【SS】かのん「答えは君の心の中にあったんだ」【ラブライブ!スーパースター!!】

SS
1:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 19:49:49.12ID:oT+NtLQz
かのくぅ(クーカー)
 
2:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 19:50:53.32ID:oT+NtLQz
可可「かのん、かのん!聞いてください、このたび可可はとても凄いものを手に入れマシタ!」

かのん「なになに、サニパの限定グッズとか?」

可可「ジャーン!好感度測定器デス!相手の自分に対する好感度を数値化できるという、素晴らしい装置なのデス!」

かのん「待って、可可ちゃん、一旦落ち着こう」

可可「えっ?」
 
3:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 19:51:59.59ID:oT+NtLQz
かのん「いいから落ち着こう。落ち着いて、なにも触らず、然るべきところに対応してもらおう」

可可「ふぇ?シカルベキ?」

かのん「その機械は人の心を歪ませる危険なものなんだ。取り扱いに特別収容プロトコルが必要なやつだから」

可可「さっきから何を言っているか、可可わからないデス」
 
4:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 19:52:58.82ID:oT+NtLQz
かのん「わからなくて良いから、とにかくそれ、絶対に触っちゃだめだからね」

可可「絶対、ですか?」

かのん「絶対に絶対です」

可可「わかりました」
 
5:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 19:54:16.46ID:oT+NtLQz
かのん「ふぅ、危ないところだった。あとはこれを何処か安全なところに運んで…」

可可「とうっ!」ポチー

かのん「あーっ!?!?!?」

可可「絶対にダメと言われたら、絶対にやれということですよね。可可、バラエティの基本は知ってマス!」
 
6:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 19:57:10.09ID:oT+NtLQz
かのん「あ、ああっ…」

かのん(しまった、食い止められなかった…!)

可可「さてさて、かのんの好感度は…おおっ!」

かのん(好感度測定器…それは安価に応じて好感度を上書きする装置…好感度が高くても低くても、人間関係に破滅的な結末をもたらしかねない危険なオブジェクト…!)
…!)
 
7:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 19:59:24.25ID:oT+NtLQz
可可「かのん!見てください、かのんの可可に対する好感度は――」

かのん(変えられちゃう…私の可可ちゃんへの気持ちが…嫌だよ、もし低い数値が出ちゃったら、もう二度と可可ちゃんとは仲良しではいられなくなって…)

可可「100デス!」

かのん「…えっ」
 
8:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 20:00:29.91ID:oT+NtLQz
可可「ほら、好感度は100デス!かのんはこんなにも、可可のことを好きでいてくれたのデスね!」

かのん「ひゃ、100…」

かのん(100…それは好感度の最大値…可可ちゃんを想う気持ちの大きさ…)

可可「すごく嬉しい!可可もかのんのこと、大好きデス!」
 
9:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 20:01:36.16ID:oT+NtLQz
かのん(だ、大好き!?可可ちゃんも私のことを…!?)

可可「あれあれ、どうしたのですか?かのん、ほっぺたが真っ赤になってマスよ~?」

かのん(ああ、可可ちゃんが私に微笑んでる。天使みたいに可愛い。抱きしめたい)

可可「可可、かのんのその顔が見たかったのデス!」

かのん(今すぐこの気持ちを、伝えたい)
 
10:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 20:04:48.87ID:oT+NtLQz
可可「なーんて、驚きました?実はこれ、可可が作ったなんちゃってデバイスだったのデス!かのんのリアクションが見たくて、必ず100が出るようにセットしてきマシタ!」

かのん(想いが込み上げてきて止まらない。そっか、そうだったんだ)

可可「かのんをびっくりさせるための、ちょっとしたサプライズ!作戦は大成功デス!」

かのん(私は、ずっとずっと可可ちゃんのことが)

可可「あ、でもでも、可可がさっき言った気持ちは本当で――」
 
11:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 20:05:39.26ID:oT+NtLQz
グイッ

可可「えっ?」

ドサッ

可可「わわっ」
 
12:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 20:06:26.20ID:oT+NtLQz
かのん「可可ちゃん…」

可可「あ、あぇ?」

かのん「…」

可可「か、かのん。どうして可可を押し倒すのですか?ふざけたから怒ったのですか?」
 
13:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 20:07:40.11ID:oT+NtLQz
かのん「怒る…?ふふ、どうしてそう思うの?」

可可「目が、目が怖いデス」

かのん「怒るわけないじゃん。大好き。大好きだよ可可ちゃん」

可可「ふぇっ…!?」
 
14:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 20:08:49.38ID:oT+NtLQz
かのん「可可ちゃんが愛おしくてたまらない。もう我慢なんてできない」

可可「か、かのん、待って待って!」

かのん「待てない。数字で出ちゃったからには、もうこの気持ちは隠せない」

可可「かのん、聞いて、謝るから、この機械は可可の冗談で、ひゃぁっ!?」
 
15:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 20:13:24.69ID:oT+NtLQz
かのん「可可ちゃん、可可ちゃん…」

可可「ああっ、ダメ、かの、んっ、んんーっ…」

その後、なんやかんやあって二人はお付き合いに至った。

このとき用いられた好感度測定器は、恋愛成就に纏わる校内都市伝説のルーツとして受け継がれ、数多くの恋物語に関わりながら、現在も結ヶ丘スクールアイドル部の部室内に保管されている。



終わり
 
16:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 20:14:29.07ID:oT+NtLQz
……………………………………

おまけ

千砂都「なんだか最近、スクールアイドル部を見学したいって人が急に増えたね」

すみれ「正しくは、この眉唾物の好感度測定器とやらが目当てよ」

恋「そのようですね。縁結びのご利益があると、生徒たちの間でちょっとした噂なのだとか」
 
17:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 20:15:42.28ID:oT+NtLQz
千砂都「なるほどねぇ。部室の前に賽銭箱でも置いて、ついでにお守りとか売っちゃおうか」

すみれ「やめなさいよ、うちの神社の商売敵みたいな真似するのは」

千砂都「おお、本職の人だ」

すみれ「本職言うな」
 
18:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 20:18:58.92ID:oT+NtLQz
恋「多くの人が感心を寄せてくれるのは嬉しいですが、目的が別のところにあるとなると、対応が難しいですね。見学希望である以上、無碍に断るわけにもいきませんし」

千砂都「かといって、あまりに見に来る人が多いと、活動に影響が出ちゃうかもだし。うーん」

すみれ「野次馬が多くて困るというのなら、お披露目するタイミングを限定するのはどうかしら。一般公開日みたいな感じで」

恋「ああ。確かに、神社やお寺、教会などでも、そういうものを設けているところがありますものね」
 
19:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 20:20:46.44ID:oT+NtLQz
千砂都「いいアイデアだね、さすが本職」

すみれ「本職言うなっ」

千砂都「あ、そうだ。せっかくならフォトスポットにしちゃうってのはどうかな。ネットで話題になれば、結ヶ丘の知名度も上がって、入学希望者が増えるかも」

すみれ「それもそれで現金な感じよねぇ」
 
20:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 20:21:43.55ID:oT+NtLQz
恋「まあ、いずれにしても方針はおいおい考えましょう。経緯はどうあれ、かのんさんと可可さんにとって大切なものなのですから」

すみれ「ん、そうね」

千砂都「賛成!ところで、二人はこれ使ったことある?」

恋「いえ、ありません」
 
21:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 20:22:49.48ID:oT+NtLQz
すみれ「私も無いわ。千砂都は?」

千砂都「私も無いんだ。せっかくだからさ、やってみない?」

恋「…!」

すみれ「まさか縁結びって話、本気にしてるんじゃ無いでしょうね」
 
22:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 20:24:18.44ID:oT+NtLQz
千砂都「そうじゃないけど、噂を聞いたら試してみたくなるのが人のサガってね」

すみれ「それじゃあ興味本位の野次馬と変わらないじゃない。試したところで、結果は100しか出ないんでしょ。やる意味なんてないわよ」

恋「…そうでしょうか」

千砂都「恋ちゃん?」
 
23:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 20:25:13.24ID:oT+NtLQz
恋「この装置は、素直になれない私の救世主なのかもしれません」

すみれ「どういうこと?」

恋「こういうことです」ポチ

千砂都(恋ちゃん、自分の方に装置を向けてボタンを押した…?)
 
24:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 20:27:28.07ID:oT+NtLQz
恋「…出ました。このとおり、私のお二方に対する好感度は100です」

すみれ「…つまり、どういうことが言いたいの?」

恋「これまでは勇気が無くて口に出せませんでしたが…装置の力を借りた今なら言えます。私は、すみれさんと千砂都さんが大好きです」

すみれ「!」

千砂都「!」
 
25:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 20:29:58.89ID:oT+NtLQz
恋「もちろん、かのんさんと可可さんのこともです。私と仲良くしてくださって、本当にありがとうございます。皆さんと一緒にスクールアイドルができて、本当に、本当に嬉しいです」

すみれ「恋…」

千砂都「恋ちゃん…」

恋「ああ、ずっと胸の奥にあった気持ちが、今やっと言えたような気がします。すみません、突然変なことを言ってしまって」
 
26:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 20:31:02.64ID:oT+NtLQz
千砂都「…すみれちゃん」

すみれ「ええ、全く困ったものだわ」

恋「えっ」

ギュ
 
27:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 20:31:50.93ID:oT+NtLQz
恋「きゃっ。ち、千砂都さん、すみれさん?」

すみれ「なーに今更なこと言ってるのよ」

恋「え…?」

千砂都「私たちもね、恋ちゃんのことが大好きだよ!」



おまけ終わり
 
29:◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/03/23(水) 20:32:23.54ID:oT+NtLQz
必要なのは背中を押してくれる小さなきっかけ。そんなかのくぅと恋ちゃんでした。

宣伝となり恐縮ですが、下記はかのくぅの過去作です。よろしければ併せてお願いします。

かのん「口溶けを重ねて」
【SS】かのん「口溶けを重ねて」【ラブライブ!スーパースター!!】
ありあ「ふぅ、ご馳走様」 かのん「ど、どうだった?」 ありあ「うーん、ひと言で言い表すのなら…」 かのん「…っ」 ありあ「すごく美味しかったよ」


ありがとうございました。
 

引用元: https://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1648032589/





おすすめ記事(外部)
ラブライブ! おすすめ記事(外部)    
タイトルとURLをコピーしました