジャムも全部好きとか言ってるのホントかわいいですすき

(ロシア)2021/10/10(日) 21:33:46.36ID:kkERich1
1話の時点でいちごぱんつ履きながら怒ってたんだなと思うと可愛いチカ
~~~

恋「な…!///」カァッ

恋「いちごパンツなんて履いてません! 16歳ですよ!?///」プンプン

恋「わたくしのイメージを損なわないでくださいと言い返さなくては…!」スマスマ

恋「…え?」

恋「……これは…?」

36:(らっかせい) 2021/10/12(火) 20:02:13.12 ID:Kr2vUFVm
可可「誤認率20%以下、KO率100%。マシーンのテスト結果は上々デスね。本番までには更に精度をあげておきマス!」

すみれ「ごくろう」スマスマ

可可「ム、適当に返事しマシたね? スマホにかまけて友情をないがしろにするナド!」

すみれ「パトロールったらパトロール! ねえ。千砂都ってかのんを信じきってるわよね」

すみれ「あんな強さで愛情を捧げて怖くないのかしら…」

可可「ハイ?」

すみれ「優勝とか退学とか、賭けるものが大きすぎるでしょ。なんか…自分と比べて、凄いなって」

可可「すみれは実に卑小デスね。それが千砂都とすみれの明暗を分けてきたのではないデスか?」

すみれ「うるさいわね! わかってるわよ!」

可可「デスが!」

可可「…日本では暗ばかりだったかもしれマセンが。可可の生まれた国は人口なんと14億人デス」

可可「1人くらいは」

可可「すみれのことを好きになる変わり者も…いるかもしれマセン…」

可可「……」プイッ

すみれ「……」

40:(らっかせい) 2021/10/12(火) 20:05:26.18 ID:Kr2vUFVm
すみれ「耳真っ赤よ」

可可「エ!? ちち違いマス! これはすみれとは関係なく!」アセアセ

すみれ「うそ」

可可「…ハ?」

すみれ「あんたの髪型で私から耳が見えるわけないでしょ」クスクス

可可「な…ま、また嘘をつきマシタね! やっぱりあなたという人は!!」

すみれ「そうよ嘘つきよ私は。でも」

すみれ「あんたにはなるべく嘘つかないように…心がけるわ」

可可「……」

可可「勝手にしろデス…///」

すみれ「ふふ…」

すみれ「ん?」

可可「な、なんデスか?」ドキッ

すみれ「フクロウが最新画像だって言ってアップしてきたの。でもこれ…!」

可可「あ、ソッチ…えっと、千砂都の横顔デスね?」

すみれ「違うわよ! 後ろに見覚えない? これかのんとこの喫茶店よ!」

可可「エ!?」

すみれ「客として入ったのかも。こいつもう…かのんの家にいるわ!」

43:(らっかせい) 2021/10/12(火) 20:08:36.31 ID:Kr2vUFVm
かのん「大・好・き・さ・おっぱ~い♪ ありがとこめてパイタ~ッチ♪」

千砂都「弾き語りするかのんちゃんも素敵…」ウットリ

千砂都「写真撮ってもいい? 待ち受けにしたいから」

かのん「そういうのは恥ずかしいってば~///」

かのん「…私もちぃちゃん撮っていいならいいよ?」

千砂都「え?」

かのん「……///」モジモジ

千砂都「……///」モジモジ

かのママ「千砂都ちゃん、そろそろお風呂にどうぞ」ドアコンコン

千砂都「えっあっはい!/// あの…いつも一番風呂をいただいてすみません」

かのん「今更そういう遠慮は無しだよ。ちぃちゃんに入ってもらってうちのお風呂も喜んでるって!」

千砂都「それ変態っぽいよ~/// じゃあお先にね!」

かのん「うん!」

かのん「……」⏰チクタクチクタク

かのん「さてと」

かのん「そろそろかな…?」スクッ

45:(らっかせい) 2021/10/12(火) 20:12:36.22 ID:Kr2vUFVm
千砂都「~♪」シャワァァァ

(よしよし、ちぃちゃんは体を洗ってる最中だね)ニチャァ

(ドアの向こうには…一糸まとわぬちぃちゃんが///)ムラァ

(うぃっすうぃっすうぃっす~🖖ww あっ…そんなトコうぃっすしちゃやだぁ…///)

(そんな事言ってちぃちゃんの君空はとっくに常夏☆サンシャインだよ…w 熱くw深くw感じてフォーリンラーーーイwww)

(…つい妄想に浸ってしまった。下手こいて見つかったら一生口きいてもらえないよ。目的を果たさなきゃ)

(……)ガサゴソ

(あった! ちぃちゃんの…)

(おぱんちゅ!!!!!)👅レロォォォ

(あっぶな! 早く味わいたすぎて勝手にベロが出てきちゃった☆)テヘペロ

(ちぃちゃんのおぱんちゅはピンクかぁ…好きだもんねピンク♡ レース沢山でかわいい~♡)

(どれ…匂いは…)スンスン

(……)

(くっさ!!!)

(え? 嘘でしょ…? ちぃちゃんはおぱんちゅもミルキーな香りかと思ってた…)ズーン

(……)スンスン

(くっさ!!!!)

(……)スンスン

(くっさ~~~♡♡♡♡♡)

46:(らっかせい) 2021/10/12(火) 20:15:47.08 ID:Kr2vUFVm
(そしてこ…この染みは…まさか!///)ハァハァ

(あ、あせるな私…まずはリトマス試験紙を用意して…)

(……)

(赤色だぁ~~~い♡♡♡)🤟イェーイ🤟

(もうちぃちゃんったら尿酸値多すぎだよぉ♡♡♡ 食生活見直さなきゃ駄目なんだぞ♡♡♡)

(ここから予想されるお味は舌を刺す酸味、辛味、苦味、そして果てしない旨味…といった所か。もはや完全食…)

(よし! 心身の準備は整った)

(いただきまぁ~~~♡♡♡♡♡♡♡)

すみれ「そこまでよ!」バタン

(!!??)

可可「す、すみれ、待ってくだサ…エ!?」ハァハァ

可可「な、何デスか!? この頭にストッキングを被った変態は!!?」

すみれ「馬鹿! フクロウに決まってるでしょ! へばってないでとっとと挟み撃ちに

変態「あ!! あんな所にまるまるギャラクシーが!!!」

クゥすみ「え!??」ドコドコドコ!?

変態「しゃあ!!!」ダダダダダ

すみれ「! しまった!!」

47:(らっかせい) 2021/10/12(火) 20:18:55.88 ID:Kr2vUFVm
変態(ちょっとしくじったけど顔は見られてないしおぱんちゅも手に入れた)ハァハァ

変態(変装を解けば私の正体は誰にもわからない…)

変態「私の勝ちだよ!」ドアバタン

「そうかな?」

変態「え?」

「……」

変態「な…なんでここに…!」

「なんでって当たり前だよね」

かのん「自分の家なんだからさ」

変態「…!」

すみれ「逃がさないわよ変態野郎! 開けなさい!」ドンドンドン

かのん「すみれちゃん? ごめんね逃がしちゃった。変態は窓から脱走したよ」

すみれ「なんですって!? くっ…追うわよ可可!」

可可「うげ、あが…ま、待ってくだサ~イ!」ヒィヒィ

かのん「…人ばらい良し。まずはストッキング取って。笑っちゃって普通に話せない」

変態「……」ヌギヌギ

かのん「今すぐひっぱたきたいけど、言い訳あるなら聞くよ?」

かのん「…ありあ」

ありあ「……」ムスッ

53:(らっかせい) 2021/10/12(火) 20:22:02.38 ID:Kr2vUFVm
かのん「…じゃあ私から言おうか」

かのん「ありあが…『フクロウ』なんだよね?」

ありあ「…どうして気付いたの?」

かのん「確信は無かったよ。ただこの変態の回線うちと一緒だなって。それにちぃちゃんのプライベートにも詳しかった」

かのん「写真までアップしたのはやりすぎだったね。あれで私も真面目に考えてみることにしたんだ」

かのん「お母さんはノンケ」

かのん「お父さんはホモ」

かのん「もしフクロウがうちの人間なら犯人は」

かのん「…ありあしかいないよね」

ありあ「くっ…」

ありあ「そうだよ…」

ありあ「私が…フクロウだよ…!」グスッ

61:(らっかせい) 2021/10/12(火) 20:25:07.61 ID:Kr2vUFVm
かのん「ありあ…」

ありあ「近づかないで!」

かのん「!」

ありあ「それ以上近づいたらちぃちゃんのおぱんちゅをしゃぶり倒すよ!」

ありあ「知ってるんだから! お姉ちゃんもちぃちゃんのこと…」

ありあ「ちぃちゃんのおぱんちゅが目の前でしゃぶり倒される。耐えられないよねそんなの? わかったらどいて!!」

かのん「……」

かのん「しゃぶれば?」

ありあ「…え?」

かのん「好きにすればって言ってるの」

ありあ「なっ!? な、何を強がり言って…! しゃぶるよ? 本当にしゃぶっちゃうんだから!」

かのん「ありあ。これなーんだ?」ゴソッ

ありあ「…え?」

おぱんちゅ「……」ホカホカ

ありあ「…………え?」

63:(らっかせい) 2021/10/12(火) 20:28:18.86 ID:Kr2vUFVm
かのん「こっちが本物のちぃちゃんの脱ぎたておぱんちゅだよ」

かのん「知らなかったの? ちぃちゃんがうちに泊まりに来る時のおぱんちゅは…なぜか高確率で…」

かのん「純白」ドヤァ

ありあ「え…? 嘘…じゃあこれは…?」ブルブル

かのん「…お父さんはただのホモじゃない」

かのん「女装ホモなんだよ」

ありあ「あっ…はぁぁ…あああああああ……」ガクガク

かのん「その様子だと脳髄に達するまで香りを楽しんじゃったのかな?」

かのん「可哀想だけど同情はしない。そしてこれがトドメだよ」

ありあ「えっ? あっ…まさか! やめて!!」

かのん「……」オパンチュクルクル

かのん「全てを上書きする」

かのん「𝖕𝖚𝖙 𝖔𝖓!!!」ガッシィィィィィン

ありあ「ああああああああああああ!!!!!」

ありあ「ちぃちゃんの脱ぎたておぱんちゅを!!!! ぬくもりの香るおぱんちゅをおおおおおお!!!」

ありあ「頭に!! かぶったあああああああああああああ!!!!!!」ガハァッ

ありあ「……」

ありあ「」ガクッ

かのん「……」

かのん「さよなら…ありあ…」

66:(らっかせい) 2021/10/12(火) 20:32:11.35 ID:Kr2vUFVm
すみれ「もう! どこに行ったったら行ったの!? 見失ったじゃない!」

可可「可可もう…走れまセン…」ハァハァ

恋「心配いりませんよ」

すみれ「恋!? あんたも来てたの?」

恋「ええ。千砂都さんを苦しめていた下手人は捕まえました」

可可「エ? でもその人って…」ハァハァ

サヤ「……」シュン

すみれ「メイドさんよね…恋のおうちの」

恋「はい。サヤさんが『いちご』だったんです」

すみれ「いちご!? あのね恋、私たちはフクロウを追って」

恋「そちらはかのんさんが取り押さえたそうです。つまりもう何も心配いらないという事ですよ」

可可「そうなんデスか? よかっタ! もう走らなくていいんデスね!」ハァハァ

すみれ「そこ?」

恋「実はうちのインターネット回線がいちごでして。わたくしでないならサヤさんではないでしょうかと」

可可「すごいデス! ネット音痴のレンレンが大手柄デスよ!」

サヤ「まったくですお嬢様。5chの名前・メール欄に本名メルアドを書くのはおやめください。危うく卒倒致しますかと…」

恋「わ、わたくしの事はいいのです! 今の問題はサヤさんですよ!」

68:(らっかせい) 2021/10/12(火) 20:35:25.83 ID:Kr2vUFVm
すみれ「サヤさん。どうしてちぃシコスレに書き込んだりしたんですか?」

恋「そうです、聞かせてください。わたくしにも話してくれなくて…」

サヤ「…言えばお嬢様は私を嫌うでしょうから」

恋「そんなわけありません! サヤさんは私にとって家族のようなものです!」

恋「チビとサヤさん。わたくしに残された大事な家族」

恋「だからこそ…理由を知りたいのです」

サヤ「お嬢様…」

サヤ「わかりました、お話ししましょう」

サヤ「話せば長くなりますが、私は…」

サヤ「ロリコンなのです」

恋「……」

可可「……」

すみれ「……」

72:(らっかせい) 2021/10/12(火) 20:38:34.71 ID:Kr2vUFVm
サヤ「葉月家に勤め出した頃は毎日が天国でした。幼いお嬢様はそれはそれは愛らしくて…」

サヤ「私は持てる限りの能力をもってお嬢様を合法ロリに育てようと苦心したものです」フフッ

恋「……」

可可「ああ…だからレンレンってこんなに純真無垢なんデスね…」

すみれ「半分くらい成功しちゃってるじゃないの…」

サヤ「はい。性格は天使のままに育ってくださいました。ですが体の発育だけはどうにもなりませんでした」

サヤ「お嬢様の身長は160を超え、お乳ときたら乳牛そのもの。幾夜マクラを涙で濡らしたでしょう」

恋「大きなお世話です!!///」

サヤ「そんな折でした。お嬢様のご学友がいらしたのです。初めての事で私はとても嬉しくなりました」

サヤ「悲劇だったのはその中に私の胸をかき乱す方がいらっしゃった事です」

サヤ「お察しと思いますが…嵐様です」

サヤ「精神的にはむしろ大人びてらっしゃいました。ですが」

サヤ「お体が…あまりにもエ チ…!」ワナワナ

恋「……」

可可「……」

すみれ「……」

サヤ「今の仕事は朝夕は通学する女児を眺めることができ、おかあさんといっしょもリアタイできます。天職なのです」

サヤ「こんな私ではございますが…まだ葉月家に置いていただけますでしょうか?」

恋「クビ」

すみれ「ですよねー」

74:(らっかせい) 2021/10/12(火) 20:42:13.91 ID:Kr2vUFVm
かのママ「もう千砂都ちゃんったら本当にいい子なんだから。どう? いっそかのんのお嫁に来ない?」キャッキャッ

千砂都「えええ/// う、嬉しいですけど、かのんちゃん渋谷は苦手と言ってたので嵐かのんの方が…///」ゴニョゴニョ

かのん「……」コソコソ

かのん「大丈夫、なんかお母さんと盛り上がってるみたい。こっちの事は気付かれないと思うよ」

可可「それはよかたデス。知り合いがちぃシコ常習犯と知ったら流石に辛いデショウから…」

すみれ「私らでさえいたたまれないからね…」

ありサヤ「うぐぐ…」

恋「ですが困りました。量刑が決められません」

可可「赤の他人だったらマシーンで絶命させて終わりデスが、知り合いには使えマセンよね」

かのん「やめてってお願いしても再発するんだよねこういうのは」

すみれ「うーん…あれ? あいつ、まさか。ごめんみんな。私ちょっと」

可可「どしたのデスか? 誰か知り合いデモ?」キョロキョロ

すみれ「あーーー!! やっぱあんたか!!」

すみれ妹「げっ!? お姉ちゃん!」

かのん「え!? すみれちゃんの妹!?」

恋「そっくりです!!」

ありサヤ「!?」

76:(らっかせい) 2021/10/12(火) 20:45:19.44 ID:Kr2vUFVm
すみれ「何ほっつき歩いてんの! 何時だと思ってんのよ!!」

すみれ妹「お、お姉ちゃんだって出歩いてるじゃん!」

すみれ「私は高校生! あんたは小学生! 門限が同じと思うな!!」

すみれ妹「ぐしゅっ…」

恋「ま、まあまあすみれさん。それほど頭ごなしに叱らなくても…」

かのん「原宿に住んでると夜が気になっちゃうよね。はじめまして。私たちお姉さんの友達です」

すみれ妹「は、はじめまして。平安名ちびれです…」

すみれ「駄目よバシッと言わなくちゃ。ここの夜は怖いんだから! あんたひょっとしてデートじゃないでしょうねぇ!?」

ちびれ「!?」ビクッ

恋「まあ! そのお歳でお付き合いしている方が…!?///」

ちびれ「いいでしょなんでも! お姉ちゃんこそ何してたの!?」

すみれ「はあ? 何してたって見ての通り…いや。見てもわからないわねこれ…」

ちびれ「どうせ…お姉ちゃんだってその人に会いたくて出かけてたんでしょ! 知ってるんだから!」

クゥかのれん「え?」

すみれ「ちょっ!? こ、こら!!///」アセアセ

78:(らっかせい) 2021/10/12(火) 20:48:26.37 ID:Kr2vUFVm
かのれん「……」ニヤニヤ

かのん「それって私?w」

ちびれ「……」フルフル

恋「ではわたくしですか?w」

ちびれ「……」フルフル

すみれ「やめなさいあんた達! やめて!」

可可「えっ…では…?」

可可「え…え?///」

すみれ「違う! 思い出しなさいよ! 今夜のテーマは変態抹殺でしょ! ねえったらねえ!」

可可「ふ、ふーん/// まったくすみれは素直じゃないデスね。そんなに可可が好きデスか? 妹さんはこーんなに素直でかわいいデスけどね~」ナデナデ

ちびれ「……」ムッ

ちびれ「…お姉ちゃんほんとにこの人と付き合いたいの?」

すみれ「こら!/// だから違うって言って…」

ちびれ「私この人やだぁ~」

可可「」

すみれ「」

80:(らっかせい) 2021/10/12(火) 20:52:08.25 ID:Kr2vUFVm
恋「ええ…? これはどういう…?」ヒソヒソ

かのん「子ども扱いにムカついた&私のお姉ちゃんを取るな現象…かな?」ヒソヒソ

恋「千砂都さんは妹さんに好かれすぎていたようですが…」ヒソヒソ

かのん「こ、個人差だよ///」チィチャントハ マダ コイビトジャ ナイケドネッ///

ちびれ「てゆうかなんですかその髪の毛?」

ちびれ「その紫色の汚れみたいなの、はっきり言って…変ですよ」クスッ

可可「」

すみれ「」

可可「こ…こ…コソクムシぃ~!!! 黙って聞いてればいい気になっテ! 理由も無くパツキンな奴に言われたくないデスぅ~!!!」

ちびれ「ひっ! お、お姉ちゃん…!」ビクッ

すみれ「あ、えっと…ごめん許してやって? 子供ってこういうもんだから…」

可可「何ひとごとみたいなツラしてるデスか! 全てすみれのせいデスからね!? このドチャシコ女が!!!!!」

すみれ「ドチャシコ女!!?」

\ギャーギャー/

かのん「どうしよう、収集つかないよ…」

恋「ですね…」

ありサヤ「あ…あ…」プルプル

かのん「あ、忘れてた。えっと、何?」

ありサヤ「え…え…」

ありサヤ「…𝓐𝓷𝓰𝓮𝓵…♡♡♡」ポッ

かのん「…はい?」

83:(らっかせい) 2021/10/12(火) 20:56:14.84 ID:Kr2vUFVm
サヤ「信じられません! こんな金髪美幼女が原宿に住んでいたなんて…!」ハァハァ

ありあ「メスガキだけどちょっと威圧すればすぐおとなしくなる…!」ハァハァ

サヤ「この歳でデートも経験済みのロリビ チ…!」

ありあ「口は悪くても本当はお姉ちゃん大好きっ子…!」

ありサヤ「パーフェクト…!!///」ハァハァハァハァ

恋「……」

かのん「……」

恋「あの…ちぃシコの件なんですけど」

サヤ「えっあっハイ。大丈夫です。もう二度と致しませんと、神かけて誓います」キリッ

ありあ「右に同じ」キリリッ

かのん「…ねぇありあ。ありあがちぃちゃんを好きだった理由ってさ」

ありあ「え? 合ロリだからだけど?」

かのん「…そう…」

ちびれ「!!!!!!!」ギャーギャー

ありサヤ「♡♡♡♡♡♡♡♡」ハァハァ

恋「……」

かのん「……」

恋「ではちぃシコ問題はこれにて解決という事で」

かのん「異議なし」ウムッ

85:(らっかせい) 2021/10/12(火) 21:02:04.92 ID:Kr2vUFVm
~時は流れて~

千砂都「ついに来たね…ラブライブ本戦!」

恋「か、勝てるでしょうか…」ドキドキ

可可「勝てるかじゃありまセン! 勝つんデス!」

すみれ「私がいる限り負けは無いわ!」

かのん「song for me!」

チクレス「song for you!」

Liella!「song for all!!」

かのん「よし、行くよ! …あっ、そうだ」

かのん「…ちぃちゃん。私この大会が終わったらちぃちゃんに伝えたい事があるんだ」

千砂都「え?」

かのん「えっと…そ、それだけ!///」

千砂都「…うん。楽しみにしてる」

千砂都「ねぇかのんちゃん。嵐千砂都は信じてる。澁谷かのんは――銀河で誰にも負けないって!」

かのん「うん!!」

かのん「みんな、証明しに行くよ!! 私たちが夢見たステージへ!!」

Liella!「Liella! スーパースタート!!」🏃‍♀🏃‍♀🏃‍♀🏃‍♀🏃‍♀ダッ

ちぃシコぶちころしマシーン「……」ピピピピ

ちぃシコぶちころしマシーン「」🥊三シュッ

かのん「」💥ガコッ

かのん「……」

かのん「」ドサッ

6cŌᴗŌ∂/㍵ƺŌヮŌ)ƺ၄(cʸ„Ō ᴗ Ōリ၃⌠t(cイŌAŌY

 
END

77:(茸) 2021/10/12(火) 20:46:56.41 ID:BUdS3dba
ちwびwれw

125:(もんじゃ) 2021/10/13(水) 01:35:44.95 ID:YgTjQnJQ
クソワロタ
めっちゃ面白かったよ乙

135:(らっかせい) 2021/10/13(水) 17:32:21.58 ID:arO+jdhC
ちょっといいですか?
ちぃシコぶちころしマシーンが何故、舞台裏に置いてあるのでしょうか?
置くとしたら会場入口でなくてはならないような…

138:(馬刺し) 2021/10/13(水) 18:00:11.07 ID:E1NbBDic
ありあみたいに身内に潜んでいるかもしれんからな
まさかLiellaにはおらんだろうけどスタッフとかに

136:(光) 2021/10/13(水) 17:33:59.31 ID:PXZzDflJ
君のような勘のいいガキは嫌いだよ

126:(光) 2021/10/13(水) 01:36:04.60 ID:iqa4IPOg
巧みだし面白いしで素晴らしいSSだった
乙!!!!!

引用元: https://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1634034220/





おすすめ記事(外部)
ラブライブ! おすすめ記事(外部)
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました