【SS】鞠莉ママ「ハグゥ!!デスワ!!!あんたたちはまた鞠莉に…変な遊び吹き込みましたわね…!!💢💢」【ラブライブ!サンシャイン!!】

SS
1:(もなむす) 2020/06/02(火) 18:56:08.81ID:ddVIQUsv
~淡島ホテルスイートルームにて~

果南「あーうっざ…休みだからみんなで集まっただけじゃん。なんで説教されなきゃならないのさ…」

鞠莉ママ「シャラップ!!!」

鞠莉ママ「だいたいハグゥ!!あなた海外でダイビングの資格取るって言いながら一週間で帰ってきましたね!!小原家が費用出したというのに!!どのフェイス下げてリターンしたんですか?!」
 

 

2:(もなむす) 2020/06/02(火) 18:57:13.23ID:ddVIQUsv
果南「いやライセンスすぐ取れたもん。言葉わかんないし内浦のほうが海キレイだししょうがないじゃん」

鞠莉ママ「それで?結局大瀬崎でダイビングスクールですか?噂ではgirls専用のスクールらしいですね…何考えてるんですか!?」

果南「女の子しか客こないんだよ…しょうがないじゃん…」
 

 

3:(もなむす) 2020/06/02(火) 18:57:54.79ID:ddVIQUsv
鞠莉「ママ!!言いがかりはやめて!これでも果南はしっかりやってるのよ!」

鞠莉ママ「ふん!」

鞠莉ママ「まぁいいですわ…But...デスワ!!あなたはどういうことですか?!」

ダイヤ「」ビクッ

ダイヤ「は、はぁ…?」

ダイヤ「わたくしは、東京でしっかりと大学生やっていますが…?」

鞠莉ママ「嘘。聞くところによると函館のデカメロンと同棲しているらしいじゃないデスカ。」
 

 

5:(もなむす) 2020/06/02(火) 18:58:38.05ID:ddVIQUsv
鞠莉「嘘…」

果南「そーなの?!知らなかったんだけど?!」

ダイヤ「いえ、ただ一緒に住めば家賃等も節約できると思いまして…言ってなかったのは悪かったかですけど…いずれ言おうと思っていたら忘れてしまって…些細なことですわ。」

鞠莉ママ「些細なこと…?」

鞠莉ママ「毎晩毎晩卑猥な声が隣の部屋や上下の部屋に響き渡る乱れた生活しているのに些細なことデスカ?!」

ダイヤ「?!!?!?!?!?!?!?!?!//////」

鞠莉「は?」

果南「あ?」
 

 

6:(もなむす) 2020/06/02(火) 18:59:10.69ID:ddVIQUsv
鞠莉ママ「聞けば喘ぎ超えがうるさいって隣人トラブルになったそうですね。警察も来たそうな…どういうことですか?」

ダイヤ「?!!?!?!?!?!?!?!?!//////」

鞠莉「嘘…」

果南「…ちょっと後で詳しく聞くわ。聖良も呼びなよ。」

鞠莉ママ「呆れますね…あなた達が鞠莉の将来を奪うなというから縁談も破棄し、好きにやらせようと決めたのに…」
 

 

8:(もなむす) 2020/06/02(火) 18:59:54.35ID:ddVIQUsv
鞠莉ママ「ハグゥもデスワも全くお手本とならない…こんな最悪の手本でどうやって鞠莉の将来を作れるのですか?!」

果南「いや別に私は問題ないでしょ」


鞠莉ママ「そうですか?私はてっきり海外でグローバルなダイビングスクールを始めると思ってたのですが…期待はずれでしたね。所詮あなたはチキン(^8^)…」

果南「ムッカ~!!誰がチキンだって?!」
 

 

10:(もなむす) 2020/06/02(火) 19:00:52.77ID:ddVIQUsv
鞠莉ママ「そしてデスワ…あなたには失望しました。東京の大学でしっかり学び成長すると思っていたのですが…まさか性徴するとは…どの口が破廉恥などとほざくのですか?!」

ダイヤ「…」

鞠莉ママ「こんな破廉恥な友人持たせるくらいなら縁談の通り鞠莉を嫁がせるべきでしたね…」


果南「だから!!」

鞠莉「嫌よ!!顔も知らない相手なんて!!絶対に嫌!!」
 

 

11:(もなむす) 2020/06/02(火) 19:01:40.17ID:ddVIQUsv
鞠莉ママ「顔も知らない…?何を言ってるんデスカ?鞠莉、あなたは一度会ってるはずですよ?イタリアで…」

鞠莉「え…?」

果南「イタリアで…?」

鞠莉「まさか…」

鞠莉ママ「そうです。ムーンのことデース!!」

鞠莉「」

果南「」

ダイヤ「」
 

 

12:(もなむす) 2020/06/02(火) 19:02:01.44ID:ddVIQUsv
ラブライブ!サンシャイン!!
 

 

13:(もなむす) 2020/06/02(火) 19:04:18.90ID:ddVIQUsv
鞠莉「嘘…」

果南「鞠莉の婚約者が...曜の…いとこ…⁉ (*> ᴗ •*)ゞ 」

ダイヤ「なんということなの…なんということなの…」


鞠莉ママ「ハイスペックでかなりできた娘…そんな素晴らしい縁談だったのにあなた達は台無しにした…それどころか自分たちは乱れた生活をenjoy…」

鞠莉ママ「きっちり落とし前はつけてもらいますよ。」
 

 

15:(もなむす) 2020/06/02(火) 19:05:18.65ID:ddVIQUsv
果南「...」

果南「いや、それは悪かったよ…てっきり鞠莉は禿げてて太ったちかおじみたいなのと結婚させられるかと思ってさぁ」

ダイヤ「…」

果南「今からでも間に合うんじゃない?(適当)てかもういいでしょ?早く泳ぎたいんだけど?」
 

 

16:(もなむす) 2020/06/02(火) 19:05:52.32ID:ddVIQUsv
鞠莉ママ「もう遅いんです。だからワタシの気が済むまで説教させないと腹の虫が収まりません」

果南「うわダル!!」

ダイヤ「…」

果南「っていうか鞠莉は向こうでどんな生活してんのさ?恋人できた?結婚するの?」

鞠莉「ちょ!何聞くのよ!デリカシーなさすぎ!!」

ダイヤ「そうですわ!!人様の恋路に詮索は失礼ですわ!!」

果南 鞠莉「ダイヤは黙って」

ダイヤ「」
 

 

17:(もなむす) 2020/06/02(火) 19:06:56.80ID:ddVIQUsv
果南「で、どうなの?」

鞠莉「いないわよ!!私は果南とダイヤがいいの!!ダイヤには呆れたけど…」

鞠莉「知ってるでしょ!!私が人見知りだってこと!!」

果南「鞠莉…」

ダイヤ「鞠莉さん...」
 

 

18:(もなむす) 2020/06/02(火) 19:07:29.99ID:ddVIQUsv
鞠莉ママ「…」

果南「ま、そういうことだからさ、今までどおりでいいでしょ?おばさん?」

鞠莉ママ「あぁ?もう一回言いなさい?!誰がおばさんですって?!お姉さんでしょう?!」

果南「いや…無理あるでしょ…」

ギャーギャーギャー

鞠莉「ふふっ…なんだかんだママも果南も仲良しじゃない…w」
 

 

19:(もなむす) 2020/06/02(火) 19:08:05.70ID:ddVIQUsv
ダイヤ「しっかし鞠莉さんのお母様はずいぶん高そうなバックをお持ちですわね…」

ダイヤ「一体何が入っているんでしょうか…」ゴソゴソ

っコンドーム「やぁ!」

ダイヤ「んま!!」

ピギャアアアアアアア!!!

鞠莉ママ「デスワ!!うるさいですよ…ってそれ!!!ノーーー!!!!!(混乱)」
 

 

21:(もなむす) 2020/06/02(火) 19:08:39.52ID:ddVIQUsv
果南「どうしたの?!」


ダイヤ「鞠莉さんのお母様のカバンからこんなものが出てきましたの…」

っコンドーム(ショートサイズ イボイボ付き)

鞠莉「」

鞠莉ママ「…」プルプル←(顔真っ赤)
 

 

22:(もなむす) 2020/06/02(火) 19:09:13.21ID:ddVIQUsv
鞠莉ママ「…」プルプル←(顔真っ赤)

果南「へぇ…w」ニヤニヤ

果南「なんでそんなもの入ってんの~?」ニヤニヤ

果南「久しぶりに旦那に抱いて貰いたかったんだ~w」ニヤニヤ

ダイヤ「全く…散々人を破廉恥だの言っておいて…だめな人ですわね…(言葉攻め)」

鞠莉「」
 

 

23:(もなむす) 2020/06/02(火) 19:10:03.43ID:ddVIQUsv
鞠莉「」

鞠莉ママ「もうやめてください…いいじゃないですか…あの人にずっと会えなくて...やっと今日会えるから…たまには甘えたいのデース」ポロポロ

鞠莉「」

果南「へぇ…w」ニヤニヤ

ダイヤ「鞠莉さん。お姉さんになっちゃいますわねw」ニヤニヤ

鞠莉「」

鞠莉ママ「」
 

 

24:(もなむす) 2020/06/02(火) 19:10:31.38ID:ddVIQUsv
果南「じゃ、あとは親子水入らずの時間を楽しんで!!」ヒューン

ダイヤ「すたこらさっさーですわ!!」ヒューン

ガチャ

鞠莉「…」

鞠莉ママ「...」


くさそう



おしまい
メノノリメノノリ
 

 

引用元: https://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1591091768/





おすすめ記事(外部)
ラブライブ! おすすめ記事(外部)    
タイトルとURLをコピーしました